放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光白根山にチャレンジ・2【2016夏休み5】栃木県日光市・群馬県片品村

<<   作成日時 : 2016/08/18 06:22   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

関東地方の最高峰、日光白根山の山頂に立った二人たち。
標高は標高は2578m。どうにか無事に登頂できました。
もっとも、、、、
標高2000m地点までは、ゴンドラで登ったんですけどね。。
とにかく、登ってしまえば勝ちです。
ジックリと白根山を堪能しましょうぞ。
画像

白根山は山頂が広いと聞きましたが、、、、
実態は少々違いました。
狭いピークが幾つも並び、そして火口跡らしき穴ぼこがアッチコッチに凹み、(↑↓の写真)
けっして、牧歌的な光景が広がっている訳ではありません。
確かに、面積だけは広いですねどね。
画像

オソロシい程に眼下に見えるのは、五色沼。(↓の写真)
その湖畔でヒルメシにする予定です。
アソコまで下るとなると、さぞやヒザが笑いそうですね。
登りはキツいが下りもツラい、、、、それが登山ですって。
頑張って下りましょう。
【時刻は11:12。山頂出発】
画像

山頂からは、ガレ場と言いますか、ザレ場と言いますか、、
とにかく、足場の悪い急な下りが続きました。。
下りだと言うのに、全くペースが上がりません。。
一歩マチガエばコケますし、現にコケてる人も。。(長男坊も)
ヨタヨタと歩くのがヨロシいようで、、、
やたらめったら時間がかかり、樹林帯に入って一安心。
やっとの事で、前白根山との鞍部にある、避難小屋に到着しました。(↓の写真)
【時刻は12:13。山頂より1時間1分】
画像

五色沼に到着!(↓の写真)
避難小屋からは比較的にラクチンな下りでした。
周りをキッチリと山に囲まれた湖でして、
てっきり火口の跡、もしくはカルデラかと思ったら、
コレも、白根山の噴火による堰止湖なのだそうです。
大小いくつもの堰止湖をハベらしちゃって、アナタってヒトは。。
【時刻は12:33。避難小屋より20分】
画像

山頂から湖を見下ろしたのと逆に、
今度は湖から山頂を見上げてみると、、、
オソロシい程の高低差。。(↓の写真)
ココの標高は2,175mだそうですから、イッキに400mほど降りてきた訳ですね。
画像

いよいよヒルメシです。
メニューは、、、東京のコンビニで買ってきたパン。(↓の写真)
ココまでは長男坊が担ぎ上げてきてくれました。
午後の行程に備え、ガッツリ食べるのですぞよ。
速いモノ勝ちでイキましょう。
画像

喰った後、つかの間の惰眠をムサボる二人たち。(↓の写真)
雲上の湖畔で、いったい如何なる夢をみているのやら。
まあ、キッチリと休みたまえ。
ココは四方を山に囲まれた窪地。と言う事は、、、
どこに移動するにも、必ず登りが待っているんです。
【丸沼出発・・・13:20】
画像

樹林帯の中のキツい登りをコナし、、、
「まだぁ?」「もうイヤ!」
マナムスメの嘆きを聞きまくって到着したのが、弥陀ヶ池。(↓の写真)
標高は2254m、、丸沼よりも80mほど高い位置にあります。
面積は、丸沼の1割程度でしょうか。
コレも、白根山による堰止湖です。
【時刻は13:55。丸沼より35分】
画像

ココも窪地ですから、登らずして脱出は出来ません。
最後の登り、、座禅山との鞍部に挑みましょう。(↓の写真)
【弥陀ヶ池出発・・・・14:10】
画像

ササっと登りをコナした後は、、、
思いっきり急な下りが続きました。
我が家が白根山を目指した「白根山ルート」の中斜面と違い、、
コチラ「弥陀ヶ池ルート」はホントにキツそうですね。
登山路に選ばなくて大正解! 我が選択はマチガっていませんでした。
どうにか七色平まで下りきった時には、(↓の写真)
もう、ヒザがゲラゲラ笑いっぱなしでしたよ。
【時刻は14:49。弥陀ヶ池より39分】
画像

七色平にも避難小屋がありました。(↓の写真)
コチラのほうがシックな造りですね。
コジャレた別荘として過ごせば快適そうですが、、、、
トイレも水もありません。
それなりの装備と覚悟が必要です。
画像

再び大日如来の前を通過し、、、ココからは散策路。
ソレさえ下れば、もう本格的な下りもありません。
ヒザ! 笑うな!
ほどなく不動岩が見えてきまして、、、(↓の写真)
ココまでくれば、ゴールは目前。
マナムスメ、嘆くな!
画像

二荒山神社の鳥居をくぐれば、、、(↓の写真)
ゴォォォォォォォル!! です。。
二人たち、よく頑張りました。
もっとも、、、長男坊は一番元気でしたけどね。。
なにしろ15歳男児ですもの。元気ぢゃなくてどうする。
【時刻は15:22。七色平より33分】
画像

ロープウェイの山頂駅の近くには、
巨大な露天の足湯がありました。(↓の写真)
「天空の足湯」というヤツだそうでして、入浴は無料。
5月末から11月アタマくらいまでの営業になります。
ついつい立ち寄りたくなりますね。無料だし。。
でも、時間がありません。
素早くロープウェイに乗らないと、座禅温泉の営業終了時刻に間に合いませんので。
無念。
画像

座禅温泉は、丸沼高原スキー場のセンターハウス内にあります。
ロープウェイで山を下りたら、すぐソコですね。
露天風呂とか、ゴージャスな設備はありませんが、、
600円でキッチリと入浴が出来るならば御の字です。(↓の写真)
よく判りませんが、、ナトリウムやカルシウムが効きましょう。
画像

現在、センターハウスを大々的にリニューアル工事を行っていますので、
ソレが完成したら(11月下旬)、イロイロと事情が変わるかもしれません。
今シーズンにスキーに来れば、その全容が判るのでしょうね。
イチオウ長男坊は受験生ですので、、、、
来るとしたらカミさんとマナムスメだけですが。。
画像

【コースタイムまとめ】
白根山山頂→(1:01)→避難小屋→(0:20)→五色沼→(0:35)→弥陀ヶ池
→(0:39)→七色平→(0:33)→ロープウェイ山頂駅

【その4】日光白根山1に戻る
【その6】「吹割の滝」と「あずま茶屋」に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「吹割の滝」と「あずま茶屋」【2016夏休み6】群馬県沼田市
丸沼高原での(短ぁい)夏休みを終えての帰路、、、 「日本のナイアガラ」と呼ばれる、コチラの滝に立ち寄ってみました。 もちろん、ソレがオオゲサなタトエだって事くらい知っていますよ。 吹割の滝は、以前に見た事がありますから。 まあ、「日本の〇〇」なんてモノは、大抵そういうモノでしょう。 青森の日本キャニオンだって相当なマユツバでしたし。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/08/19 06:11
丸沼高原で春スキー【1】絶景!眺望編(群馬県片品村)
長男坊の高校進学祝いにスキー! は、春分連休の志賀高原で終わったハズでしたが、、、 ぜしぜし、もう一回!! なるリクエストにお応えして、、、 丸沼高原スキー場にやって来ました。 標高2000mのゲレンデなればこそ、雪質にも期待できましょうし。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/04/04 07:23
丸沼高原で春スキー【最終回】座禅温泉、、リニューアル(群馬県片品村)
1泊2日、、丸沼高原でのスキーを終え、、、 最後は、スキーウエアからの着替えがてら、、 温泉に浸かって帰るのがイイですね。 目指すは、座禅温泉。 丸沼高原スキー場のセンターハウス内にある、 日返り温泉施設です。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/04/09 07:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光白根山にチャレンジ・2【2016夏休み5】栃木県日光市・群馬県片品村  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる