放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋・会津【3】星乃井、、セーシュンの湯野上温泉(福島県下郷町)

<<   作成日時 : 2015/09/26 06:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

そば(と、ソースカツ2切ればかり)を食べ、、、
すぐ近くの湯野上温泉を目指す事にしました。
ソコで立ち寄り入浴をする作戦ですね。
日帰り専門の立ち寄り湯は無いらしく、、、
宿の風呂を借りる事になりました。
まあ、お湯に変わりは無いでしょう。
画像

携帯でサクっと検索したら、、、、
「星乃井」という宿がヒットしたんです。
ソソクサと出向いてみると、、、
古風で、それでいて真新しく、、
そして玄関前に足湯まで設えた、リッパな宿ぢゃないですか!(↑の写真)
でも、入浴料は500円!
イマドキの立ち寄り湯と比べても、これは安い!
効能はリウマチ、関節炎、神経痛などなどとありますが、、(↓の写真)
慢性的なボンビーにも有効なお湯みたいです。
画像

内湯は、こんな感じです。(↓の写真)
コジンマリながら、清潔な感じの湯船がイイですね。
ちなみに、お湯は無色透明で、、、
緑色に見えるのは、湯船の底のタイルのシワザです。
画像

露天風呂もありました。(↓の写真)
水車は回転不能なハリボテながら、、、
なんのなんの! 
源泉掛け流しのお湯のキモチ良い事!
ああ、コレが湯野上温泉のお湯なのですね。
ずっとずぅぅぅぅっと昔に入りたかったよぉ。。
画像

湯船に浸かった後に足湯、、、、(↓の写真)
それも妙な行動ではあるものの、、
せっかくですからコレも堪能させて頂いた次第です。
龍のアタマの噴出口をイヂクるマナムスメ、、、
ソレを撮影するカミさん、、、
湯に落ちたアリを救出する長男坊、、、、
みんな、ゴクローさまな事です。。
画像

風呂を出てから、、、湯野上温泉駅に出向いてみました。(↓の写真)
有名観光地である大内宿の玄関口の駅らしく、、、
古民家風の茅葺屋根、、、凝りに凝った造りです。
かつては、ただの古臭い駅舎だったんですけどね。。
観光地には、見てくれも大事でしょうから。
画像

やややや!
ココにも足湯が設けられていました。(↓の写真)
駅名の通り、まさしく温泉の玄関口の駅でもありますもんね。
これは楽しいサービスだと言えましょう。
ただし、、この駅の1日の平均乗車客数は、わずか93人(2013年)。。
大内宿も温泉も、多くの客はクルマでお越しなのですね。
駅前で写真を撮ったりした後は、みぃんなクルマで立ち去りますもの。
我が家もですが。。
画像

駅に到着したディーゼルカーは1両編成。。バスみたいです。(↓の写真)
降りてきた客も、、、、あえて言わないほうがイイ程でした。
ウン十年前の、あの日、、、、
ワタクシがこの駅に降り立った時は、果たして何人の客が降りましたっけ。。。
画像

それは、ワタクシの始めての一人旅。。
上野から鈍行列車を乗り継ぎ、この湯野上温泉駅に到着したのは16時頃だったでしょうか。
あいにくの雨模様ながら、、目指すのは駅から5キロ程に位置する大内宿。
何の予約も計画もありませんでしたけれど、、
「宿」と言うからには、ソコに行けば泊まれると思ったのでした。
列車を降りた客が、それぞれに傘をさして立ち去った後、、、
ワタクシは駅員に、大内宿への行き方を尋ねたんです。
「大内宿? けっこう距離があるよ。バスは無いし。。」
「歩きます。ダイジョーブです」
「こんな天気だからタイヘンだよ。途中で夜になっちゃうなぁ」
「そうですか」
「ココから15分くらい歩けば温泉街だから、ソコで宿を探したほうがイイよ」
駅員の忠告にスナオに従ったワタクシは、、
傘も無いまま、とぼとぼと国道を歩き始めました。
国道沿いの旅館を見つけ、声をかけてみるも、、、、
こんな時刻にフラっと尋ねてきたナゾのワカモノを受け入れてはくれず、、
「一杯だから」
そんな返事が、2軒、、3軒、、続くのみです。
まあ、ホントに一杯だったのかもしれませんが。。
画像

板塀の向こうは露天風呂らしく、入浴客のニギヤカな語らいが聞こえてきた宿もあり、、、
なんとも切ないやら寂しいやら。。。
もやは温泉街のハズレらしき雰囲気になったところで、、、
ワタクシは再び駅に戻る事を選択せざるを得ませんでした。
その途中、最後のチャンスとばかりに、、
ちょっと冴えない旅館の戸をたたいてみたんです。
客でニギワってる気配は無いものの、出てきたオカミは
「こんな時間に来たって、準備できない」
そうでしょうね。もう、夕食の準備にテンテコマイな時刻ですから。
礼を言い、再び駅を目指すワタクシを、、、
「ちょっと待って!」
なんと、オカミが呼び止めるぢゃないですか。
「ウチは温泉じゃないけど、、ソレでも良ければ」
イイですイイです! 
正直、温泉ぢゃないのは残念ですが、、、
そもそも、目指すハズだった大内宿には温泉はありませんし。
画像

部屋に通され、、、質素ながらも清潔な部屋でした。
他に宿泊客がいる気配はありません。
一休みして浴場に向かうと、、、
タイル張りの大きな浴槽はカラッポで、、
その中に置かれていたのは家庭用の風呂桶。。
もちろん、ソコにはキチンと湯が張られていましたよ。
何らかの事情で、源泉からのお湯を止められてしまった宿、、、
あるいは、宿泊客を受け入れていない宿だったとか。
地方の旅館って、昼の会席がメインの収入源だったりしますから。
それでも、イタイケなヌレネズミのワタクシを放ってはおけなかったのでしょう。
晩飯は、、、急遽、用意してくれたのでしょうね。
当時のワタクシにはゴージャスすぎる(ように思える)内容でした。

そんな訳で、、、
湯野上温泉は始めての訪問では無かったんです。
温泉に浸かるのは、今回が初めてになりましたけれどね。
あの時の宿を探すべく、国道沿いを眺め続けたものの、、、
もはや特定は出来ませんでした。
その建物が残っているかどうかも不明ですし。
とにかく、あの時のオカミ!
ワタクシを拾ってくれてありがとう!

まごころの宿 星乃井 公式サイト:
http://hoshinoi.com/

【その2】五晃苑「へつりそば」に戻る
【その4】第18回・豊田組林道祭りに続く






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南会津2016【1】会津高原尾瀬口駅と、会津滝ノ原駅(福島県南会津町)
今年も豊田組林道祭りに参加すべく、南会津に出向いてきました。 例年と違うのは、、、 受験生である長男坊がオルスバンとなった事。 0歳児の時から参加を続けた長男坊でしたが、、、 連続参加記録は15年で途切れました。 それも本人の意志なので、仕方ありません。。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/09/19 08:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋・会津【3】星乃井、、セーシュンの湯野上温泉(福島県下郷町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる