放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 川なのに干潟ですか!(小松川自然地・東京都江戸川区)

<<   作成日時 : 2013/08/06 07:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

東京湾に注ぐ荒川は、それなりに大河ですから、、、、、
そりゃ砂も大量に流れてきましょう。河口に干潟も出来ましょう。
でも、、、↓の写真は、都営新宿線の荒川中川橋梁の下。
河口から5キロもあるんですよ! 東大島付近なんですよ!
こんな場所に、こんなリッパな干潟があってイイんでしょうか!
画像

ココは、小松川自然地と呼ばれ、イチオウは荒川河口干潟に含まれるのだそうです。
幅が100メートル以上は無いと干潟と呼ばないそうですが、、ココも、それ位はありそうです。
ならばボルトが走ったって、10秒位はかかっちゃうのでしょうね。
もっとも、このようなドロドロヌプヌプな場所ですから走れそうもありません。
走るどころか、埋まっちゃってタイヘンな事になりましょう。

干潟と言うからには、満潮時には水没するのが必至。
↓が、その時の写真です。
もはやボルトでは話にならず、ベルナールやサリバンなどなど、競泳陣の出番でしょう。
画像

↓は、同じ場所から船堀橋方向を望んだところです。
やはり干潟が続いていまして、、、、、、
この時期ですから、キッチリと草などがウジャウジャと生えてきていますが・・・・
画像

満潮時には、ソレごと水没してしまいます。
何気に、哀れなものです。。。
画像

この付近に、干潮時に現れる砂地がある事は、けっこう前から気がついていました。
しかし、ソレが年々デカくなってきたかと思ったら、、、、、
どうやら、自然を再生するプロジェクトで、コンクリの護岸を取っ払った為らしいです。
干潟は水の浄化作用があるそうで、それもイイ事ぢゃないですか。
何気に、見ていても楽しいですし。

しかし、、、、、
クドいですけれど、ココは河口から5キロもある地点です。
こんな上流に干潟が出来るのは、この辺の地盤が低い事の証明にもなりましょう。
まさにゼロメートル地帯ですもの。
江戸川区役所には荒川の水位を電光表示するモニュメントがありまして、、、、
それを見ると、区役所は常に水面下。。。。。。
いざとなったらオソロシいですね。。

このすぐ近くには、ヨーロッパの古城風な、旧・小松川閘門などといった廃墟系スポットもありまして、、、、、
プチ散歩として訪れてみるのも如何でしょうか。
その際は、東京湾の潮位の確認もお忘れなく。

参考:気象庁 潮位表(東京)
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=TK

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
荒川のシジミ艦隊(江戸川区・船堀橋付近)
このところ、荒川の船堀橋付近で目にするシュールな光景、、、、 おびただしい数の漁船風の船が集結し、所狭しとローリングをきってるんですよ! 最初は、何かの事件の捜索かと思ったら、毎日のようにグリグリ状態。。。 これを見かけるのは朝だけなんです。 このフシギな船団、、、その正体は、、、、、 ...続きを見る
放浪者の平日
2013/12/06 05:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
都営新宿線の高架下ですね、コレ。
おいらが通ると、概ね水没してるんですよね〜。

ちなみに荒川水位計は、亀戸の駅前にもあるんですぜ。
例の、3階建て羽根亀噴水(※水不足のため停止中)のある駅前公園にあります。
↓どなたかのBlogで写真見つけましたw
http://ameblo.jp/koretama/entry-10895123743.html
carp1976xp
2013/08/10 11:09
KOTOさん、コメントありがとうございます。

潮位表をチェックし、ぜひぜひ干上がったところも見てやってくださいな!
しかし、、、
亀戸にもアレがあったとはオドロきました。
あのあたりが、そこまで地盤が低いとは。。。。
おぎひま
2013/08/11 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
川なのに干潟ですか!(小松川自然地・東京都江戸川区) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる