放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲神社で七五三【3】マナムスメの七五三、本編(常陸大宮市)

<<   作成日時 : 2014/10/29 10:06   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

7歳の七五三を迎えたマナムスメ。
アレコレと苦難を乗り越え、、、、
とにかく、七五三ホンバンに漕ぎつけました。
場所は、創建1200年を超える古社、甲神社です。
画像

コチラが、甲神社の正面入り口。(↓の写真)
ハスに構えた2つの鳥居がお出迎え、、、、なのですが、、
この2つの鳥居、そしてソレに挟まれた石碑、、、、、
いずれも、3・11東日本大震災で倒壊の憂き目にあっています。
現在は再建されていますが、、、
これだけのモノですから、ケガ人が出なかった事が幸いです。。
画像

神門、、、お寺で言う所の山門にあたる建造物ですが、
ソレも崩壊しています。。(↓の写真)
確かコチラは、マナムスメ3歳の七五三の直前、台風で崩壊したような。。
あれから4年、、、やっと再建が始まったみたいですね。
基礎工事が終わりつつある感じでしょうか。
画像

コチラが、七五三のお祓い、祝詞が行われる本殿。(↓の写真)
少々クタビレていますが、、、、どうにか健在です。
現在、神主さんは常駐しておらず、、、、、
お祭りや年末年始、そして七五三シーズンの週末だけ、コチラに出向いてきます。
なので、平日に飛び込みで訪問しても、七五三のお祓いなどは出来ませんのでご注意を。
画像

神主さん登場! 
いよいよ七五三の始まりです!(↓の写真)
コチラの神主さんは、実はカミさんの親戚筋でして、、、、
カミさんも、子供の頃には大晦日の晩に、おみくじや破魔矢の売り子のお手伝いをしたんですって。
巫女さんチックな赤白のイデタチは着なかったそうですが。。
と、とにかく、、、、
マナムスメ、ジッと堪えて座っているのですぞよ。
画像

お祓いの一環として、鈴をシャンシャン鳴らすマナムスメ。(↓の写真)
コレは、3歳の時には無かったような気がしますので、、、
7歳専用の段取りなのでしょうか。
確かに、3歳児にコレを手渡したら、、、オモチャと化し、、、
ちょっとヤバそうな展開も予想できますもんね。
画像

玉ぐしを奉納するマナムスメ。(↓の写真)
オオマジメでソレをコナしています。リッパです。
一歩マチガエれば着けられなかったハズだった黄色いシゴキも、、、
ここぞとばかりに、大いに目立ってくれました。
画像

マナムスメが飽きるヒマも無く、、、、
粛々と、そしてアッサリと七五三の儀式は終わりました。
延々と長引いた写真撮影の後だっただけに、コチラはチョロかったのかもしれません。
これで一安心、、、記念に神主さんと2ショット。(↓の写真)
3歳の時の2ショトと比べると、、、、
ずいぶん成長しましたね。。。。エラいエラい。
画像

お守り、お札、そして破魔矢、、、、(↓の写真)
もちろん、一番の楽しみの千歳飴も頂戴しました。
お納めした「初穂料」は1万円。。。
品物的には割が合いませんが、、、そ、そんな事を言ってはイケマセン!!
マナムスメの健やかな成長を買ったのです。
画像

さて、、、、次はヒルメシ。。
これまたオタノシミの、お祝いのゴチソウを食べに行きましょう。

【その2】レンタル着物で苦戦編に戻る
【その4】割烹で食事会編に進む


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宝仙寺(東京都中野区)
弔事は続くと言いますが、、、、 先日、ワタクシ系親族の小諸での葬儀に出向いたばかりなのに、、 今度は、カミさん系親族の葬儀。。 週末でしたから、家族でお弔いに出向いTきました。 故人には、我が家の二人たちも可愛がっていただきましたし。 向かったのは、中野坂上の宝仙寺です。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/10/06 12:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲神社で七五三【3】マナムスメの七五三、本編(常陸大宮市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる