放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 野島公園キャンプ場2016(横浜市金沢区)

<<   作成日時 : 2016/05/26 05:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

GW明け恒例の野島キャンプに参加しました。
ナゾのバイク集団・豊田組系の企画でして、、
我が家は2年ぶり4回目になります。
結成20年目となった豊田組も高齢化が進み、、、
今回は、初めて女子高生が参加となりました。
高齢化と矛盾? そんな事はありません。
メンバーのムスメが、そこまで成長しちゃったと言う事です。。
画像

野島公園のある野島は、天然の島です。
3方向から陸地が迫っている四角い土地ですので、
まるで平潟湾を塞ぐ埋め立て地に見えちゃうんですけどね。
運河に見えますが、コレはリッパな海。(↓の写真)
本土とは橋で繋がってまして、クルマでも上陸は可能です。
ちなみに、近くの八景島は、完全なる人工島なのです。
画像

海ですから、潮の満ち引きもありますよ。
キャンプ場の前のミニ干潟、、、満潮時には影も形も無くなるんです。。(↓の写真)
マナムスメが立っているあたりは岩ガキのようなモノが付着していまして、
後に、ドップリと海に水没していました。
画像

キャンプサイトは、テントを張る区画の番号を指定されます。
事前予約制なので、当日の飛び込みはムツカシそうですね。
また、冬場(12月〜2月)は利用できません。
シャワーや風呂の設備は無く、、
トイレは水洗でコギレイながらも、、、和式のみ。。
どうしてもソレがイヤな人は、、、、
同じ敷地内にある研修センターのトイレを利用しましょう。
ただし、夜間は立ち入れません。
画像

サイト内には、日帰りバーベキュー場もあります。(↓の写真)
コチラも予約制で、1炉ごとに借り切る仕組みです。
(1炉あたり20人まで)
ハイシーズンは午前の部、午後の部(境目は14:00)に分けられてしまいますので、
ちょっと忙しないかもしれませんね。
夜間は使えません。
画像

キャンプの利用料は場所代のみで、7m角の区画が2000円、10m角で2500円。
1つの区画を何人で使っても同一料金ですから、なかなかリーズナブルですよ。
今回も複数区画を借りましたので、区画と区画の間のスペースも有効活用できました。
たまたまですが、、、
スノーピークのアメニティドームが、3張り向かい合わせになりました。(↓の写真)
うち1張が我が家のですが、、このタイプ、爆発的に増えましたね。
酔っぱらって、ヒトサマのテントに不法侵入しないよう、気をつけたいと思います。
画像

このキャンプ場の不便な点と言えば、、、
テント脇までクルマを乗り付ける事が出来ません。
オートキャンプ場に慣れちゃうとメンド臭いながら、、、
かつてはソレがフツーでしたよね。頑張りましょう。
備え付けのリヤカーを活用する訳ですが、、、(↓の写真)
日帰りバーベキューも含め、出入りが激しい時間帯は、その争奪戦が過酷です。
また、駐車場事情も過酷です。。
場内のソレは時間ごとに駐車代がズンズン加算されてしまいますので、
(最初の1時間は200円。のち、30分ごとに100円)
一夜明けると、すんごい金額になっちゃいますよ。
キャンプなら、野島町交差点の脇の「野島自動車駐車場」がイイですね。
ソチラなら1日800円で済みますもの。
思いっきり奥にクルマを停めれば、公園内までは数十メートル。
ソコからリヤカーで運べばラクチンです。
画像

自前の台車を持ち込む人も、多々見受けられました。
それならば、自分の都合だけで運べて便利ですね。
ただし、、、
台車は、本業を終えた後にコドモ達の遊具になるのは必至。。(↓の写真)
アッチでコッチでソレが走り回っていました。
思いっきり楽しそうではありますが、、、
オンブで台車を追跡する長男坊とマナムスメ、、、
全く意味が判りません。。
それなりに楽しいのでしょうか。。
画像

キャンプのメシは、やっぱり焼き物がイイですね。(↓の写真)
ただし、、、、、実はワタクシも今年まで知らなかったのですが、、
このキャンプ場では、カセットコンロが禁止されているんですって。
キャンプ用のストーブ(コンロ)はOKです。
その理由はナゼでしょう。
複数のカセットコンロでデカい鉄板を熱し、こもった熱でカセットが破裂、、、
世間ではそんな事故の話も聞きますので、ソレを防止する為かもしれません。
コレについては、係りのヒトがチェックしにくるそうですよ。
画像

インスタントラーメンを作る、父娘。。(↓の写真)
多くのメンバーが、生まれた頃からカノジョの事を知っています。
幼少時はともかく、、女子高生になってもオトォチャンとキャンプ、、
ワタクシ的には、ソレがウラヤマしくてタマリません。
ああ、、我が家のマナムスメ(小3)は、いつまで遊んでくれるのかしらん。。
画像

野島公園 公式サイト:
http://www2.nojima-park.org/

野島公園キャンプ2011
野島公園キャンプ2012
野島公園キャンプ2014

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅平高原ファミリーオートキャンプ場、、、ダッチオーブンと4人ムスメ(長野県上田市)
4年連続で、菅平でのキャンプとなりました。 「チームぽっぽや」主催の、海の日・納涼キャンプです。 ココのウリは、広々としていて快適なサイト。 標高があるので、とても涼しいですし。 雨にヤラレると少々ヤバい環境ながら、、、 どうにかソレも、最小限で過ごす事が出来ました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/23 11:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野島公園キャンプ場2016(横浜市金沢区) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる