放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京港に海底ガス田?(青海南ふ頭公園・江東区)

<<   作成日時 : 2014/11/28 10:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

10月位から、この公園の目の前の東京港に、、、、
ナゾのプラットフォームが出現しました。
まるで、海底油田のような、、
いえいえ、ココで原油は出ないでしょうから、ガス田のような。。
果たして、何をやっているのでしょうか。。
画像

気がつけば、場所が変わっていまして、、、
いつのまにか、公園側にニジリ寄っているんです。
プラットホームの上に目をやると、、、、
ふむふむ、作業員が1人、何か装置を操っています。
明らかにソレは、ボーリング(穴を掘るヤツ)マシーンに見えますよ。
ビーチパラソルのようなモノが設えられていたして、、、ソコが唯一の日陰。
ソレが休憩所なのか、、、なんとも過酷な環境ですね。。
画像

果たして、何を掘っているのでしょうか。
海上ですから、温泉では無いでしょうね。
だとすると、、、やっぱり天然ガス?
房総半島から東京の東部あたりにかけて、、、、
「南関東ガス田」なる、天然ガスが埋蔵されている地帯があり、、、
それは、日本では最大のガス田なんですって。
地下水の中に大量のメタンガスが含まれていて、それを汲み上げるとメタンガスを抽出できるとの事です。
かつてはガス田として活用されていた時代があったのですが、、、
地盤沈下の原因になるとして、都内では全面停止しているのだとか。
房総半島では、今でも自家用として使っている世帯もあるそうです。

でも、扱いをマチガエるとキケンですよ、可燃性のガスですから。
渋谷の温泉施設や、九十九里の「いわし博物館」でも、そのガス漏れによる爆発事故がありましたし。
いわし博物館は、爆発の数ヶ月前に訪問していまして、、、
そのニュースを聞いて、激しくオドロキましたもの。
スタッフの女性がお亡くなりになってるんですよね。
展示物の意味も判らない長男坊(当時3歳)を、丁寧にアヤシてくれた方だと思われます。
なんともココロが痛みましたっけ。。。
画像

で、、、この作業が、ガスに関係するモノなのかどうか、、全く判りません。
フツーの工事でしたら
「道路を直しています」とか「水道管を交換しています」といったカンバンが出ていましょうが、、、
ココは海の上。それらは見当たりませんですから。
でも、、
工事現場には警備員が出ているのと同じく、、、
ココには警備船がキッチリと張り付いていました。(↑の写真)
近づいてくる釣り船などに注意を促しているのでしょう。
陸上の警備員と比べると、大いにヒマそうですから、、、
思わず、釣りでもしたくなりそうですよ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京港に海底ガス田?(青海南ふ頭公園・江東区) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる