放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋・会津【1】「塔のへつり」で身もへつる(福島県下郷町)

<<   作成日時 : 2015/09/24 09:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 2

シルバーウイークは、、、会津からスタートです。
この界隈はアチコチ出向きましたが、、、
なぜか未訪だった「塔のへつり」に初めて立ち寄る事にしました。
大川に削り取られた珍岩奇岩が並ぶ渓谷で、、
国の天然記念物に指定されているそうです。
関西弁の「へつる」とは、関係が有るような無いような。。
画像

塔のへつりの入り口付近にあったのが、その名もズバリ「塔のへつり駅」。(↓の写真)
旧JR会津線、今は3セク「会津鉄道会津線」の駅です。
国鉄時代は観光シーズンだけの臨時駅で、、、、
後に廃止されたものの、会津鉄道が正式な駅として復活させたんですって。
画像

近隣に住民など居る様子は全くありませんが、、、
観光客の利便性を考えての正式駅化だったのでしょうね。
東京方面からの観光列車は全て停車するんです。
もっとも、、、塔のへつりを訪問する客はクルマばかりで、、、
1日の乗車客は平均44人との事。(2013年の場合)
もはや、駅自体が観光スポットみたいで、、
塔のへつりを見に来た観光客が、チラホラと立ち寄ったりしていました。
画像 画像

タイミングよく列車が到着しました。(↓の写真)
なんたる奇跡! と思ったら、、、
案外と列車本数は多く、、、上下合わせて1日17往復の列車が走っているそうです。
画像

とにかく、塔のへつりに向かいましょうか。
駅前の有料駐車場からソコまでは徒歩5分ほど。
林の中を下る道になります。(↓の写真)
塔のへつり至近の駐車場も同一料金ですから、、、
駅に興味の無い方は、奥に進めば歩く距離は縮まりますよ。
画像

川沿いに辿り着きますと、、、、
吊り橋を挟んで、塔のへつりが見えてきました。
岩は、イニシヘの人々によって削られ、、、道路化され、、、(↓の写真)
それでも、、かなぁりキケンな道ですよ。
会津のお殿様も、ココを通ったんでしょうね。
画像

このような岩穴もチラホラとありました。(↓の写真)
雨宿りに最適、、、野宿も可能でしょうけれど、、、、
寝相が悪いと、崖落ち、、、渓谷に水没、、、
アブナいです。大いにキケンです。
画像

岩を削った道は崩落が進み、、、、
吊橋付近から下流側へは通行が不可能になっていました。(↓の写真)
ちょっぴり残念ながら、、、、
通って良いと言われても、こりゃムリでしょうね。
まさに廃墟ですよ、コレは。。
画像

上流側も、、通行禁止。。(↓の写真)
コチラは、まだまだ進めそうながら、、、
ムリは止めときましょうね。。。
自制自制。。。2児の父。。
かつては800mもの区間が遊歩道として開放されていたんですって。
今では、吊り橋付近の数十mだけしか通れません。。
画像

まるでステージのごとく、テッペンが真っ平らな岩がありまして、、、(↓の写真)
後から来たワカモノが、ソコで逆立ちをしていました。
いいなぁ、、、若いってのは。。
でも、、、
キケンです。マジでキケンです。
画像

急な階段が取り付けられていまして、、(↓の写真)
ならば登ってみましょうか。
ちょっとキケンっぽいながら、、
他の観光客も次々と登っている事ですし。
画像

階段は、大きな岩のテッペンに繋がっていました。
その先っちょでウゴめいている人影が、我が家の二人たちです。(↓の写真)
高さは全然叶いませんが、、、、
なんとなく鋸山の地獄覗きを連想しますね。
画像

テッペンの先端は、こんな感じです。(↓の写真)
なんだか、見ているほうが怖いですよ。。
画像

まあ、下は川ですから、、、(↓の写真)
落ちても平気かもしれません。
いえいえ、水深が判らないので、、、
ダイブしないほうが身の為ですぞよ。
画像

階段は、この岩のテッペンに立つ為に設けられた訳ではございません。
真向かいの岩穴に何やら祠がありまして、、、(↓の写真)
ソレの参拝用なんでしょうね。
画像

そこには虚空蔵菩薩が祀られていまして、、、(↓の写真)
智恵や知識、記憶を司る御仁なのだそうです。
長男坊にはキッチリと拝ませなければなりませんね。
ワタクシも、、、、記憶力の衰退を食い止めて頂きたいものです。
画像

駐車場に戻る途中の土産物さんで、キノコ汁などを頂きました。
何か買わねば申し訳ないと、店内を物色していたら、、、、
木の実を使った手作りのミニ置物が目に付いたんです。(↓の写真)
干支の動物が一そろいありまして、、
他にネコなど、干支に入り込めなかった動物たちの姿も。
その中に、、、、
やややや! ポケモンのピカチューが居るぢゃないですか!
ただし、ビミョーにホンモノとは形が違い、、名前は「ピッカル」、、、
これは、著作権上セーフでしょうか。。
また、「ドラ太」というヤツも存在するみたいですが、残念ながら実物はありませんでした。
果たして如何なる形なのか、、、、
簡単に想像がつくのはワタクシだけでは無いハズですよね。。。
画像

【その2】五晃苑「へつりそば」に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
震災後の浦戸諸島【1】市営汽船・鈍行便(宮城県塩釜市)
シルバーウィーク前半を会津の奥地で過ごし、、、 その足で、宮城県の塩釜港に移動してきた我が家。。 目指すは、仙台湾に浮かぶ島々・浦戸諸島です。 4つの有人島と幾多の無人島で成り立ちまして、、、 日本三景・松島の沖合いに位置するんです。 松島が、陸地から眺める箱庭的な風景美なのに対し、、 コチラはソレを巨大化させた、ダイナミックさがウリなのだとか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2015/10/01 07:56
チキンカツ丼(のニセモノ)と、自家製豆苗(福島県下郷町)
休日のヒルメシにカミさんが作ったモノ、、、 ほほう、カツ丼ですか、コレはウマそうですよ。 カツの形が丸まっちぃので、トンカツではありませんな。 カヂってみると、、、 おおっ、チキンカツ、、、と言うよりも鶏唐。 なるほど、鶏唐丼ってのもイイですね。 エッ?? 鶏ぢゃないの??? ...続きを見る
放浪者の平日
2016/11/21 06:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
塔のへつりの近くの湯野上温泉には2回ほど泊まったことがありますよ〜
何故って、ここからもう少し北に行っ所に自分にルーツがあるからです。からむし織で有名なところですよ。
大内宿なんかもそれなりに楽しめるんですが、よられたでしょうか。

kamepi-
2015/09/25 21:31
kamepi-さん、コメントありがとうございます。

そうですか、kamepi-さんのルーツは昭和村ですか。
今回の旅ではソチラに出向けませんでしたが、
この後、湯野上温泉には寄らせて頂きました。
おぎひま
2015/09/27 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋・会津【1】「塔のへつり」で身もへつる(福島県下郷町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる