放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS チャレンジ野生キャンプ2014(桐生市青少年野外活動センター)

<<   作成日時 : 2014/10/23 05:23   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

テントなし、食器なし、毎回火起こし、フロも無しの4泊5日。
ソレがウリの第3回野生キャンプに、今年も参加した長男坊。
主催者から、その模様の写真が届きました。
今年は中学生としての参加ですから、前回よりもキビシく、、、
そして、経験者としてアレコレと便利に使われた模様です。
画像

到着したら、まずは食器作り。
竹で、水筒やら飯盒を作る訳ですね。(↑の写真)
それが終わらなければ、メシにならないので必死の作業ですな。
そして、、、オナジミの火起こし。(↓の写真)
これも、毎食前の必須の作業との事です。
オツカレさまですね。。
画像

オカズを作る長男坊。
この夜のメシは竹の飯盒ではなく、牛乳パックで炊いたのですね。(↓の写真)
ワタクシはいずれも未経験ながら、、、
なんとなく、竹飯盒のほうがウマそうに思えます。。
竹の飯盒での炊飯シーンは、前回の様子をご覧くださいな。
画像 画像

配膳をしている(らしい)長男坊。(↓の写真)
なかなか頑張ってるぢゃないですか。
ウ、ウチでも、このくらい働きなさい!!
今回、中学生は1つの班にまとめられ、最強チームを構成したそうですが、、、
人数の関係で、長男坊ともう1人は小学生の班に組み入れられたそうです。
なので、長男坊はリーダー格、、、
と言うよりも、便利なオニィチャンとして頑張ったみたいですね。
そういう立ち居地は、マナムスメに鍛えられているからダイジョーブでしょう。
画像

今回も、イロイロな寝かたをした模様です。(↓の写真)
ブルーシートのテント、、、と言っても、実質は屋根だけですね。。。
そして、ブルーシートのハンモックでノザラシ睡眠。。。
こりゃ、蚊に刺される訳ですよ。
酒を飲んでないから、そこいらで寝ちゃうヨッパライオヤヂよりは刺され方がマシでしょうね。
画像 画像

前回は無かった企画、山中でのビバークに出発する長男坊チーム。(↓の写真)
これは、良い経験になるかもしれません。
いざと言う時に、命を守る手立てですもんね、ビバークってのは。
季節は夏なので、山の上と言っても凍死するキケンがあるほどには冷えないでしょうけれど。
荷物を担いで、そして竹の水筒を持参で、しゅっぱぁぁぁつ!
画像

キツゥゥゥい山道を登りつめ、、、
山中で設営した、ビバーク用のテントがコレ!(↓の写真)
やっぱり材料はブルーシートとロープ。
なぁんだ、ベースキャンプのヤツと変わらないぢゃん。
いえいえ、ソレに比べれば機密性が遥かに良さそうですよ。
やっぱり、相応に冷えるのでしょう。。
画像

冷えるとなれば、、、焚き火は必須ですって。
ソレに備えてか、薪を切りだす長男坊。
ガンバレ! みんなの命がキミにかかっているんだ!
オオゲサかしらん。。。
とにかく、無事に火は興った模様ですね。(↓の写真)
ところで、、ホイールでくるんで焼いているのは、なぁに?
画像 画像

なるほど、トウモロコシでしたか。(↓の写真)
写真を見ると、、、
トウモロコシは、毎日のように食べていた模様です。
調理が簡単だし、コレを主食にしている人々も少なくないですもんね。
でも、、、
どれだけ食べたら、ハラが満たされるのかしらん。。
他の食糧があったのかどうかは判りません。
画像

山中で一夜を過ごして下山すれば、、、、、
今度は川へ! オカズとなるサカナを取るそうです。(↓の写真)
それにしても、ずいぶん発育の良い女子がいるかと思ったら、、、
カノジョは、世話役のスタッフなんですって。
どうりで、小中学生にしてはナイスボディーな訳ですよ。
4泊5日を風呂なしで過ごすなんて、なかなかタクマシい美女ですな。
画像

サカナの捕り方は、、、、
網に追い込んで手づかみなのだそうです。(↓の写真)
半分は水遊びも兼ねているみたいで、、、、
風呂の代わりにもなりましょう。
パンツいっちょうで泳ぎまくっている光景がタクマシい。
女子は、水着着用みたいですよ。
画像 画像

捕れたサカナは、さっそくオカズになった模様です。(↓の写真)
なんというサカナでしょうか。ワタクシには判りませんが、、、、
コレがウマくない訳が無いでしょう。
ソレはマチガイございません。
画像

今度は何を作っているのでしょうか。
なにかをコネています。そして丸めています。(↓の写真)
そして、、、、焼いています。
おおっ、コレはナンですな!
そのようなモノまで作っちゃうとは、、すばらしい!
スタッフのオネェサンから手取り足取りの長男坊、、、うらやましい!!
画像 画像

ナンが出てくれば、オカズはカレーにキマリ!(↓の写真)
インド人も納得でしょう。
キャンプ料理としても定番ですもんね。
カレー、トン汁、けんちん汁、、いずれも殆ど材料が同じですから、、、、
仕上げがカレールーか、、味噌か、、、醤油か、、、
同じ食材で3種類のメシが作れる、便利なメニューだと言えましょう。
まさに、複数泊のキャンプ向きですね。
このキャンプで、その作戦が使われたのかどうかは判りませんが。
画像

最後の夜は、、、、トドメのキャンプファイヤーでシメですな。(↓の写真)
雨の中でのソレだったそうですが。。。。
今年は雨にも祟られたそうでして、カッパを着て行動している写真もチラホラありました。
まあ、ソレも体験ですよ。
とにかく、よく頑張りました。
長男坊は、、、、来年も参加するとハリキっています。
次は中学生チームで鍛えられて来なさい。
長男坊らの班よりも、もっともぉぉぉっと険しい場所でビバークしたそうですから。

出発式、そして解散式の様子はコチラです。
画像

参考:桐生市青少年野外活動センター 公式サイト
http://www.city.kiryu.gunma.jp/web/home.nsf/10721ebeb31f439e492568f9002e676c/29afe2d7740cf09c49256acc0004edb5?OpenDocument

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
母娘の札幌ホテル巡り【1】札幌アスペンホテル(現・ホテルマイステイズ札幌アスペン)
2年ほど前の夏。 カミさんとマナムスメが2人っきりで、、、 札幌ステイを満喫しやがりました。 長男坊は別口の野生キャンプに参加し、、、 トォチャンはシゴト、、一人でオルスバンだったんです。 いまさら、ウラみツラみは置いときましょうね。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/11/28 06:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャレンジ野生キャンプ2014(桐生市青少年野外活動センター)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる