放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦艦三笠、発見!(三笠公園・神奈川県横須賀市)

<<   作成日時 : 2014/11/26 06:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

猿島に渡る為、ソコへの連絡船が発着する三笠桟橋に出向いてみると、、、
おおっ! いたいた!
往年の連合艦隊の旗艦、戦艦三笠ですよ!
桟橋に隣接する三笠公園内にオワシマス事は知っていましたが、
まさに目の前だったのですね。
お会いできて嬉しいです。
画像

桟橋にケツを向ける形で、三笠は停泊していました。(↓の写真)
停泊と言っても、、、水面下の部分はコンクリに固められています。
ワシントン軍縮条約によって三笠は廃艦・解体されるハズだったのですが、、、
ソコは大日本帝国が誇るべき旗艦。
特別に、記念として残す事が認められたのだそうです。
ただし、現役復帰する事が出来ないように、コンクリでガチガチにされたのだとか。
画像

猿島行きの船から見た、三笠の胴体部分です。(↓の写真)
エントツ、、、デカッ! 
まっずぐズドォン型のソレが2本もありますよ。
それに比べて、艦橋は激しくコジンマリとしているのですね。
日本の戦艦の艦橋って、ズドォンとそびえ立ってるイメージで、、、、、
そうそう、まさにお城の天守閣みたいな位置づけですよ。
なのにコレったら、、なんだか鳩小屋みたいです。
もっとも、この部分が現役当時と同じなのかどうかは判りません。
画像

船体の側面にも、ズラっと大砲が並んでいます。(↓の写真)
補助砲というモノだそうで、、、なんて凶暴な姿なんでしょう。。。
まるで、昔の海賊船みたいですよ。
もっとも、、、当然ながら片側の敵しか攻撃する事ができず、、、
効率が悪くて、後々の戦艦からは、この補助砲は廃止されています。
接近戦で撃ち合っていた時代の、「とにかく数で勝負」的な発想だったのでしょうね。
画像

船首部分は、こんな感じです。(↓の写真)
大きな主砲が大迫力で、なかなかカッコイイぢゃないですか!
やっぱり、艦橋は鳩小屋みたいです。
ずいぶんデカい船に思えますが、、、
三笠の全長は131m。明治の戦艦ですから、こんなモノでしょうか。
戦艦大和のソレが263mとの事なので、、、その半分程度しかありません。
戦艦どころか、、、、旧日本軍では最大の駆逐艦「島風」と、ほぼ同じぐらいです。
現代の船と比べると、、、イージス艦の8割程度しかありません。
東海汽船の橘丸よりは、10mあまり長いです。
ちなみに、船首は皇居の方角を向いているのだそうです。

ところで、、、
艦内の写真は無いのかですって?
ごめんなさい。中には入っていないんです。
入場料(オトナ600円)をケチったのです。。。。
画像

せっかくですから、よこすかポートマーケットにも出向いてみました。(↓の写真)
サカナを中心に、地のモノを集めた市場なんです。
猿島ではロクなオミヤゲが買えなかったので、、、、
ココで何かしらを入手しようとした次第ですね。
その位置は、三笠のケツに背を向けて、海沿いに200mほど進んだあたりです。
画像

アレもコレもウマそうで迷いつつ、、、、
買ったのは、何とも貴重な「生しらす」、そして「しらすの沖漬け」「生がき」「酒盗」。
残念ながら、期待していた猿島うどんは売っていませんでした。。。
ワカメを練り込んだ、緑色のうどんなんですよ。
かつて、海洋研究開発機構横須賀本部のイベントの屋台でソレを食べ、、、、
激しくウマかったんです。残念。。
後で調べたら、、、さいか屋で買えたみたいですね。
次の横須賀訪問のチャンスがあれば、出向いてみます。
画像

猿島探訪の顛末はコチラです。

三笠 公式サイト:
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/
よこすかポートマーケット 公式サイト:
http://portmarket.cs-yokosuka.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦艦三笠、発見!(三笠公園・神奈川県横須賀市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる