放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢に消えたジュリアと海鮮カレー(神津島・東京都神津島村)

<<   作成日時 : 2016/03/08 14:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

神津島港から望む高台に、デカくて白い十字架がデーンと構えているんです。
アレはナニゴト、、、とソコに向かってみると、、
「ジュリアおたあ 終焉の地」とありました。
あのぉ、、、、どちら様でしょうか、アナタは。
ちょっと変わったお名前ですね。
我が家がコレを拝んだのは、、2011年GWです。
画像

「ジュリアおたあ」なる人物は、戦国時代を生きた女性。
その名が示すとおり、キリシタンだったそうですよ。
徳川家康にホレられ、、一時は侍女として仕えたのだとか。
しかし、キリスト教を捨てる事をを拒否し、、
さらに、「側室になれ」という家康のクドきも拒否し、、、
結果、八丈島に島流しにされたんですって。
家康も、なかなか執念深く、、、、
ジュリアを島から呼び戻してクドく→拒否される→また島流し
ソレを3度も繰り返し、、、やがて神津島で亡くなった(説もある)そうです。
そんなカノジョを悼んだのが、この巨大十字架な訳ですね。

なお、、、、
桑田佳祐氏が作詞・作曲したサザンの曲「夢に消えたジュリア」という曲の詞が、、、
「ジュリアおたあ」の物語とマッチしまくりなんです。
桑田氏も、後で知ってオドロいたとの事です。
偶然の出来事なんでしょうけれど、、、
家康が歌っている姿を想像すると、なんともキモチ悪いですよ。
画像

この十字架は、神津島灯台(↓の写真)に向かう途中の、
「ありま展望台」という所にあります。
港から歩くと、小一時間くらいかかるでしょうか。
我が家はレンタカーで、10分ほどでした。
画像

その後、港に戻り、、、
ヒルメシは「よっちゃーれセンター」で食べました。(↓の写真)
ココには、オミヤゲ屋とレストランがあるんですよ。
ちなみに、船の待合室があるのは「まっちゃーれセンター」という名前で、、
「寄っちゃーれ」「待っちゃーれ」
思いっきりダジャレですね。。
画像

カミさんとマナムスメの注文はコチラ。
「漬け丼定食」1000円です。(↓の写真)
八女島の島寿司を彷彿させる仕上がりで、、、
さらに、明日葉の揚げ物や汁などもついていました。
伊豆諸島ならではの陣容で、コレはウマそうでしたよ、ホントに。
画像

マナムスメは「お子様カレー」。(↓の写真)
な、なんと、300円というお買い得商品!
せっかく離島に来たのにカレーぢゃ勿体ない、、なんて気もしますが、、、、
物量的には丁度イイんですよ、コレで。
画像

で、ワタクシの注文はコチラ。(↓の写真)
おいおい、キサマもカレーぢゃないか! ですって?
そうです。キッパリ。
ただしコチラは「海鮮カレー定食」1000円。
イカやらタコやら、キチンの海のモノも入っているんです。
ルーからも、イカの風味がキッチリと感じ取られ、、、
ね、ね、ね、離島っぽい食べ物でしょ?
明日葉の揚げ物やら汁もついてますし。
ダメですか?
さいですか。。。

よっちゃーれセンター 店舗情報:
http://currydb.supleks.jp/s/56825.html
画像

神津島の他の記事は、以下をコチラをご覧くださいな。
書き殴りの簡単な内容ではありますが。。
【その1】上陸編
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_4.html
【その2】赤崎遊歩道
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_5.html
【その3】天上山
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_6.html
【その4】名組湾のトロッコ跡
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_7.html
【その5】紅白の焼酎
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_8.html
【天上山・詳細編】
http://ogihima.at.webry.info/201502/article_8.html
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さるびあ丸、、
今年の夏も、我が家は北海道の離島を目指します。 船なので、天候次第で断念、、、なんて可能性もありますが。 ある意味、それは宿命ですね。 過去の例では、 大揺れで、船中2泊するハメになったおがさわら丸。。 長男坊が死ぬ思いをした、史上最強のゲロリ船還住丸。。 マナムスメが地獄を見たフェリーはてるま。。。 欠航し、我が家を三宅島に封じてくれた橘丸。。 さるびあ丸で神津島に向かった際も、ハラハラさせてもらいましたよ。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/07/09 07:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢に消えたジュリアと海鮮カレー(神津島・東京都神津島村) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる