放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥尻島2015夏【5】旧滑走路でGメンごっこ(奥尻空港・北海道奥尻町)

<<   作成日時 : 2015/08/16 09:52   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

我が家はフェリーで奥尻島に上陸しましたが、、、
函館から、飛行機でも来れるんです。
北海道エアシステムというJAL系の会社の便でして、、、
1日1便だけの運行ですが、、、、
奥尻空港は、なかなかリッパなタタズマイでした。(↓の写真)
2006年に、ターミナルも滑走路も新調したばかりなんですって。
画像

観光マップ(無料)を見たところ、、、
それ以前のターミナルや滑走路が、ひそかに残っているんです。
な、ならば、様子を見に行こうぢゃないですか!
ってな事で、、、
まずはコレが、旧ターミナル。(↓の写真)
新ターミナルの東寄りに、ひそかに残存していました。
草生しまくっていて、、廃墟感がアリアリですよ!
画像

これが、旧奥尻空港の航空写真です。(↓の写真)
稲穂地区の「歴史民俗資料展示室」に展示されていました。
滑走路は800mほどで、、、
ソレを、倍近くの1500mに拡張した訳ですね。
画像

観光マップ(無料)の、新奥尻空港がコチラ。(↓の写真)
写真を拡大して、右下あたりを見てくださいな。
黒い点線で示されているのが、旧滑走路。
見事に上書きされちゃった感じですね。
旧滑走路は新滑走路によって分断されていまして、、、
ココでは、「旧・東側」「旧・西側」と表記いたします。
画像

どちらの旧滑走路にも、何ら規制もなく立ち入る事が出来ました。
「旧・西側」の西側先端を目指し、、ヒコーキのポーズで走り出す二人たち。。(↓の写真)
コドモ達は、意味不明に元気です。
と言うか、、、何気にアフォです。
画像

おいおい、滑走路は並んで歩かねばダメだ!
それこそ、Gメン75のオープニングの真髄!!
オトォチャンの指示に従い、、、歩いて戻ってくる二人たち。(↓の写真)
間違いなく、その意味は判ってないと思われます。
オトォチャンもアフォですね。。
しかし、、たった二人では迫力不足で、、、、
まったくGメンのソレには見えません。ぐすん。
画像

「旧・西側」の東端がコチラ。(↓の写真)
一段高く造られた新滑走路に、斜めに踏み潰されている部分です。
そこへ、、、、プロペラの爆音が・・・・
画像

おおっ! 飛行機が着陸してきました。(↓の写真)
たった1日1便の運行ですから、なんちゅうタイミングの良さでしょう!
これも、日頃の行いの良さでしょうか。
ウソです。コチラが時間を合わせたんです。。。
画像

「旧・東側」に移動してみました。
ソレの東側の先端を見たのが、コチラになります。(↓の写真)
中央にポツンと立っているのは、新滑走路の進入灯です。
と言う事は、、、
新滑走路を飛び立つ飛行機は、まさにココの頭上を通過する事になりましょう。
画像

「旧・東側」の西端、、、新滑走路に踏み潰された部分がコレです。(↓の写真)
コチラからですと、新旧滑走路がほぼ重なって見えますね。
例によって、ヒコーキのポーズで走り出す二人たち。。
Gメン75歩きは、お気に召さなかった模様です。。
画像

ややややや、、、、また爆音が。。。
先ほどの飛行機が、コチラを目指して離陸してきました。(↓の写真)
なんたる偶然! って、、白々しいですね。。
しかし、、反対側ではなく、よくぞコチラ側から離陸してくれました。
画像

キャー! 怖い!
飛行機が、ズンズンとコチラに向かってくるんですよ!(↓の写真)
お願い! 撃たないで!!
不法侵入ぢゃ無いんだから! イタイケな家族なんだから! 
画像

飛行機は、まさに頭上を通過していきました。(↓の写真)
スゥエーデン製の、SAAB340Bという機体だそうです。
サーブって、、、クルマのメーカーなのですね。。
乗員乗客込みで、最大40人乗りだそうですから、、、
我が家が大東島に上陸した際に乗ったデハビラント機と同じくらいのサイズでしょうか。
調布から三宅島に飛んだドルニエDo228よりは、倍くらいありましょう。
画像

空港を後にし、、、、
再び、島を時計回りに進む事にしました。
青苗から先は西海岸。真正日本海側ですから、珍岩奇岩のオンパレードです。
コレは、無縁島。(↓の写真)
周囲500mほどの無人島です。
昔々、、、
島のムスメと旅の僧侶との、イロコイ沙汰の悲しい伝説があるそうです。
画像

これは、ホヤ石。(↓の写真)
そのまんま、ホヤ石岬という岬でもあります。
高さは25mで、ホヤに似ているとの事からの命名だそうです。
ところで、、ホヤって、どんな形をしていましたっけ。。
画像

その岬のすぐ近くに流れるのが、「ホヤ石川」。(↓の写真)
すさまじい大渓谷を為していまして、、、
上流には、落差19mの「ホヤ石の滝」というのがあるそうです。
そこには水力発電所もありました。
「ホヤ石川発電所」と言うんですって。
テッテーテキにホヤの世界です。
画像

次に現れたのが、「モッ立岩」。(↓の写真)
これも、夫婦の悲しい運命の云われがあるそうですが、、、
内容が内容なだけに、、、、
看板もガイドブックも観光サイトも、いずれも言葉を選びまくっているんです。。
要は、、ちょっとエッチな内容なのですよ。。
ここではズバリ言いますと、、、
先立たれてしまった夫のチンチンに似ていると、残された妻がトキメいちゃう話なんですって。。
画像

アツ! アッ! アッ!
ヨメイリ前のムスメが、そんな事をしてはイケません!
もっとも、、、
マナムスメ本人は、全く意味が判っちゃいなくて、、、、
アフォなオトォチャンにポーズを指示されただけですよ。。

ちなみに、、、
トキメいた妻が、この岩に名前を付ける際、、
そのままズバリのネーミングではコッパズカシいので、、
頭の1文字を抜いて「モッ立岩」にしたとありました。
しかし、「〇もったて」って、聞いた事が無いですよ。
方言なのかもしれませんが、、果たして〇に入る文字は何なのやら。
もちろん、看板やガイドブックに正解は記されていません。
この地域なりに、そのままズバリの言葉は書けないんでしょうね。
画像

例によって、この島の最高峰を目指してみたくなりまして、、、
調べてみたら、神威山(584m)がソレにあたるそうです。
ただし、ガイドブックなどには登山ルートなどが全く触れられておらず、、
それらしき所に、クルマで向かってみました。
近付くにつれ、少々物々しい雰囲気に。。。(↓の写真)
画像

やややや、「航空自衛隊専用道路」なる看板が!(↓の写真)
進入は、基地司令の許可が必要との文言もあります。
山頂付近は、自衛隊のレーダーサイトがあるんですって。
ゲートなどによって閉鎖はされていないものの、、、
北の国の島でタイホされるのは本望ではありません。
ここは、、スナオに立ち去る事にいたしました。
無念。。。
画像

そんな事にはヘコタレず、、、
奥尻の旅は続くのでした。。

【その4】津波の痕跡に戻る
【その6】民宿 清運丸に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
震災後の浦戸諸島【3】離島の田園風景、、寒風沢島1(宮城県塩釜市)
朴島から、市営の渡船(無料!)で渡ってきたのがコチラ。 浦戸諸島では最大の島、寒風沢(さぶさわ)島です。 最大と言っても、周囲13kmほどの島ですが。。。 レンタカーやレンタサイクルなどのタグイは一切無く、、 親に貰った2本の足で、さっそく探索しようぢゃないですか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/10/03 09:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
奥尻空港は行ったのですが、旧奥尻空港まで写真を撮るとはいいですね。
かねごん
2015/08/22 19:28
かねごんさん、コメントありがとうございます。

旧空港の存在は、事前には知りませんでした。。
観光マップ(無料)のおかげです!
おぎひま
2015/08/23 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥尻島2015夏【5】旧滑走路でGメンごっこ(奥尻空港・北海道奥尻町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる