放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 高級リゾート無人島、淡島(静岡県沼津市)

<<   作成日時 : 2015/01/24 11:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

その昔、、、、
会員制リゾートホテルの客だけが、専用ロープウェイで渡る島。。
なんとも謎めいた島でした。
今では一般日帰り客も上陸できまして、、、
水族館や島の散策を楽しむ事ができるんです。
果たして、その実態は、、、、
(以下は、2010年に訪問した際のハナシです)
画像

駿河湾に浮かぶ小さな島でして、、、
ホテルや水族館のスタッフが滞在しているものの、、、
居住している訳では無いので、扱いは無人島なのだそうです。
陸続きではありませんから、海を渡らねばなりませんが、、、
すでにロープウェイは廃止(休止)されていて、、船で渡る事になります。
今でもロープウェイのワイヤーは残っていますね。(↓の写真)
画像

リゾートホテル客専の専用船は、乗組員のイデタチからして違います。
まさにホテルのボーイのソレですよ。
それに対し、、、我らが渡船のスタッフは、思いっきりフツーのオヂサン。。
このあたりにも、さりげなく差がついています。(↓の写真)
画像 画像

淡島側のロープウェイの駅、、、、、
今は廃墟のオモモチです。(↓の写真)
山の中腹にありますから、、、ホテルへの行き来は、むしろ船のほうが便利だったのかもしれません。
そのあたりが廃止(休止)に至った理由でしょうかね。
画像

上陸後は、、、水族館が見放題!!(↓の写真)
何度だって出入りできるんです。ああ嬉しい。
実際には、船賃と同時に入場料を徴収されていますので、タダと言う訳では無いんです。。
逆に言えば、水族館を見たくなくてもゼニを取られる仕組みですから、、、
ココは、キッチリとサカナを見ておかねば損ですよ、二人たち。
その水族館は、、、思いっきりホノボノとした雰囲気がステキです。
画像 画像

時計回りに島を一周する散策を楽しむと、、、、
最後に、光のトンネルが待っていました。(↓の写真)
イイですねぇ、幻想的ですねぇ。
コレの意味は全く判りかねつつも、、、、
キレイなモノには、スナオに感激しておきましょう。
画像

ココが、問題の高級リゾート、、、淡島ホテルの入り口です。(↓の写真)
一番安い部屋に平日泊まっても、1泊3万円!!
高級ルームは最高30万円ですよ!!
(いずれも2人部屋で、2人分の料金です)
さらさオドロく事に、、、、、
12歳未満のコドモは入館禁止なんですって。
こ、これでは我が家には無縁ですね。。。
もちろん財政的な理由が大きいです。。
画像

再び水族館に戻り、、、、
アシカショー(↓の写真)やイルカショーを楽しみました。
演技のレベルは「いっぱいいっぱいい」な感が漂い、、、、
スタッフ自らが
「頑張って、ヒトもイルカもレベルアップします!!」
などと宣言していましたっけ。
でも、、これまた何とも言えないホノボノ感に満ち溢れ、、、
とにかく一生懸命なのは、見ていてキモチ良かったです。
あれから5年、、、見事に成長している事を信じますよ。
画像

島のお食事処「磯料理 離宮」で、身分不相応なモノを食べる長男坊。(↓の写真)
観光地価格ながら、、、キチンとしたモノが出てきましたよ。
ココで食べたトロボッチ、ウマかったなぁ。。
トロボッチとは、、、福島・いわき界隈では「めひかり」と呼ばれるソレです。
画像

島の高台、淡島神社付近から望む富士山の姿です。(↓の写真)
10月の訪問でしたから、まだ冠雪は見られません。
それでも、、雄大ですねぇ! お線香のCMみたいですねぇ!
淡島と富士山が並ぶ光景はコチラ
宿泊先の、西浦あたりからの撮影です。
画像

この島への訪問当時、、、、、
長男坊は9歳、マナムスメは3歳、、、ああ懐かしい!
今でも、淡島ホテルも水族館も健在ですから、、、
久々に再訪してみるのもオモシロそうですが、、、、
まだまだ未知なる島が、我が家を待っていますから。
相変わらず、このホテルに泊まる財力も持ち合わせていませんですし。。。
さて、次は如何なる島に出向きましょうかね。

淡島ホテル 公式サイト:
http://www.awashima.com/index.html
あわしまマリンパーク 公式サイト:
http://www.marinepark.jp/
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ようこそ沼津へ。1年後に見つけて読ませていただきました。

少し記事が間違っております。
淡島ロープウェイは淡島マリンパークの運営であり、高級ホテル淡島ホテルは無関係の方針でした。
元々淡島ホテルは専用の船で連絡。
淡島マリンパークはロープウェイとマリンパークの船で連絡しておりました。
田村宗隆
2016/01/18 15:18
田村さん、コメントありがとうございます。

間違いのご指摘、ありがとうございます。
wikiを参考にしたのですが、
読み違えをしてしまった模様です。
蛇足ですが、、、
ワタクシも、弁慶のラーメンは好きですよ。
おぎひま
2016/01/18 16:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
高級リゾート無人島、淡島(静岡県沼津市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる