放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS チャレンジ!根子岳、四阿山【1】菅平〜根子岳編

<<   作成日時 : 2014/07/23 06:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

↓の写真は、菅平のキャンプ場から眺める根子岳(ねこだけ・左)と四阿山(あずまやさん・右)です。
どちらも太平洋と日本海を分ける中央分水嶺の山で、標高は、それぞれ2207mと2354m。
大きな火山の山頂崩落によってカルデラが形成され、、、、
残された外輪山が、これら2つの山なのだそうです。
今回、両方まとめて登ってみる事にしました。
思いつきで登れるような行程ではありませんから、、、、
装備はもちろん、マナムスメの事前特訓などの準備もバッチリですぞよ。
画像

今回のスタート地点として選んだのは、菅平牧場口です。(↓の写真)
ココまではクルマで来る事が出来るものの、、、、
最後の1キロ程の区間は、入山料として大人200円、子供100円が徴収されました。
歩いて来ればタダかもしれません。。
さて。ここからは
登山口→根子岳→四阿山→登山口
あるいは
登山口→四阿山→根子岳→登山口
二つのルートが選べます。
我が家は前者。先に根子岳に登るルートを選びました。
地図のコースタイムによれば、根子岳山頂までは2時間10分、四阿山までは3時間20分。
登りがキツそうな四阿山からのルートを選んだ場合、、、
途中でマナムスメがヘバったら、どちらの山頂にも着けないまま下山するハメになります。
なので、、状況によっては根子岳往復でオシマイにも出来るルートを選んだ訳ですね。
もちろん、根子岳の登りでヘバったら同じ事ですが。。
【登山開始時刻 7:39】
画像

しばらく牧場の柵沿いにダラダラと登り、、、
800mほどで牧場の展望台に到着しました。(↓の写真)
出だしの足慣らしには丁度良い感じでしょうか。
すでにココで休憩しているオヂサングループから
「休まないほうがイイよぉ! ネッコが生えるよぉ」
なるオコトバを頂戴し、、、、とにかく先に進みましょう。
【時刻は8:04。登山口〜展望台 25分】
画像

ほどなく樹林帯に入りました。
眺望は無く、ただただひたすら歩くのみ。
ずぅぅぅぅっと登りが続くものの、悪路という感じではありません。。
ヘタバリぎみのマナムスメ。。。
道標によれば、とっくに半分は過ぎていますぞよ。(↓の写真)
ガンバレ!
【時刻は8:39。展望台から35分。登山口からピッタリ1時間】
画像

樹林帯を突破!
イッキに視界が開けました。(↓の写真)
山腹に立ち込めていた雲海ゾーンも抜け出し、イイ感じですね。
【時刻は9:17。登山口より1時間38分】
画像

山頂らしきモノも見えてきました。
菅平を眼下に見下ろしながら奮闘する二人たち。(↓の写真)
ココは、急なロープ場ではありません。
登山道のコースロープにヘバりついているだけです。。
【時刻は9:24。登山口より1時間45分】
画像

ややややや! いきなり山頂が!!
ううむ、地図のコースタイムよりも早くついてしまいました。(↓の写真)
先を争って山頂の祠に取り付く二人たち。
牧場の展望台にいたオヂサングループに抜かれる事も無く、、、
よく頑張りました。エラいです。
【時刻は9:42。登山口より2時間3分】
画像

祠の土台には、ナゾのゲジゲジ状のイキモノが。。(↓の写真)
いえいえ、ココだけでなく、樹林帯を抜けてからはコイツラだらけなんです。
そう言えば、稜線続きの篭ノ登山に登った時にもゴロゴロいましたっけ。。
その時は10月なので、一匹残らずミイラ化していましたが。。
画像

とにかく、コレを見るたびに悲鳴を上げて歩くのをやめてしまうマナムスメ。
祠にお賽銭を入れるのも、このゲジゲジを恐れてヘッピリゴシ。。(↓の写真)
こんなムシケラよりも、オマエのほうが強いのだと言って聞かせてもダメでした。。
画像

前記の通り、根子岳はカルデラのフチにあたる山。
火口の底を覗くと、こんな感じです。(↓の写真)
外輪山の半周近くが切れてしまっていて、キレイなお椀型ではありません。
なので、あらかじめ知っていなければ、カルデラだとは判らないでしょうね。。。
模型の地形図は、コチラをご参照くださいませ。
さて。。
ココまで大いに頑張った二人たちへのゴホービとして、、、、
このまま下山せず、四阿山に向かう事にしました。
地図のコースタイムによれば、ソコまでは1時間50分。
根子岳登山に要した時間と、あまり変わりません。
頑張りましょうね。。
「ええっ? またのぼるのぉ?」(マナムスメの声)
【根子岳出発時刻は9:55】
画像

四阿山に向かう縦走路は、いきなり急峻な吊り尾根(両方が崖)からスタートしました。
↓の写真は火口側の壁を眺めたところ。
これは激しく切り立っていますね。なんともオソロシいですよ。
画像

↓の写真は菅平側。
コチラも大いに切り立っています。
足を滑らせたらイッカンのオワリになるような場所もあり、、、、
ココにムカデが出ない事を祈るのみです。
進行方向右側(南側)に落ちたら日本海へ、、、左側(北側)に落ちたら太平洋へ、、、
なんだか逆みたいですが、、マチガイではありません。
画像

尾根道は、ゴツゴツ大岩下りの連続です。
大きな段差が相次ぎ、、、(↓の写真)
こうなってくると、身長120センチのマナムスメは大いに苦戦ですよ。
やたら時間がかかります。でも安全第一。。
画像

やっと岩石地帯を抜け出すと、、、、、
緑の絨毯と化した笹の中の道になりました。やれやれ。
目の前に迫るのは、これから登る四阿山です。(↓の写真)
アッアッアッ、、こんなに下っちゃったら、後で登るのがタイヘン!
それでも、容赦なく続く下り坂。。。
イイカゲンに許して。。。
画像

↓は、このあたりから再び火口を見下ろした光景です。
立ち込めている雲が、なんだか噴煙みたいですね。。
やはり、、、言われてみなければカルデラとは認識できません。。。
でも、カルデラなんです!!
画像

根子岳と四阿山との鞍部(両者の間の一番低い所)に到着!
「大隙間」と呼ばれるココは、まさに緑の楽園です。
降りてきた根子岳をバックに、、ソレにお別れを告げる二人たち。
これから四阿山への苦行的な登りが待っています。
大隙間の標高は2039mですから、高度差168mもの貯金を使ってしまい、、、
さらに315mもの高度を稼がなければならない事になります。
ココから直接下山する道はありませんから、、、、
ソレがイヤなら、再び根子岳に登るしかありません。
見た目のウツクシさに反し、なんとも厳しい場所なのですね、ココは。。
【時刻は10:45。根子岳山頂より50分】
画像

コースタイムまとめ:
菅平牧場登山口→(25分)→牧場展望台→(1時間38分)→根子岳山頂→(50分)→大隙間

【その2】四阿山編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ナイス! 菅平プリンスホテル(長野県上田市)
家族で根子岳、四阿山を縦走後、、、 菅平のキャンプ場に戻る途中に立ち寄ったのが、登山口近くのコチラ。 日帰り入浴500円と聞いていましたので、キッチリとココで汗を流す作戦です。 へぇ、あのプリンス系の割には安いぢゃないか! などと思いながら、いざ到着してみると、、、、 ...続きを見る
放浪者の平日
2014/07/27 07:55
キツネ色の露天風呂、、、渋沢温泉(長野県上田市)
嬬恋村の大前駅を後にし、、R145を西に進んだ我が家。 目的地・菅平までの間に、良さげな温泉でもあればと考えていたら、、、 鳥居峠を越えたところで、目に入ったのがコチラの立ち寄り湯でした。 なんともワビサビ系なタタズマイに惹かれてしまったのです。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/24 05:47
日本の滝百選「米子大瀑布」【1】不動滝と権現滝(長野県須坂市)
今から34万年前の大噴火で山頂がブッ飛び、、、 直径3kmほどのカルデラ(凹み)を形成した火山がありました。 その際に形成された外輪山が四阿山や根子岳なのだそうです。 外輪山からカルデラ内に落ち込む崖には大きな滝が出現し、、、 ソレが、日本の滝百選にも名を連ねる米子大瀑布です。 菅平のキャンプ場から、ソコに向かってみました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/25 06:36
日本の滝百選「米子大瀑布」【2】米子鉱山跡と奇妙滝(長野県須坂市)
日本百名山・四阿山を水源とし、その内壁から豪快に落ちる滝・米子大瀑布。 自らも「日本の滝百選」に属するのですから、、、 意味不明に、ダブルでアリガタいですね。 大瀑布を構成する不動滝、権現滝に接近した後は、、、 次なる滝・奇妙滝を目指しました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/26 09:53
菅平高原自然館、、、湿原遊歩道つき(長野県上田市)
菅平でのキャンプは4年連続となりました。 その際、毎年のように「行こう」と言いつつ行かずに終わってきた場所、、、 それが「菅平高原自然館」なんです。 まあ、「ぜひぜひ行かねば!」って程のキモチでは無かったからでしょうね。 今年こそ、満を持して!! なる決意で、、、、、 と言うよりも、、、時間が余ったので立ち寄ってみました。 果たして、その正体は、、、、 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/26 06:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャレンジ!根子岳、四阿山【1】菅平〜根子岳編 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる