放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジェルロードで余島へ!(香川県土庄町)

<<   作成日時 : 2014/12/07 06:51   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

オリーブで有名な、香川県の小豆島。
ソレに寄り添うように、属島の「余島」というのが存在しまず。
↓の写真、手前の丸っこいのが中余島、、、、、
その後ろのデカいのが大余島、、、、
これらを合わせて「余島」と呼ばれる訳ですね。
いずれも小さな無人島ではありますが、、、、
なんともフシギな島なんです。
画像

この島に、干潮時に訪れてみますと、、、、
あぁらビックリ! 
リッパな砂州で陸続きになってますよ!(↓の写真)
この砂州は「エンジェルロード」と呼ばれ、、、、
「道の真ん中で手をつないだカップルは結ばれる」
んですって。
たぶん、追跡調査は行われていないとは思いますが。。。
画像

大余島から眺めた中余島は、こんな感じです。(↓の写真)
コチラもキッチリと結ばれてますね。。
この大余島には神戸YMCAの「余島野外活動センター」なるキャンプ施設がありました。
リッパな宿泊棟もありまして、、、どうやら一般にも開放されているみたいですね。
でも、干潮時しか行き来が出来なさそうな。。。
いえいえ、満潮時には渡船が出るんですって。(別料金)

神戸YMCA余島野外活動センター 公式サイト
http://www.kobeymca.org/yoshima/center/
画像

中余島で見かけた、オミクジの結び場のようなモノ。(↓の写真)
これは、前記のイイツタエに関連していそうですね。
おそらく、結ばれたいカップルの名前を書いて縛るのでしょう。
まあ、一緒にココまできて名前を書いて、そしてソレを縛る、、、
その時点で、すでにキッチリとキモチは結ばれちゃってませんか?
だとすると、、、
ココはメルヘンチックな縁結びの聖地と言うよりも、、、、
破局を封じるための、ちょっとビミョーな聖地なのかもしれません。
画像

満潮になると、、、、こんな感じです。(↓の写真)
すっかりとエンジェルロードも水没し、、、、
意味が判らず、アタマを抱える長男坊。。。
こんな感じですから、余島訪問の際は潮の満ち引き時刻にご注意くださいな。
ノホホンと二人の名前を縛っているうちに、、帰路が水没、、、、、
「アンタのせいよ!」「オマエがトロイからだ!」
なんて感じで、、、こりゃ、破局に繋がりますって。
いえいえ、無人島で一夜を過ごして絆が強まるかもしれませんね。
画像

これらの写真は、2008年に余島を訪問した際のモノです。
年賀状用の写真を選択中に、ついつい古い写真にも目がいってしまった訳でして、、、、
写真の中の長男坊は満6歳、、、小1です。
現在が小1であるマナムスメは、当時は満ゼロ歳。(↓の写真)
ああ、2人とも、まだ現役のエンジェルだった頃ですよ。。。。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
離島デビューは小豆島(香川県小豆島町、土庄町)
我が家のマナムスメの離島デビューは2008年の小豆島。 まだ生後10か月の頃でした。 小豆島が離島? とお思いでしょうが、、 国交省から「離島振興法」の指定を受けた、レッキとした離島なんです。 もっとも、その指定を受けたのは2013年だそうですから、、 マナムスメの上陸時は、同法上の離島ぢゃ無かった事になっちゃいますね。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/02/09 14:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
年賀状作成中に見つかったオモイダシワライな写真ですね〜。
反抗期を迎えて昔のエンジェルちゃん達もデビルに見えてくる日がいつか来るんでしょうかね〜
さよなら麺類
2014/12/07 14:30
さよなら麺類さん、コメントありがとうございます。

我が家のエンジェル達、、いったいどこに消えたのやら。。
長男坊の羽根は完全に退化し、、、
マナムスメのソレも時間の問題かもしれません。。
おぎひま
2014/12/08 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジェルロードで余島へ!(香川県土庄町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる