放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 出雲大社でつかまえて(兵庫県香住町〜島根県出雲市)

<<   作成日時 : 2015/12/12 10:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

縁結びの最強スポットと言われる出雲大社。
その神通力かどうか判りませんが、、、
カミさんは、ソコを参拝した半年後にケッコンしました。
さすが出雲大社! 
などと感謝すべきなのでしょうけれど、、
相手はワタクシなので、果たしてソレで良かったのか。。
また、同行したオトモダチは、いまだ独身です。。。
それとは別に、、、ワタクシはワタクシで、、
出雲大社で、キケンなヒトにゲットされそうになった事があったんです。
画像

2007年、家族で出雲大社へのお礼参り(かなぁ?)に出かけました。
兵庫県の豊岡から、出雲大社まで日本海に沿って辿りまして、、、
初日のお泊りは、香住町の温泉民宿。
「かどや」という、カニ料理がウリの高級民宿ですよ。(↑の写真)
ご主人はカミさんのダイビング関係の知り合いで、、、
オトモダチ価格でお世話になった次第です。
そうでもなければ泊まれません。。
近くには、独特の容姿で有名だった、JR山陰本線の「余部鉄橋」がありました。(↓の写真)
新しい橋に世代交代してしまい、今は残っていません。。
画像

鳥取砂漠で、ラクダに乗る長男坊。(↓の写真)
当時は保育園の年長さんで、、、
マナムスメはカミさんのハラの中。
ソコから出てくる、2カ月ほど前ですね。
画像

三朝温泉で、露天風呂に漬かる長男坊。(↓の写真)
これは河原にある公共温泉で、その名も「河原風呂」。
混浴です。周囲から丸見えです。
水着類の着用は認められません。
画像

大山の山麓の牧場で、ソフトクリームを食べる長男坊。(↓の写真)
彼にとっては、、、
「一人っ子でいられるのは、あと少しだけ」
「下の子が生まれたら、しばらくソッチが優先」
なる理由で、思いっきりアマヤカされる旅でした。
画像

コチラは、3泊目で泊まった島根半島・美保ヶ関の宿。(↓の写真)
「明神館」という宿だったと思いつつ、、、記憶はアイマイです。
寝相の悪い幼児(長男坊)連れだったので、和室を頼んだのに、、、
ベ、ベッドですよ、通された部屋は!
それでも、、、よぉぉぉく見ると、畳敷き。
確かに和室なんですね。。
何かマチガっているように思えて仕方ないのですが。。
画像

宿の近くの美保関灯台です。(↓の写真)
日本の灯台50選、、そして世界の灯台100選に名を連ねているんですって。
ちなみに、それにランクインしている日本の灯台は5つ。
犬吠埼灯台(千葉県銚子市)
姫埼灯台(新潟県佐渡市)
神子元島灯台(静岡県下田市)
美保関灯台(島根県松江市)
出雲日御碕灯台(島根県出雲市)
以上です。
画像

そして、いよいよ出雲大社に到着!(↓の写真)
カミさんは7年ぶり、、、
2000年の冬に女友達と二人、思いつきで夜行バスで来たのだとか。
宿では泊まらず、また夜行バスで帰ったと言うのだから大したものです。
でも、そのゴリヤクでワタクシと出会い、、、
それは違います。
当時、ワタクシとカミさんは、既に清く正しいオトモダチでしたもの。
画像

ワタクシが出雲大社を訪問したのは、、ずぅぅぅぅっと昔の学生時代。
昼過ぎにお参りを終え、立ち去ろうと思ったら、、、
常田富士男(日本昔話のナレーションのヒト)風のオッチャンが、話しかけてきたんです。
どこから来たぁ? から始まって、世間話をアレコレ。
そのうちに、、
「今日はオッチャンのウチで泊まれや」
みたいな事を言い出しました。
オッチャンはポケットから紙切れを取り出し、、
ソレには、大勢の名前やら住所やらがグジャグジャっと書かれてるぢゃありませんか。
「オッチャンは、こうやって旅のワカモノを何人もお世話しているんだよ」
なるほど。良いヒトなのかと思いつつも、、、
時間が早いし、まだまだ先に進みたいと思ったワタクシが断ると
「じゃあ、少し休むだけでも、、、」
などと食い下がるオッチャン。
結果的には丁重にお断りして立ち去ったのですが。。。

それから数年の後、、、旅先でウワサを聞いたんです。
「出雲大社で若いオトコに声をかけ、自宅に泊まらせて毒牙にかけるオヤヂが出没する」
ソレが、その内容でした。
1回や2回では無いんですよ、そのウワサを聞いたのは。。
なんともオゾマシいオチで申し訳ありませんでした。。

月日は大いに流れましたから、、、
おそらくオッチャンは、すでにオカクレあそばしているか、、、
そうではなくても、すでにソチラの機能を失っている事でしょう。
なので、出雲大社は安全です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出雲大社でつかまえて(兵庫県香住町〜島根県出雲市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる