放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 駆け足、隠岐諸島【11】島後3・壇鏡の滝とローソク島(島根県隠岐の島町)

<<   作成日時 : 2015/05/22 12:44   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

島後巡りの2日目。
隠岐最高峰の大満寺山を制覇した後は、、、やはりローソク島でしょう。
隠岐、、特に島後の観光案内には、必ず出てくるヤツですね。
海から突き出た島(と言うか岩)をローソクに見立て、、、
そのテッペンに夕日が重なると、
「わぁぁぁ! ローソクみたいぃ!」
などとヨロコべる仕組みのアレですよ。
ただし、ソレは船からしか見る事が出来ない光景なんです。
画像

もちろん、ソレを楽しむには夕方まで待つしかありません。
そこで、壇鏡の滝(だんぎょうのたき)を眺める事にしました。
日本の滝百選にも選ばれている、落差40mの滝なんです。
ソコに向かう道中、、、、、
人里離れた山の中に、なんと牛突き場がありました。
「佐山牛突き場」と言うそうです。
西郷のモーモードームは観客席つきの本格的な設備でしたが、、、
ココは、まるで隠れ道場ですよ。
だって、ひとっこ一人居ない山中なんですもの。
もしかしたら、虎の穴ならぬ「牛の穴」の秘密基地なのかもしれません。
画像

オドロオドロしい山道を走り続け、、、、
やっと、壇鏡の滝の入り口に到着しました。(↓の写真)
もちろん、この場所もオドロオドロしい山の中です。
画像

この滝は「雄滝」と「雌滝」の2本立てになっていまして、、、
向かって右側の、コチラが雌滝。(↓の写真)
水量が乏しく、、、よく見ないと滝に見えません。。
前日の未明から昼にかけて、島前では雨が降ったんですけどね。
画像

コチラが雄滝。やはり水量不足です。(↓の写真)
観光案内を見ると、もっと堂々たる容姿なのに。。
画像

滝にニジリ寄り、、、、
「シャワーみたい!」などとホザく長男坊。(↓の写真)
滝で、アタマを洗っているツモリなのでしょうけれど、、、
アフォです。悲しいほどにアフォです。
画像

雄滝は、いわゆる「裏見の滝」になっていまして、、、
滝の裏側に入り込めるんです。(↓の写真)
これでドバドバっと水量があったら、さぞや壮観だった事でしょう。
でも、、ヘタに雨に降られるよりはマシですよ。
画像

いよいよ、ローソク島に向かう事に。
ソコに向かう観光船が出航するのは、その日の天候などにより、「赤崎港」「福浦港」を使い分けています。
どちらになるかは、当日、観光協会から連絡が入る仕組みです。
したがって、予約は必須ですぞよ。
この日は福浦港との事でした。
島の西側にある、この港。かつては、島後を代表する港だったんですって。
今は、西郷港に地位を奪われていますが。。

その福浦と赤崎の間にあるのが、福浦トンネルです。(↓の写真)
今では内陸側に新しいトンネルが通じていますが、、、
1988年までは現役だった、手彫りのトンネルなんですって。
画像

これが、赤崎側からの入り口。(↓の写真)
重機の無い明治時代に掘られ、、、後に少しずつ拡張し、、
バスも通る事が出来たそうですよ。
マチガってもすれ違えません。。
画像

実は、この福浦トンネルよりも以前に掘られた、人道用の福浦トンネルもあるんです。
右側が新(?)福浦トンネル、そして左側の穴ぼこがソレです。(↓の写真)
画像

もちろん、コレも手彫り。
そして、なかなかミニです。(↓の写真)
ニンゲンさまが通れる最小限のサイズで彫ったのでしょうね。
画像

トンネルに繋がる道は、こんな感じの傾斜がある路面です。(↓の写真)
オロオロと歩いているのはカミさんですが、、
当時は、転落時もなどもあった事でしょう。
画像

この福浦トンネルは、今はクルマでの通行は出来ません。
ヘタに通って対向車でも来たらタイヘンんですよ。(↓の写真)
遊歩道になっていますので、歩いて楽しみましょう。
その際は、、、赤崎側(北側)から入る事をオススメします。
そのほうが、車両通行止め地点からトンネルまでの距離が、劇的に短いですから。
クルマでは無い方、そして歩くのがお好きな方は、その限りではありません。
画像

いよいよ、ローソク島への観光船の出航時刻になりました。
観光船と言っても、キッチリと漁船ですね。(↓の写真)
1隻10人くらいずつ分乗し、予約客の人数に従って複数の船で向かう仕組みです。
ちなみに、この日は2隻でした。
乗船時間は1時間ほど。ソコソコに揺れますのでご覚悟を!
画像

往路は、海岸線の珍岩奇岩を眺めながらのユッタリした航行です。(↓の写真)
あまり早く着いちゃったって、お日様を待つだけの結果になりますから。
画像

そうこうしているうちに、、、ローソク島が見えてきました!(↓の写真)
ワタクシは「ローソク岩」だとばかり思っていましたが、、「島」が正解。。
ただし、、キッチリと岩ですよ。。
テッペンまでの高さは20メートルほどだそうです。
画像

近づいてみると、、、やっぱり岩ですよね?(↓の写真)
でも、お役所的にも無人島に数えられるそうです。
あとは、日が暮れるのを待つばかり。。
季節によって日没時間は異なりますから、船の出航時刻も変わってきます。
お出かけの際はご注意を。
画像

いよいよ最初のワンショット!(↓の写真)
船はビミョーに前進・後退を繰り返し、太陽がピタっとテッペンに止まるよう操船してくれました。
船長さんの腕の見せ所ですよ。
まだまだ空が明るすぎて、ロウソクって感じでは無いですね。。。
画像

あれ? ローソク島から離れちゃった。。
と思ったら、、、
なるほど、他にも船がウヨウヨとしていますから、場所を譲った訳ですな。(↓の写真)
ピンポイントな場所は、1箇所しか無いでしょうから。
画像

「また後で来るから」
との事で、時間つぶし。
ややや! ソレに丁度イイ岩がありました。
中央に裂け目が入っている岩(島?)があり、、、そのスキマから漏れる光、、、(↓の写真)
なるほど、天岩戸の世界ですな。
もちろん、船長さんはソレを知ってて、ココに来たのでしょう。
画像

さらに日が暮れ、、、、ローソク岩に再チャレンジ!
おっと、、ゲリラ的に登場した小船、、、(↓の写真)
どこぞのクルーザーとニアミスを犯し、、
我らが船長さんから「あぶない!」などと叱られていました。。
キチンと、観光船で来ましょうよ。
画像

再び、ローソク島がローソク化してくれました!(↓の写真)
所詮は携帯のカメラですから、コレでベストショットという事にしてくださいな。。
それにしても、、、初めてのチャレンジで、コレを見れた事に感謝せねばなりません。
波が高くても、太陽が雲に隠れててもダメな訳ですから。
船長さんによれば、、
ローソク化した状態を見られる可能性は、三分の一だそうです。
画像

岐路は猛ダッシュで福浦港に戻り、、、オツカレサマでした。
福浦港では、すでに太陽は山陰に沈んでいましたが、、
場所を変えれば、海に沈む夕日も拝めそうなタイミングですよ。
取り急ぎ、福浦トンネルの赤崎側に向かってみました。
ソレが、このショット!(↓の写真)
夕日は水平線ギリギリのところで雲に隠れてしまったものの、、、
これも上出来の部類でしょうか。。
やったぁ! と思ったら、、、
アッ!! 船が映りこんでる!!
こ、これも風情ですよ。。トホホホ。。
画像

【その10】島後2・隠岐最高峰、大満寺山に戻る
【その12】島後4・民宿浜田屋と隠岐温泉GOKA

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
駆け足、隠岐諸島【最終回】島後6・シメのメシは「味乃蔵」(島根県隠岐の島町)
4泊5日の隠岐旅行も佳境の最終日に入り、、、 残された予定はヒルメシだけ。。。 13:20分発の本土(七類港)行き高速船「レインポージェット」が待っています。 ならば、、、西郷の街で、、、 なるべくイイものを食べようぢゃないですか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/05/26 06:23
駆け足、隠岐諸島【12】島後4・民宿浜田屋と隠岐温泉GOKA(島根県隠岐の島町)
4泊5日の駆け足で、島前・島後4島を巡る旅。。 後半の島後での2泊は、島の北部の中村集落に宿をとりました。 島後の玄関口である西郷港からは離れているものの、、、 アチコチを見て周る拠点としては便利でしたから。 料理自慢の釣宿との事で、、、ああ楽しみ楽しみ。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/06/03 05:58
松川渓谷「雷滝」、、、最強クラスの裏見の滝です(長野県高山村)
山田牧場への道すがらに、この滝はありました。 落ちる水を裏側から見れる滝、、、いわゆる裏見の滝ですね。 この種の滝は、全国で10数箇所ほどリストアップされているようですが、、 滝の水量では、コチラはチャンピオン級に思えます。 もちろん、我が家も立ち寄ってみましたですとも。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/25 05:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駆け足、隠岐諸島【11】島後3・壇鏡の滝とローソク島(島根県隠岐の島町)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる