放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS プチ船旅・伊勢湾フェリー(伊良湖〜鳥羽)

<<   作成日時 : 2013/11/05 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

渥美半島の突端・伊良湖から、三重県の鳥羽へ。
その名の通り、伊勢湾を横断する船旅です。
渋滞さえなければ高速道路を激走したほうが早いのですが、、、、
旅には、シュチュエーションというのも大事です。
波に揺られて、ノンビリと楽しもうぢゃないですか。
画像

フェリーは、おおよそ1時間置きに運行されています。
アレコレを書かされるメンドクサイ手続きは無く、車検証をチラ見されてキップを買うだけ。
このあたりのスピーディーさは、ライバルの高速道路を意識しての事でしょうか。
3連休の初日でしたから混雑を心配したのですが、、、、、
それもありませんでした。車両甲板はガラガラです。
要は、パパっと行けばススっと乗れる感覚です。
あくまでも、この便はたまたま空いていただけかもしれません。
画像

一般の客席は1フロア。特等席は、一つ上の階です。
↓の写真のようなファミレス風のボックス席、カーペット敷きの座敷、新幹線のようなイス席、、、
どれもこれも「勝手にどうぞ」の自由席です。
この日は、若いオネェサンの団体がウジャウジャいまして、、、、、
どうやら、お伊勢めぐりのツアーみたいですね。
今年は、伊勢神宮が大人気だそうですから。
カノジョ探しには最適なシュチュエーション、、、、これはカミサンの見解です。。。
画像

出航後、すぐに迫ってきた島は神島です。
リッパな火山島のようなオモモチながら、、、小さな島ですよ。。
何度も映画化された三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった島でもありまして、、、
我が家は、6年前に上陸を果たしています。
位置的には伊良湖にメチャクチャ近いのですが、所属は三重県の鳥羽市。
どちらからも船便があるものの、、、
伊良湖からの船は、漁船のオヤダマみたいなチンチクリンなヤツでした。
画像

次に視界に迫ってきたのは、答志島
これまた、我が家は6年前に訪問しています。
志摩諸島では一番大きな島ですから、なかなか見応えがありますよ。
島の集落は完全に東西に分断された感じで、鳥羽からそれぞれに航路があるものの、、、
両者を結ぶ交通機関はありません。行き来するには6キロほどの山道を延々と歩く事になります。
感覚的には、キッチリと陸続きながらも別の島、、そんなところでしょうか。
我が家が訪問したのは東側の和具・答志地区。
そのあたりの詳細は、メインサイトをご覧くださいな。
「プチ離島の昼と夜」
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ogihima/menu/menu5/baka/sima/sima.htm
画像

答志島に気を取られていると、、、、、
ふと振り返れば、反対側に菅島が迫っていました。
すれ違いのフェリーのバックがソレですね。
志摩諸島では答志島に次ぐ面積の島でして、、、
島の中央に鎮座する大山は、標高236m。それでも志摩諸島の最高峰です。
今回の旅で我が家が目指しているのが、この菅島なんです。
もちろん大山も登りますよ!!
画像

そして、次は坂手島。
鳥羽からは目と鼻の先で、本土とは600メートルしか離れていません。
チンチクリンな島ながら、ゴリッパなリゾートホテルを抱えている島です。
このホテルに関しては、ドエラいモノを目撃してしまいました。。
そのあたりは、、、、後述いたしますです。。
画像

55分の船旅を終えて鳥羽港に到着すれば、、、、
高速船に乗り換えて、いざ菅島へ!!
10分ちょっとの、もっとプチな船旅になります。

伊良湖からのフェリー、各島に向かう市営の連絡船、これらは同じ鳥羽港でも場所が違います。
フェリーが着くのは「中之郷」、市営の連絡船は「佐田浜」と「中之郷」に分散し、メインは佐田浜です。
両者の間には1キロ以上の距離がありますので、乗換の際にはご注意を!
画像

菅島・くいだおれ編に続く】


伊勢湾フェリー 公式サイト:
http://www.isewanferry.co.jp/index.php
鳥羽市営定期船 公式サイト:
http://www.city.toba.mie.jp/teikisen-kanri/unkou.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅島灯台と沖ノ島(菅島・三重県鳥羽市)
島の最高峰である大山登山の後、、、、 その足で、菅島灯台を目指してみました。 現存するレンガ作りの灯台の中では、最古のモノなのだそうです。 島の西端にあり、伊勢湾を出入りする船にニラミをきかす重要な位置関係なのですね。 ...続きを見る
放浪者の平日
2013/11/10 07:44
離島のゴーストホテル・ニュー美しま(坂手島・三重県鳥羽市)
鳥羽側から坂手島を眺めると、、、、、 まるで島を支配するがごとく、デーンと構えたリゾートホテルの姿が目に付きます。 自前の桟橋を持ち、専用の船で客を運ぶゴージャスさ・・・・ ああ、そういう所にも泊まってみたい。。。 イチオウ、公式サイトで空室情報も見たんですよ。 幸か不幸か、該当する日は空きが無いとの事でしたけれど。。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2013/11/14 06:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プチ船旅・伊勢湾フェリー(伊良湖〜鳥羽) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる