放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 駆け足、隠岐諸島【最終回】島後6・シメのメシは「味乃蔵」(島根県隠岐の島町)

<<   作成日時 : 2015/05/26 06:23   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

4泊5日の隠岐旅行も佳境の最終日に入り、、、
残された予定はヒルメシだけ。。。
13:20分発の本土(七類港)行き高速船「レインポージェット」が待っています。
ならば、、、西郷の街で、、、
なるべくイイものを食べようぢゃないですか。
画像

向かったのは、港から徒歩5分ほどの「味乃蔵」という店。(↑の写真)
タダで貰った隠岐の観光パンフに紹介されていて、、、
カミさんがチカラ一杯にチェックしていた店です。(↓の写真)
「海鮮丼」、、、コレですよ、コレ!
1980円?
この際だからフンパツしちゃいますとも。
画像

店は激しく混んでいまして、、、、
乗船する船の時刻を告げると
「時間の掛かるものだと、その時刻は保障できません」との事。
如何なるメニューがヤバいのかを聞けば、揚げ物類だそうです。
いいのよいいのよ。揚げ物なんて。
だって、我が家が食べたいものは、海鮮丼ですもの。ウフフ。
って、、、
メニューにソレが無いぢゃないですか!!(↓の写真)
「味乃蔵丼」ってヤツがあり、たぶんコレがソレでしょうか。
値段も同額ですし。
画像

で、コレがアリツけた味乃蔵丼。(↓の写真)
おおっ! 観光パンフの海鮮丼、そのまんまですよ。
良かった良かった。
隠岐滞在中にタラフク頂戴した海の幸をも思い出しつつ、、、
キッチリと、その記憶をイブクロに刻み込もうぢゃないですか。
もちろん、ルービと共にですよ。レンタカーも返しちゃいましたし。
ああ、ゴクラクゴクラク。
画像

長男坊は「ネギトロ丼」1080円也。(↓の写真)
そう言えば、隠岐ではマグロには殆どアリツケなかったですもんね。
コイツはソレを追求したのかしらん。
もしや、皆して海鮮丼では高いと思って遠慮した?
だ、だとしたら申し訳なかったです。。。
イイ子だぞぉ!!
画像

マナムスメは、「いくら丼」1680円。(↓の写真)
コレは、自らの欲望のオモムくままに、何も考えず選んだに違いありません。
隠岐と言えば、アワビ、サザエ、イカでしょうに。
小学生にして、痛風になりますぞよ。。
画像

これで、島前3島(中ノ島、西ノ島、知夫里島)、島後1島(島後)の旅はオシマイです。
乗った高速船は西ノ島(別府港)経由。(↓の写真)
なので、再び全ての島にゴアイサツする事が出来ました。
かなりの駆け足でしたから、再訪を誓わずにいられないところですが、、、
次回も、全ての島に寄りたいキモチになってきて、、、
結局、イソガシくなりそうですね。。
画像

米子空港で鬼太郎に見送られ、、、、(↓の写真)
画像

さようなら、隠岐! また逢える日まで!
画像 画像

【オマケ】
隠岐で、カミさんが選んだオミヤゲがコレです。(↓の写真)
「隠岐土産 隠岐の旅物語」というお菓子ですね。
隠岐の観光スポットをちりばめた包装紙を見ると、、、、
「玉若酢命神社」「明暗の岩屋」「赤尾展望台」「ローソク島」の姿が、
歪んだ写真やヘタウマな絵で描かれていました。
あのぉ、こういうヤツって、、チョコチョコっと品名や絵柄を変えて、
全国の観光地で買えちゃうシロモノだったりしませんか?
画像

いえいえ、そんな事はなさそうですよ。
「有限会社 海士物産」とあり、島前・中ノ島のカイシャですもの。
中身は、ミニサイズの栗饅頭ってな感じでした。
記載された原材料と隠岐との関連性は見当たらないものの、、、
饅頭に、強引にサザエやアワビを入れられたって困りましょう。。。
ま、まあ、コレはコレでウマかったという事で。。。
画像

【その1】隠岐島の地形・船旅編に戻る
【その13】島後5・あごなし地蔵と都万の船小屋(島根県隠岐の島町)に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆっくりと読ませて頂きました!
知り合いが壱岐の島々のPR動画?を撮る為に訪れた時の話を聞いていましたが、厳かな場所が多くて神秘的な所だと聞いていました。
やはり、それに違わぬ場所だった様ですね。
息切れしそうな島々めぐりでしたが、とても充実した日々であったのでしょうね。羨ましいです^^
自然、文化、歴史とお子様も良い勉強になったと思います。都会に住んでると心が荒んで(笑)きますから、私もこういった場所へ足を運んでみたいと思います^^
怪我、病気無く無事に御帰宅出来て良かったです^^
まー
2015/05/26 08:50
隠岐の島巡りの旅
全部読ませていただきました
羨ましいの一言でゴザイマス

まるで竜宮城に行かれたかのような魚料理の数々

羨ましい限りです

また、隠岐の島と言えば、幼なじみの腐れ縁(保育園から高校まで一緒だけど大学の学部は違う)で結ばれ、我が家の女帝兼稼ぎ頭でもある奥様がB'Zのコンサートに行った聖地でございます
たこ焼き器は一家に一台な国
2015/05/26 19:37
はじめまして、さんま丸と申します。
いつも、楽しく、ブログを拝見しています!!
このたび、マイルや子連れ旅行のブログを作りました。
まだ、新米でデザインや文章も駄目だめですが。

もしよろしければ、相互リンク(もしくは記事でのご紹介)をお願いしたいのですが
いかがでしょうか。ご検討お願いいたします。
http://travelerandmiler.blog.fc2.com/
念のため、相互リンク用のURLもお知らせくださいね。

さんま丸
さんま丸
2015/05/26 20:10
まーさん、コメントありがとうございます。

まさに、お知り合いが感じられた通り、
なんともオゴソカな地でありました。
日程は忙しいわ、、、何だかんだでカネはかかるわ、、
そんな旅ではありましたが、、
コドモ達の人生の、何らかのヒントになればと思う次第です。
夏に向けて、荒んだ日常を頑張ります!
おぎひま
2015/05/27 12:36
たこ焼き器は一家に一台な国さん、コメントありがとうございます。

そうですか、オクサマの聖地でありましたか!
一昨年ですよね?
ちなみに、、、
我が家も、女帝兼稼ぎ頭が支配しています。。

おぎひま
2015/05/27 12:43
さんま丸さん、コメントありがとうございます。

なるほど、カシコく旅費を捻出ですか。
我が家も見習わねばなりませんね。。
リンクの件、承知しました。
コチラへのリンクは、トップベージ
http://ogihima.at.webry.info/
コチラでお願いいたします。
おぎひま
2015/05/27 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
駆け足、隠岐諸島【最終回】島後6・シメのメシは「味乃蔵」(島根県隠岐の島町)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる