放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 島巡り IN 琵琶湖【6】沖島その1・上陸編

<<   作成日時 : 2014/05/17 04:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

竹生島、多景島に続き、、、琵琶湖に浮かぶ3つ目の島を目指す我が家。
いよいよ、今回の島巡りのメイン、沖島に向かいます。
沖島は400人近くが住む有人島で、これまでの2島とはスケールが違います。
淡水に浮かぶ有人島は日本ではココだけなのだそうでして、、、
ある意味、とっても貴重な存在の島だと言えましょう。
でも「世界的にもソレは珍しい」とのアピールは、少々マユツバっぽくないですか?
と、とにかく上陸あるのみです。
画像

沖島に渡るには、近江八幡の堀切港から定期船に乗らねばなりません。
船は1日11往復(日祝は9往復)。まずまずの本数ですね。
島民は、自前の船で自由に行き来しているとの事で、、、
定期船を待っている間にも、実際にそのような船を見かけました。
↓の写真が堀切港の乗船ターミナル、、、と言うよりは待合室。
係員の姿は見えず、乗船券は船の中で購入する事になります。
なお、堀切港よりも西よりの長命寺港からも沖島行きの船が出ている模様ながら、、
1日1便の不定期航路で、使い勝手は悪そうです。
画像

沖島にはクルマごと上陸する事は出来ず、ソレは本土に置いていく事になります。
しかし、堀切港には一般向けの駐車場は無く、市の観光協会のサイトによりますと
「港から1kmほど離れた、休暇村園地駐車場を利用せよ」
とあります。ちょっと遠いですね。
でもダイジョーブ!
港から200mほど北東方向に坂を下った所に佃煮屋さんがあり、ソコのお客様用駐車場が使えます。
「当店でお買い物をされる方は無料。沖島に渡る方は1日500円で駐車可」
なる旨の看板が出ていましたから。
さらに、その隣には「沖島港屋」のお客様専用駐車場も発見!(↓の写真)
港屋は、島の食堂兼土産物屋さんです。
ちなみに、この日は佃煮屋さんは休業日で、駐車の交渉が出来ず、、、、
港屋さんにデンワし、ソチラの駐車場にクルマを停める許可を得ました。
もちろん、上陸後にはオミヤゲを買いに向かう所存です。
画像

いよいよ、定期船「おきしま」に乗船!
船内の至るところに、島の小学生が作った壁新聞などが張られ、、、
なんともホノボノとしたフンイキがステキですね。
開け放たれた船の操縦席を覗くと、、、おおっ! 折りたたみイス!
このあたりもホノボノですよ、うんうん。
画像

沖島と本土との距離は1.5kmほどですから、目の前に島影が迫ってくるまでアッという間です。
さすがに竹生島や多景島とは風格が違いますね。
島の海岸線長は6.8km、最高峰は尾山(別名・蓬莱ヶ岳、または蓬莱山)の標高225m。
もっとも、琵琶湖の湖面自体が標高85mほどありますから、、、
ソレを差し引くと140mという事になりますが。
この山は、今回の旅で登頂するツモリです。
画像

10分ほどの船旅で、沖島に上陸!
荷物を預かってもらう為、島の南端にある民宿まで往復し、、、
さっそく、ケンケン山から尾山にかけての縦走に出発!!
と思ったら、、、、
画像

港に戻ってきたあたりで、雨が降ってきました。。。
降ったり止んだり、時々ザザァァっとくる感じの雨ですよ。サイアクですね。。
定期船に同乗してきた観光客達は、沖島漁業会館のガレージで雨宿り。。
ソコに出ている屋台風の土産物屋をボンヤリと眺めていました。
なんのなんの!
我が家はカッパで完全武装。行きますぞぉ!! 
画像

島内には、クルマは1台も存在しないとの事です。
(後に、クルマかどうがビミョーな乗り物は発見しましたが、それは後述)
なので、メインとなる乗り物は3輪自転車。
コレは、やたらめったらウジャウジャと見かけました。
大事な大事な乗り物ですから、、、、
サドルを雨に濡らす訳にはいかないのでしょう。四角い缶で完全防備ですよ。
バケツ仕様のヤツも見かけたものの、、、主力はやっぱり四角い缶です。
サドルの形にピッタリフィットするんでしょうね。生活の知恵です。
画像 画像

↓の写真が、駐車場をお借りした港屋さんです。
さっそく買い物を、、、と思ったら、、、、
お土産物は、パック詰めの自家製・佃煮風の惣菜、、それが2種類だけ。
ううむ、飲み物とか、袋ものの市販の菓子類ぐらいはあると思ったのに。
こ、これを今買ったって。。。
「これからケンケン山? この天気なのに? 小さなお子さんを連れて?」
呆れるオカミに、島を離れる際に買い物をする旨を約束し、手ぶらで店を出るしかありませんでした。。
画像

離島ならではの細ぉぉぉぉい路地を行き来し、ケンケン山への登山口を探す二人たち。
相変わらず、降ったり止んだりを繰り返す空模様ながら、、、、
幸いにも、ザザァァァってのは来なくなりました。
さてさて、どうなる事になりますやら。。
画像

琵琶湖の島巡り【7】沖島その2・ケンケン山〜尾山に進む
琵琶湖の島巡り【5】多景島・その2に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島巡り IN 琵琶湖【6】沖島その1・上陸編 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる