放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS ツリーアドベンチャー、、空中アスレチック【2016夏休み2】丸沼高原・群馬県片品村

<<   作成日時 : 2016/08/15 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

今年の夏休み、我が家が(ちょこっとだけ)過ごしたのが丸沼高原です。
丸沼高原スキー場を中心としたリゾートで、、
経営母体は日本製紙なんですって。
我が家の二人たちが大いに楽しみにしていたのはツリーアドベンチャー。
高度10m近い木の上に設けられたアスレチックなんです。
さて、、、どんな事になりましょうか。
画像

これが、ツリーアドベンチャーの全景です。(↓の写真)
熱海沖の初島にSARUTOBIという同様のアクティビティーがありまして、
長男坊はソレを経験しています。
当時は未就学児だったマナムスメはチャレンジが許されず、
なればこそ、今回は異様にハリキリまくっていました。
ハーネス(命綱)やらヘルメットやらでの完全装備も万全です。(↑の写真)
(これらは全て貸し出してくれます)
画像

フツーのアスレチックとの一番の違いは、、、、
途中でリタイアする事が出来ない事ですね。
コースは全て木の上なので、降りられる場所はゴールだけなんです。
KIDSコースとFUNコース、難易度の違う2つのコースが用意されていまして、
初めてのヒトは、KIDSコースからのチャレンジを強く薦められます。
ムリな挑戦で立ち往生されたら、他のチャレンジャーの大迷惑になりますし、
回収に向かうのはヒジョーにメンドクサイ事になりますもの。
二人たちは、スナオにKIDSからイキましたよ。(↓の写真)
画像

コチラがKIDSコース。(↓の写真)
コースの高さは2メートルほどと低く、内容も簡単です。
なので、我が家の二人たちは楽勝ですよ。
パニックってしまう小さな子も見受けられましたが、、
スタッフが脚立で救助に向かっていました。
それでもリタイヤは出来ません。
ナダメたりアドバイスしたりして、あくまでもゴールを目指させるだけです。
画像

最後はターザンロープで、地上に降りてフィニッシュです。(↓の写真)
KIDSコースは1周10分程度でしょうか。
ただしソレは混んでいない時、そしてパニックKIDSが発生しなかった場合ですよ。
命綱の関係で競技者どおしの追い抜きは出来ませんから、
前が詰まったら、延々と待つしか無いんです。
画像

そして、FUNコースにチャレンジする二人たち。
難易度は、グイっとあがります。(↓の写真)
コチラは1周が40分程度との事。
もちろん、順調に進む事が出来ればですよ。
心配なのは、パニックKIDSの発生だけではありません。
パニック女子中学生やパニックオトォチャン、、、
そのような人々がオヤクソクのように登場していました。
チャレンジ前に、必ずトイレは済ませましょう。
画像

ツリーアドベンチャーは大人3500円、子供2500円で、中学生までが子供料金です。
それなりにイイ値段ですね。。
その金額で1日に何回もチャレンジできます。
そんなに何度もムリ、、、ならば、「トライアルチケット」という設定があるんです。
ソチラは大人2500円の子供は1500円。
トライアルチケットの場合は
「KIDSを2回」「KIDSとFUNを1回ずつ」「FUNを2回」
そのいずれから選べます。
激しく混雑する日はトライアルチケットだけの販売になりますので、ご確認くださいな。
でも、、、1日2回も回れば十分だと思いますよ。
我が家の二人たちは、2日間で4回のチャレンジでした。
画像 画像
画像 画像

FUNコースも、最後はターザンロープでシメになります。(↓の写真)
KIDSのソレと比べて高さも長さも格段の違いですので、
ビビってしまって固まってるオトナも多々いましたっけ。
豪快に両手離しで降下するマナムスメ。。
最後の最後まで楽しんでくれました。
なお、命綱を握ってのダイビングはキケンです。
自分の体重を支えきれないと、、、、
ロープとの摩擦で、見事に手のひらを火傷しますよ。
ねっ、長男坊。
画像

もともとコチラはスキー場が本業ですので、、
「サマーゲレンデ」と称して、スキーも営業していました。(↓の写真)
専用マットに自動散水したバーンとの事ですが、、、
これこそ、、、コケたら火傷したりしないのでしょうか。
ヨソで経験しているカミさんによれば
「(雪の上と違って)気分がイマイチ盛り上がらない」
との事です。。
画像

「サマーリュージュ」というのもありました。(↓の写真)
コチラは、車輪付きのソリで、坂道を駆け下りてくる仕組みです。
ハタから見ていて、結構なスピード感がありましたよ。
視線が低いので、乗ったら余計にソレを感じられるに違いありません。
画像

スキーもリュージュも、ニンゲン様はリフトで、、、、
リュージュのソリは、リフトを流用した運搬マシーンでゲレンデの上に運ばれていました。(↓の写真)
ソリは自動的にぶら下げられる仕組みで、見ていてオモシロいですよ。
なかなかウマく考えられています。
画像

サマーリュージュのソリは、こんな感じです。(↓の写真)
ハンドルと、イチオウはブレーキもついているのですね。
我が家の二人たちは、、、、チャレンジしませんでした。
「だって、コワそうだもん」
ですって。
フツーのスキーでは、トォチャンなんぞついて行けないくらいにカッ飛ぶクセに。。
画像

【その1】華厳の滝でB級グルメに戻る
【その3】ペンションペチカに続く
丸沼高原 公式サイト:
http://www.marunuma.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2016夏休み・オミヤゲ編。わさび蕎麦、刺身コンニャク、そしてズッキーニ(群馬県沼田市)
今年の盆休みは、手短に丸沼高原で過ごしました。 長男坊が受験生なので、ササヤカな旅行だった訳ですね。 その帰路、吹割の滝に立ち寄り、、、、 クルマは「滝のおばあちゃんの店」の無料駐車場に停めました。 買い物を強制される訳では無いものの、、 礼儀として、ササヤカなオミヤゲを買った訳ですね。 駐車場代で消えるよりも、イブクロに収まったほうがイイですもの。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/08/25 06:29
丸沼高原で春スキー【1】絶景!眺望編(群馬県片品村)
長男坊の高校進学祝いにスキー! は、春分連休の志賀高原で終わったハズでしたが、、、 ぜしぜし、もう一回!! なるリクエストにお応えして、、、 丸沼高原スキー場にやって来ました。 標高2000mのゲレンデなればこそ、雪質にも期待できましょうし。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/04/04 07:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツリーアドベンチャー、、空中アスレチック【2016夏休み2】丸沼高原・群馬県片品村 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる