放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 横須賀沖の軍艦島、、猿島【1】軍事要塞・廃墟編

<<   作成日時 : 2014/11/24 11:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

「東京湾唯一の自然島」とアピールする、、猿島。
千葉側の勝山沖に「浮島」があるので、ソレはマチガイだと思うのですが、、、
とにかく、家族で出かけてみました。
周囲1.6km、最高地点は39m余りの小さな島です。
島中がオドロオドロしい軍事要塞跡との事で、、、
少しばかり身構えながらの上陸となりました。
画像

猿島に渡る船は、横須賀の三笠桟橋から出ています。
まさに、戦艦三笠の脇あたりですね。
概ね1時間に1便。乗船時間は10分程度です。
登場した船は、メチャクチャ速そうな双胴船。(↓の写真)
船名は「Sea Friend Zero」とありました。
海のトモダチはゼロ、、、、ちょっと寂しい名前ですね。。。
画像

これが、猿島の全景です。(↓の写真)
無人島で、宿泊施設などは無く、、、、
夜間は島に残る事は出来ません。
万が一、最終便に乗り遅れると、特別便が「特別料金」で迎えに来てくれるそうですが、、、
貸切になる訳ですから、それは激しくイタそうです。
タクシーの割増料金どころのレベルでは無いでしょう。
画像

さて、さっそく島の散策に出かけましょう。
散策路の入り口付近、ごみステーション脇に、、、、
散策用のレンタル杖が置かれていました。無料です。
それなりにアップダウンがあるので、その為のサービスなのでしょうか。
面白がって、ソレを手にする二人たち。
なんだか、お遍路さんみたいですね。(↓の写真)
画像

まず現れたのは、兵舎跡。(↓の写真)
深い切通しの壁に掘られた、横穴式の兵舎です。
空襲に備えた造りなのでしょう。
このあたり、まさに軍事要塞ならではですね。
画像

コレは、弾薬庫跡。(↓の写真)
これも、同様に横穴式です。
その中を覗く事が出来ないのが残念無念。。
兵舎のすぐ隣ですから、もし攻撃を喰らったらヤバそうですよ。
画像

大小様々なレンガ造りのトンネルがありまして、、、(↓の写真)
コレは、一番デカいトンネル。その名も「愛のトンネル」というそうです。
パンフレットには「カップルが2人でコレをくぐると、、、、」
などと意味ありげに紹介されていますが、、、、
当時は軍人ばかりのオトコの島だったでしょうから、後付けの云われでしょう。
いえいえ、違う形の「愛」があったのかもしれません。。。
画像

この丸いのは、砲台跡です。(↓の写真)
島のアチコチに、ソレはありました。
東京湾に潜入する敵を防ぐ、不沈戦艦、、、、
ソレが、この島の役目なのでしょう。
古くは、江戸時代に作られたヤツもあるそうです。
画像

急な階段を下ると、、、、ああ、杖が役に立つ。。。
ソコにあったのは、天然の洞窟。(↓の写真)
日蓮洞窟というそうで、それらしき仏像のようなモノも鎮座していました。
元々は、古代の横穴式住居跡なんですって。
画像 画像

島の突端、オイモノ鼻という岬です。(↓の写真)
海岸線を覆っている石垣が所々で崩れ、荒々しい光景となっていました。
東京湾の中ではあっても、相応の波に襲われた結果なのでしょう。
この島が要塞として構築されてから、年月も経っている事でしょうし。
画像

またまた、小さなトンネルがありました。(↓の写真)
ソレを抜けると、レンガの通路、、、、、、
なんだか、ヨーロッパあたりの城塞みたいです。
外国人観光客の姿が、そんな感じにさせてくれたのかもしれません。
画像

島の最高点付近にあった、見晴らし台の跡がコレ。(↓の写真)
モロに廃墟です。イイ味出してます。
ネット情報によりますと、この建物、、、、、
初代仮面ライダーの宿敵「ショッカー」の秘密基地として撮影に使われたんですって。
世界征服を目指すには、ずいぶんショボいアジトながら、、、
ナニゴトも、小さな事からコツコツと始めるのが重要なのかもしれません。
画像

その先に合った、砲台跡。
これまでに見た土俵状のモノとは違い、、、
円形の竪穴式で、まるで機関車の操車場のような造りになっていました。
そうそう、機関車トーマスに出てくるようなソレですよ。
画像

大きな横穴、小さな横穴、、、それぞれ、こんなサイズ。(↓の写真)
トーマスを格納するには、ちょっと小さいですね。
果たしてコレは、どんな用途だったのか。。
コッチのほうが、むしろ秘密基地みたいです。
画像 画像

その砲台跡の反対側の崖下に、草生したトンネルの姿。。。(↓の写真)
フイに、ソコから人が出てきてオドロきました。
おおっ、コレは先ほど通り抜けた「愛のトンネル」ぢゃないですか。
なるほど、切通し部分を上から見下ろす位置関係だった訳ですね。
画像

やがて、桟橋近くの高台、見晴らし台に着きました。(↓の写真)
コレで、島を一周した事になります。
バックには三浦半島の観音崎、、、、
そして、房総の山並みも、よぉぉく見渡せました。
本土から、わずか1km余りに位置する島とは思えないノドカな光景です。
画像 画像

その本土に向かって、石を投げる二人たち。(↓の写真)
水きりに挑戦するも、、、なかなかウマくいきません。
ココは、島では唯一のビーチです。
事前に予約をすれば、バーベキューも楽しめるんですって。
機材の持ち込みは禁止だそうですから、有料でソレを借りる事になりますが。。
画像

【2】猿島わかめラーメンとナゾの海賊編 に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦艦三笠、発見!(神奈川県横須賀市)
猿島に渡る為、ソコへの連絡船が発着する三笠桟橋に出向いてみると、、、 おおっ! いたいた! 往年の連合艦隊の旗艦、戦艦三笠ですよ! 桟橋に隣接する三笠公園内にオワシマス事は知っていましたが、 まさに目の前だったのですね。 お会いできて嬉しいです。 ...続きを見る
放浪者の平日
2014/11/26 06:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横須賀沖の軍艦島、、猿島【1】軍事要塞・廃墟編 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる