放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 離島デビューは小豆島(香川県小豆島町、土庄町)

<<   作成日時 : 2015/02/09 14:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 2

我が家のマナムスメの離島デビューは2008年の小豆島。
まだ生後10か月の頃でした。
小豆島が離島? とお思いでしょうが、、
国交省から「離島振興法」の指定を受けた、レッキとした離島なんです。
もっとも、その指定を受けたのは2013年だそうですから、、
マナムスメの上陸時は、同法上の離島ぢゃ無かった事になっちゃいますね。。
画像

小豆島には、新岡山港からフェリーで渡りました。
両備フェリーというカイシャのソレですね。
1時間に1便の小さなフェリーで、、(↑の写真)
予約ナシでも、ゴールデンウィークに1便待ちで乗れたので、ヨシとしましょうか。
70分ほどの船旅、、、、
マナムスメも、それなりに堪能した模様です。(↓の写真)
ホントかしらん。。。
画像

さて、、、小豆島の見ものと言えば、、、
コレが、ギネスブックにも掲載された土渕海峡です。(↓の写真)
掲載された理由は、、、、
世界で一番狭い海峡としてなのです。
mかに狭い、、、、と言うか、川にしか見えない。。。
とにかく、、、コレを海峡と言い張るが為に、、、、
小豆島は1つの島では無く、2つの島に分かれていなければなりません。
この海峡を挟んで「前島」と「小豆島」に分断され、、、、、、
土庄町の繁華街や、フェリーが到着した土庄港は「前島」側に位置します。
従って、、、厳密に言えば、、、
我が家はフェリーで上陸したのは前島、、そして小豆島はクルマで上陸した事になりますね。。
画像

小豆島スカイラインを駆け上がり、、、
なかなか絶景です。島とは思えない山深さですよ。(↓の写真)
日本では19番目に大きな島だそうですから、
それなりに壮大ではないと困ります。
画像

ココが、有名な観光スポット「寒霞渓」です。(↓の写真)
日本三大渓谷の一つとの事ながら、、、あとの2つはスEゥしらん。。
とにかく、小豆島ではオヤクソクのスポットなんです。
赤ちゃん連れですから、クルマでバビューンと行くには便利ですよ。
画像

渓谷の景観を楽しむには、ロープウェイが便利です。(↓の写真)
テッペンから乗って、下に降りて、またテッペンに戻ってくる、、、
フツーとはアベコベみたいですけれど、コレでイイんです。
マナムスメも「ほう、これは見応えありますな!」
などと感激していました。
ウソです。
何も判っちゃいないと思われます。
画像

ロープウェイの駅の近くに、、このようなモノがありました。(↓の写真)
「渓谷 流しそうめん」、、、、
そうめんは小豆島の名産品ですから、島のアチコチで食べられましょうけれど、、、
も、もしかしたらココは、そうめんが渓流を流れてくるのですか?
ソレは凄い!! 凄すぎる!
と思ったら、、、、、、
画像

あらまぁ! カワイらしい!(↓の写真)
こういうマシーンは、ドンキホーテでも売ってますよ。
もちろん買いませんですけれど。。
結局、ヒルメシは山を降りてから、フォレスト酒蔵でカレーを食べました。
画像

そうめん屋さんの脇に、カニ型のイスがありまして、、、(↓の写真)
小豆島との縁は不明ながら、、ついつい写真を撮りたくなりますね。。
モデルを引き受けてくれたのはマナムスメ。
本人の承諾ナシに、勝手に座らせただけです。。。
画像

ズバババっと移動をかけ、、、、
ココは、岬の小学校。分校でしたっけ。。(↓の写真)
「二十四の瞳」の舞台となった場所でして、記念館のような形で保存されていました。
紙芝居を手にハシャぐ長男坊。。。
当時は、ピカピカの一年生です。
イニシエの小学校の姿に、興味津々といったところでしょうか。
画像

ソコからは、このようなバスも運行されていました。(↓の写真)
ただし、乗車可能な区間は数百メートルだけ。。
従ってキチンとした路線バスではなく、いわゆるイメージですね。
これには、カミさんと長男坊だけが乗車しました。
ワタクシとマナムスメはクルマで追走。。。仕方ありません。。
画像

マナムスメの初めての離島の旅は、こんなところです。
他に、小豆島内で立ち寄ったのは
余島
オリーブ温泉
醤油会社の佃煮ソフトクリーム
そんなところでしょうか。
この後はフェリーで四国に渡り、さぬきうどんの食いまくり。。。。
そのあたりは、いずれ機会がありましたら。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宗家 金比羅饂飩 狸屋(香川県琴平町)
とある御仁から、讃岐うどんを頂戴しました。 今や全国区とも言える讃岐うどんですが、、、、 ふむふむ、ご当地・香川産のソレですね。 ならば、きっとウマいでしょう。 などとココロに言い聞かせ、、、 さっそく作って食べてみました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/06 11:23
讃岐うどんと金刀比羅宮(香川県高松市・琴平町ほか)
2008年のGWは、家族で小豆島と、香川県のアチコチを巡りました。 アチコチってのは抽象的な言い方ですが、、、 要は、讃岐うどんを食べまくるのが目的だった訳ですね。 従って観光は2の次。。。 でも、食べてばかりぢゃ少々寂しいので、、、 こんぴらさんにも詣でてみた次第です。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/09 13:04
秋の富士山麓【2】「せんど蕎麦」と「カチカチ山」(山梨県鳴沢村・富士河口湖町)
足和田山(五湖台)から、富士五湖全てを眺める!! 事は出来ませんでしたが、、、、、 とにかくヒルメシを食べるべく、「道の駅なるさわ」に向かいました。 ソコは、かなり規模がデカい道の駅でして、、、 メシは食えるわ温泉はあるわ、、博物館(無料)まで揃ってるんです。 飢えて怒りまくってるマナムスメも、機嫌を直してくれる、、、 事でしょう。たぶん。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/11/05 10:26
お年玉年賀はがき当選! 2等ですが。。
お年玉年賀はがき、、、、2等が当選しました。 例年、「お年玉切手シート」が1つ2つ当たる程度の我が家。 ソレは50枚に1枚は当たりますから、確率どおりと言えばソレですね。 しかし、、、2等は1万枚に1枚! こいつぁ春から縁起がイイですって。 差出人は、、カミさんの高校時代の同級生でした。 ありがとね! ...続きを見る
放浪者の平日
2016/01/20 09:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
愛娘ちゃん可愛いですね。
でもいつか、口もきいてくれない日が。
いや、おぎひまさんなら大丈夫だと思いますよ😃
つよぼん
2015/02/09 19:48
つよぼんさん、コメントありがとうございます。

ド、ドキドキドキ!
マナムスメから相手にされなくなる、、、
ソレが何よりもキョーフです。。
とあるヒト曰く
「ムスメから嫌われるなんてイイほうさ。
ウチなんか、存在を否定されてるもん」
ああ、オソロシや。。
ぶるぶる。。。
おぎひま
2015/02/10 14:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
離島デビューは小豆島(香川県小豆島町、土庄町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる