放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS スープ入り焼きそば・こばや食堂(栃木県那須塩原市)

<<   作成日時 : 2014/09/16 11:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

10数年前あたりから、店の前を通るたびに気になっていたコチラ。
スープ入り焼きそばがウリの店なんです。
福島県南会津に出向く途中、、、、
今年こそはと立ち寄ってみた次第です。
正直、あまりウマいモノであるとは思いませんが、、、
ハナシのネタですよ! ネタ!
画像

店内にあったノーガキによりますと、、、(↓の写真)
スープ焼きそばは塩原のご当地グルメで、50年前から食べられているとあります。
しかし、青森県津軽では昭和30年代に「つゆ焼きそば」なる同様のモノが登場したとの話もあり、、、
果たして、どちらが先なのか。。よく判りません。
津軽派のヤツは、我が地元、篠崎の津軽らぁめん ねぷた屋で「黒石のツユやきそば」を食べましたが、、、、、
同店は、2年余り前に閉店してしまいました。。。
さて、塩原派の出来栄えは、どんな感じでしょうか。

参考:ねぷた屋の「黒石のツユ焼きそば」の詳細
http://ramendb.supleks.jp/review/230719.html
画像

で、登場したのが一番↑の写真「スープ入り焼きそば(並)650円也です。
見た目は、全くのラーメン、、、
具材が肉野菜(キャベツ)炒めなので、そのあたりが少々違和感がありましょうか。
スープは、、、、、
おおっ、ソース味ですよ! わかっちゃいましたが。
そうですねぇ、醤油ダレの代わりにソースを使ったラーメン、、そんな感じです。
実はスープ自体は醤油ベースで、、、
ソースの味は、炒められた具材や麺から流出したモノなのだそうです。
なので、ソース味は食べているうちにジワジワと強まっていくとの事ながら、、、
実際には、最初っからビンビンと効いている感があります。
ソースのほうが、醤油よりも押しが強いんでしょうね。
黒石ツユ焼きそばはベース自体がソースらしく、そのあたりにコチラとの違いがあるのかもしれません。
ねぷた屋のヤツは、めちゃくちゃ甘々でしたっけ。。
画像

しかし、思ったよりはイケるぢゃないですか、コレは!
卓上の酢(唐辛子入り)というのがドンピシャで、、、
甘辛サッパリとした仕上がりが、なかなか具合イイですよ。
炒めが入った麺の食感もなかなかななモノです。
ううむ。この焼きそばの仕組みだからこそウマい訳ではなく、、、、
もともとレベルが高い店なのかもしれませんよ。
メニューにはフツーのラーメンもありまして、(↑の写真)
おそらくソレもイケるに違いありません。
空気が読めずに「しょうゆラーメン」を所望したマナムスメも、、、
カミさんから強制注文されたスープ入り焼きそばを、大いに気に入った模様です。
(↓の写真)
画像

近年、テレビなどで取り上げられたり、ファミリーマートでインスタントが出たり、、、
そんなこんなで、行列店になってしまいました。(↓の写真)
雨ですよ、この日は。それでも並んでます。
画像

正直なところ、、、、、
この一杯の為だけに塩原まで来るのはナニですが、、、、
温泉めぐりなどのついでに食べてみるなら、オモシロい一杯だと言えましょう。
温泉街をノタノタと歩く観光馬車などもありますし、きっとコドモ達も大喜びしますって。
(↓の写真)
画像


店舗情報:
http://ramendb.supleks.jp/s/14838.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スープ入り焼きそば・こばや食堂(栃木県那須塩原市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる