放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の滝百選「米子大瀑布」【1】不動滝と権現滝(長野県須坂市)

<<   作成日時 : 2015/07/25 06:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

今から34万年前の大噴火で山頂がブッ飛び、、、
直径3kmほどのカルデラ(凹み)を形成した火山がありました。
その際に形成された外輪山が四阿山根子岳なのだそうです。
外輪山からカルデラ内に落ち込む崖には大きな滝が出現し、、、
ソレが、日本の滝百選にも名を連ねる米子大瀑布です。
菅平のキャンプ場から、ソコに向かってみました。
画像

菅平からですと、、、
根子岳の北側を乗り越えてカルデラ内に入れば、米子大瀑布に到着できます。
菅平牧場と大瀑布との直線距離で4km程度でしょうか。
ただし、歩いて行けば片道3時間ほど。山道ですから。。
特に外輪山の壁を登る岐路は、かなりタイヘンな事になりそうです。。
なので、、、
我が家はクルマで須坂市内まで降り、、、
ソコからクルマで登り直して、米子大瀑布駐車場から歩く事に。
それならば、、2〜3時間で滝めぐりが出来ましょう。。
画像

市街から駐車場までは、山道を15kmほど走ります。。
ずいぶん山深い道で、、サルの姿も見かけました。(↑の写真)
いつのまにかカルデラ内に入り込んだらしく、、、
(このカルデラは、北側だけが口を開いているんです)
次第に周囲が崖に囲まれてきましたよ。(↓の写真)
画像

やっと駐車場につきました。やれやれ。。(↓の写真)
オール舗装ながら、すれ違い不可能な箇所も多々ある道です。
その為、紅葉シーズンの土日祝は一般車は通行止めになりますのでご注意を。
該当する日は「湯っ蔵んど」からシャトルバス(有料)に乗らねばなりません。
なお、バイクであれば通行可能との事ですよ。
画像

駐車場のハジッコには売店があり、、、(↓の写真)
その名も「滝の駅」とあり、、、なんだかムリヤリな感がありますね。
おやき、菓子類、飲み物類などを売ってますが、本格的にハラを満たすモノはありません。
弁当類は、市街地で買ってきてくださいませ。
画像

登山口の入り口に、デカデカと掲げられた「熊出没注意」のカンバン。。(↓の写真)
これはキンチョーしますよ。。
しかし、、「滝の駅」のオバちゃん曰く、、、
「あたしゃ10年もココにいるけど、熊なんか見た事も無い」
などと言い切っていました。
オバチャンによれば、、、
・ 里の森は手入れが為されているから、木の実も豊富。
・ コッチはホッタラカシの森なので、木の実は貧弱。
・ なので、熊は人里のほうに降りてしまう。
との事で、、、なかなかムツカシいのですね。。
画像

登山口の脇には、レンタルの杖が用意されていました。(↓の写真)
キチンとした杖ではなく、、、そこいらへんから拾ってきた感じの枝、、、
そして、スキーのストックが各種。。。
お好きなヤツをお使いくださいなってなところでしょう。
もちろん無料です。
画像

登山開始は10:35分。
さっそく、真新しい橋が登場しました。(↓の写真)
コレが出来る前は沢渡りが必要だったんでしょうね。。
最初の目標、不動滝まで800mだそうです。
ガンバリましょう。
画像

登山道脇に設けられた熊鈴。。(↓の写真)
コレが、全行程で4〜5箇所ほど設けられていたんです。
場所が固定されちゃってるので、実際に熊を追い払う目的と言うよりも、、、
登り坂で疲れたカラダを癒すモニュメントみたいな感じでしょうか。
登山道を行きかう人々は、ほぼ全員がコレを鳴らしていましたよ。
画像

足場パイプで作られた橋、、、、なかなか涼しげでイイですね。。(↓の写真)
同様に、足場パイプの階段もアチコチに設えられていました。
ちょっと武骨ではありますが、、
おかげさまで、キケンな箇所は殆どありません。
画像

急坂を登り詰めると、、、突如、家が出現!
これは滝山館という旅館だそうですが、営業休止中みたいです。 
ココに泊まるには山道を30分近く歩く訳で、、、
なかなかタイヘンな旅館ですよ。
そもそも、建てるのもタイヘンだったでしょうね。
とにかく、、、ココまで来れば、不動滝まで残り僅かですぞよ。(↓の写真)
【時刻は11:01。登山口より26分経過】
画像

ソコから少しばかり登り、、、
不動滝に到着!!(↓の写真)
「米子大瀑布」とは、この不動滝と権現滝、さらに小さな滝を合わせた総称で、、
エース格のコチラ不動滝の落差は85m、、、
直瀑(イッキにドォン式の滝)ですから、かなり壮観です。
【時刻は11:06。滝山館から5分】
画像

なぜか、濡れたワラジが2セットほど置かれていまして、、(↓の写真)
これは、如何なる用途でココに?
よく判りません。
まさか、飛び降り自殺?
んな訳はないでしょうけれど、、、シュールです。
画像

不動滝の右側にある、黒っぽい岩、、、、
コレは「黒滝」という滝です。(↓の写真)
落差は90mありまして、、、米子大瀑布の中では1番の落差です。
しかし、めったに水が流れない為、「幻の滝」とも呼ばれています。。
前日が雨だった為か、チョロチョロっと水が落ちているのを目撃できました。
ラッキィ!!
【不動滝出発:11:13】
画像

サササっと横移動し、、アッというまに権現滝に到着。(↓の写真)
コチラの落差は75m。
やはり直瀑で、これまたリッパですよ。
これで、米子大瀑布のメインの2つの滝を見た事になりますが、、、、
1つ1つを別々に見ただけで帰っては勿体無い!
2つがセットで大瀑布なんですから。
【時刻は11:18。不動滝より5分】
画像

足場階段でイッキに斜面を急降下し、、、
川を渡ると、パァァァァァっと視界が開けました。(↓の写真)
ダラダラとした坂をエッチラオッチラ登れば、、、
ソコにゴホービが待っているんです。
画像

ゴホービとは、、、、「米子大瀑布」の標柱です。
もちろん、標柱自体がエラい訳では無いですよ。
ココで後ろを振り返ってみれば、、、、
ややややや! 居並ぶ2つの滝!!(↓の写真)
まさにコレが、大瀑布の全景!
マナムスメが指しているのが不動滝、、、
長男坊のソレが権現滝になります。
ううむ。華厳の滝と那智の滝を2つ並べちゃったような迫力ですねぇ。。。
もちろん、1つ1つぢゃ見劣りしましょうが、、、
コンビネーションで醸し出す壮観さでは負けていませんですよ。
須坂市発行の周辺地図には「記念写真ポイント」などと明記されていまして、、
大いに納得。アッパレな景観です。

米子大瀑布周辺地図(須坂市公式サイトより)
売店(滝の駅)でも配布しています。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/enjoy/kankou/yonako/PDF/syuhenmap.pdf

引き続き、、、なんとも奇妙なネーミング、、、
その名もズバリ、「奇妙滝」を目指しましょうか。
【時刻は11:32。権現滝より14分】
画像

【コースタイムまとめ】
登山口→(26分)→滝山館→(5分)不動滝→(5分)→権現滝→(14分)→米子大瀑布標柱

渋沢温泉、菅平ファミリーオートキャンプ場に戻る
米子大瀑布【2】に進む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の滝百選「米子大瀑布」【2】米子鉱山跡と奇妙滝(長野県須坂市)
日本百名山・四阿山を水源とし、その内壁から豪快に落ちる滝・米子大瀑布。 自らも「日本の滝百選」に属するのですから、、、 意味不明に、ダブルでアリガタいですね。 大瀑布を構成する不動滝、権現滝に接近した後は、、、 次なる滝・奇妙滝を目指しました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/26 09:53
「関谷温泉 湯っ蔵んど」と菅平3人娘(長野県須坂市、上田市)
家族で米子大瀑布を探索した後、、、 汗を流す為には温泉が必須。 須坂市内にある「関谷温泉 湯っ蔵んど」に向かいました。 県内では最大級の規模を誇る、立ち寄り温泉センターなのです。 そのネーミングは、、蔵の街・須坂をアピールするダジャレですね。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/07/27 10:34
マナムスメの夏休み日記2015
2ねんせいのなつやすみも、もうおわりです。 りょこうもいったし、しゅくだいもやったし、、、 がっこうがはじまって、クラスのオトモダチとあうのがたのしみです。 どんななつやすみだったか、、、おしえちゃいますね。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/08/25 05:54
松川渓谷「雷滝」、、、最強クラスの裏見の滝です(長野県高山村)
山田牧場への道すがらに、この滝はありました。 落ちる水を裏側から見れる滝、、、いわゆる裏見の滝ですね。 この種の滝は、全国で10数箇所ほどリストアップされているようですが、、 滝の水量では、コチラはチャンピオン級に思えます。 もちろん、我が家も立ち寄ってみましたですとも。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/25 05:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の滝百選「米子大瀑布」【1】不動滝と権現滝(長野県須坂市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる