放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥尻島2015夏【最終回】瀬棚から函館へ。おしゃまんべ経由(北海道せたな町、ほか)

<<   作成日時 : 2015/08/24 10:15   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 2

うにまる君や観光協会の皆様に見送られ、、、(↓の写真)
遂に、奥尻島とお別れです。。
我らを乗せたフェリー「アヴローラおくしり」が目指すのは、瀬棚港。
なぜ、江差行きではなくコチラを選んだのかですって?
それは、、、
(北海道の)本土側で、もう1つのオタノシミが待っているからです。
画像

出航すれば、さっそくヒルメシ。(↓の写真)
この船にはレストランは無く、、、
売店でも、ハラの足しになるモノは売ってません。
従って、あらかじめ島で唯一のコンビニで買っておいた、オニギリがメニューなんです。
奥尻島のセイコーマート、、、最後までお世話になりました。
画像

遠ざかる奥尻島。。(↓の写真)
マナムスメが、ポツリとコボしました。
「なめこちゃん、、どうしてるかなぁ。。」
賽の河原に残してきた、放浪中のヌイグルミの事ですね。
きっと今ごろは、次の旅の支度でもしているよ。
画像

ほどなく、カモメ達が集まってきました。(↓の写真)
今やアチコチの船で有名になった、カッパエビセン争奪戦ですな。
カモメがササっと寄って来て、ニンゲンさまの手から直接ソレを食べるんですよ。
かなり昔、、岩手県・宮古の浄土が浜観光船で始まり、、
当時は「全国でココ(浄土が浜遊覧船)だけ!」なんてフレコミだったのを覚えています。
後に、カモメもカシコくなったのか、、、
あるいは、カモメなりのネットワークで広まったのか、、、
知床の遊覧船など、いたる場所で見かける光景となりましたっけ。。
画像

果たして、、奥尻のカモメは、、、
ダメですねぇ。。。どうにも勇気が出し切れていません。(↓の写真)
投げてやると争うように食べるクセに、、
ニンゲンの手から直接食べるカモメはいませんでした。
エビセンに激しく接近するも、、、
「た、頼む! はやく投げてくれい!」
なんて言いたげに、カモメ独特のニヒルな目つきでコチラを見つめるばかり。。
ここでド根性を出せば、、、1人勝ちになれるのに。。
画像

ヘタレのカモメの姿が消えてから程なく、、、
フェリーは瀬棚港に到着しました。
エラく久々に、瀬棚のシンボル「三本杉岩」を拝もうかと海沿いに進むと、、、
なんだかフシギなタコのモニュメントがありました。(↓の写真)
このすぐ近くに三本杉岩があるハズです。
画像

ありました! コレが三本杉岩! (↓の写真)
高さが30mほどの岩でして、まさに3本の杉に見え、、、ますでしょうか。。
3本のうち、1本だけが少々離れているのですね。。
まあ、世の中、、3人集まれば派閥が出来ると言いますから。。
画像

三本杉岩の前の海は「三本杉海水浴場」です。
せっかくですので、ちょこっとココで水遊びを。(↓の写真)
奥尻では海水浴のチャンスがありませんでしたし。
ココは、環境省が定める海水浴場の水質最高ランクの「AA」だそうで、、
そのランクの海水浴場は全国で19か所しか無いそうです。
うち3か所が、せたな町にあるそうで、、、大したモノですよ。

文頭の「もう1つのオタノシミ」ってのはココかですって?
いえいえ、違います。
画像

国道230号を東進し、、太平洋側へ向かう途中、、、
ちょっと気になる看板が目に入りました。
「ハカイマップ橋」、、上ハカイマップ川を渡る橋です。(↓の写真)
何が気になるって、、、、その名前ですよ。
「破壊MAP」って、なんかスゴくないですか?
それだけの事なんですけどね。。
画像

コチラも、名前に釣られて立ち寄ったんです。
ピリカ湖、、、いかにも北海道っぽくて嬉しくなるのはワタクシだけでしょうか。(↓の写真)
ダム湖でして、、、ダムの名前は、ピリカの部分が漢字表記で「美利河ダム」。
このダムは横幅がメチャクチャ長いんですよ。
1,480mもあり、、河川を堰き止めるダムとしては日本一の長さなのだとか。
「もう1つのオタノシミ」ってのはココかですって?
ち、違います。ココは通りがかっただけです。
画像

さらに東進し、、、長万部の街に着きました、
長万部(おしゃまんべ)、、、これまた、なんともステキな名前ですね。
駅前で、思わず記念撮影ですよ。(↓の写真)
名前の由来は、、アイヌ語の「オ・シャマンベ」(ヒラメのいる所)だそうです。
画像

駅前に居たユルキャラは「まんべくん」。。(↓の写真)
長万部町の名産品、、カニ、ホタテ、アヤメを取り入れたデザインなんですって。
カニと言うよりもエビっぽいですよ。
このまんべくん、、、自治体の公式キャラのクセに、すんごい毒舌なのだとか。
お、お会いしてみたい。。
画像

おしゃまんべ、、、仮名で書くと、余計に親しみが湧きますね。(↓の写真)
まさに「好きです!」ってな感じですよ。
画像

駅の近くに、ライダーハウスがありました。(↓の写真)
1980年代に発祥したソレは、旅のライダーを安価、もしくはタダで寝泊りさせてくれるボランティアみたいなモノでした。
食堂が「ウチでゴハンを食べるなら、裏の倉庫で寝てイイよ」みたいな感じです。
男女雑魚寝、フトン無しがアタリマエで、、テントだったりするのもありましたね。
やがて、簡易旅館的な専業のモノも相次いで登場したりもしました。
「ライダーハウスたけちゃん」とあるコチラを営んでいるのは、銭湯ですよ。
北海道をバイクで旅するワカモノが激減している昨今、、、、
今のライダーハウスの現状が、どのような感じなのかは判りません。

で、、、
「もう1つのオタノシミ」ってのは、まさか長万部かですって?
ド、ドキッ!!
で、でも、、、地名に釣られただけでは無いですよ。
この日の晩に泊まる、長万部町内の二股ラジウム温泉が目当てなんです。。
ワイルドな混浴露天風呂がウリの温泉でして、、、
その詳細は、コチラをご覧くださいな。
画像

長万部で一夜を過ごした翌日、、、
いよいよ、旅の最終日を迎えました。
函館への帰路、、立ち寄ったのが新函館北斗駅です。(↓の写真)
来年3月の北海道新幹線の(函館までの)開業に備え、駅前のスペースを急ピッチで整備中、、、
そんな感じでしょうか。
画像

ココは、従来の函館本線「渡島大野駅」。
ソレを上書きする形で、新幹線の駅を設けた形ですね。
正式には、まだ現役の渡島大野駅でして、、
新函館北斗駅なる名称の駅は、開業の日までは存在しない訳ですが。
裏に回り、在来線のホーム側から見た駅は、こんな感じです。(↓の写真)
画像

現状では、上下合わせて20本足らずの鈍行列車しか停まらない無人駅ながら、、
新幹線開業後は、新幹線から札幌方面への特急に乗り換えるターミナル駅に出世する訳ですね。
従って、ホームもバッチリと近代化・長大化されていました。(↓の写真)
画像

旧駅の、打ち捨てられた引込み線にタタズむ長男坊。。(↓の写真)
この線路も、おいおい撤去される運命でしょうか。。
画像

当初、この駅は「新函館」なる名称となる予定だったそうです。
しかし、駅の所在地である北斗市が「北斗駅」にせよと抗議し、、、
双方の議会が全面対決。。
「函館北斗」「北斗函館」なる妥協案も飛び交い、、、
結局、JR北海道に一任、、、北海道知事の強い意向もあり、、
「新函館北斗駅」に決定したのだとか。
結果として双方の市名を並べるのであれば、「新」は不要なような気もしますが。。

そんなゴタゴタなど我関せずといった感じで、草を食む2頭の馬。。(↓の写真)
駅前で馬が放牧されている新幹線の駅って、もしかしたら全国でココだけでしょうか。
画像

函館でレンタカーを返し、、そして空港に向かえば、、、
AirDoのB767が、我が家を東京に強制連行してくれるそうです。(↓の写真)
トホホホ。。
画像

久々の北海道もコレで終わり。。
ああ、、、次は、いつ来れますのやら。
いつの日か、バイクで来たいですね。
ライダーハウスなんかも活用しちゃいましょう。
でも、、その際、二人たちはどうしましょうか。(↓の写真)
荷物満載で2ケツ(二人乗り)2台ってのはキビシそうなので、、、
とっとと原チャリ免許でもとって、、、
モンキーとゴリラで後ろから着いて来なさい。
そんな光景も、なんだか楽しそうではあります。
画像

【その11】勾玉作りとマボロシのスキー場に戻る
【その1】函館から江差へに戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二股ラヂウム温泉、、マッパで泳ごう混浴露天(北海道長万部町)
我が家の夏の旅行は奥尻島でした。 (北海道の)本土への再上陸後、もう一つのオタノシミとして、、、 コチラ二股ラジウム温泉に立ち寄ったんです。 湯治場での宿泊ですから、、、 とにかく、思いっきり温泉を楽しむ計画ですよ。 混浴露天風呂も満喫しましょうぞ。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/08/27 08:25
青函トンネル、その裏側(青森県東津軽郡外ヶ浜町)
遂に、北海道新幹線が開業しましたね。 昨年の夏に訪問した渡島大野駅も新函館北斗駅に生まれ変わり、、 さぞやニギワっている事でしょう。 当時は、駅前で馬が放牧されたりしてましたが。。 新幹線開業のカギとなったのは、もちろん青函トンネルでしょうね。 そのトンネルの裏側に我が家が潜入したのは、2009年の夏でした。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/03/31 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとに、ハラの足しになるものはないですよね。だから、カモメ用の50円えびせんをひたすら食べました。新幹線の駅を見に行くというのは貴重な体験ですね。
かねごん
2015/08/24 15:04
かねごんさん、コメントありがとうございます。

我が家も、売店ではソレを買ったのみです。
やっぱり、セイコーマートさまさまですよね。
現在の渡島大野駅は、日本最大の無人駅です。。
おぎひま
2015/08/25 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥尻島2015夏【最終回】瀬棚から函館へ。おしゃまんべ経由(北海道せたな町、ほか)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる