放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「神田須田町」というところ。(千代田区神田須田町)

<<   作成日時 : 2016/08/09 06:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「神田」を冠する町名は、かなぁり広範囲に広がっていまして、、
北は「神田亀住町」、南は「神田鎌倉町」、
西は「神田三崎町」、東は「神田向柳原町」、、
特に東西に長く、水道橋から浅草橋あたりまで分布しています。
いずれも、かつて存在した「神田区」に属していたんですって。
神田須田町は、その中央付近。
かつて中央線の「万世橋駅」があったのも、この須田町ですね。
画像

岩本町駅の近くに、神田須田町のモニュメントがありました。(↑の写真)
ソレによれば、、戦時中には町中が団結して防火に務めたウンヌン、、、
だそうでして、それで水桶の形をしている訳ですか。
これはオカザリだけではなく、今でも防火に使えそうですよ。
と思ったら、、、
裏っ側は真っ平らなハリボテでした。。(↓の写真)
小林よしのり氏のマンガに登場する「びんぼっちゃま」みたいですな。
画像

神田須田町は、このあたりです。(↓の写真)
南北が逆転した地図ですので、秋葉原駅の南側、、
神田川を渡ったあたりの地域がソレになります。
街の真ん中を山手線が横切り、、、ハジッコをかすめているのが中央線。
ソコがかつての万世橋駅です。
中央線に乗ると、今でもホームの跡が残っているのが確認できると思います。
JR的には廃止された駅では無く、休止中との扱いなのだとか。
画像

山手線のガード下には、ヘタウマな壁画がありました。(↓の写真)
お祭りの光景みたいですね。
神田という街は、なんだか祭りが似合うイメージですもんね。
画像

コレが須田町の神輿でしょうか。(↓の写真)
神田はアチコチの町に神輿があり、2年に1度の「神田祭」の際は、
それらの神輿が神田明神に大集結するそうです。
ずいぶん大規模な祭りですね。
山王祭、深川祭と並ぶ、「江戸三大祭」の一つだそうですよ。
画像

コレが神田祭のポスター、、、ではありません。(↓の写真)
コチラは「神田明神納涼祭り」と言いまして、、
なんと今年が第1回めの開催なんですって。
「絶品グルメ・ビール祭り」と「盆踊り」がメインで、
8/11〜14の間、神田明神の境内で行われるそうです。
絶品グルメ・ビール祭り 公式サイト:
http://zeppin-yatai.com/
画像

壁画があるガード下ですが、、、
古風な橋脚が何気にイイ感じぢゃないですか。(↓の写真)
なんだか武骨でタクマシく、、、いかにも
「オイラが橋を支えているんでい!」
ってなオモモチですもの。
画像

ただし、このような構造なのは山手線・京浜東北線の橋脚だけです。
後から出来た新幹線(↓の写真・左側)や上野東京ライン(真ん中)の橋脚は、
味も素っ気も無いですね。。。
画像

そうそう、巨大キン〇マ狸が狛犬を務める柳森神社も、
神田須田町の一員でしたね。
コチラも芳林公園秋葉原練塀公園などと同じ諸事情で、
夜間は閉門されてしまうんです。
結果、、、、捕えられ、鉄格子で監禁されたように見えるキ〇タマ狸。。。
なんだか哀れな光景です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
万世橋と万世橋駅(千代田区須田町)
万世橋は、中央通りが神田川を渡る橋。 何となく、秋葉原の正門ってな感じでしょうか。 裏門っぽい昌平橋と同様、さりげなく芸術的な欄干ですよ。 その万世橋の神田須田町側には、、、 かつて「万世橋駅」という駅があったそうなんです。 客扱いを中止したのは1943年との事ですから、 ワタクシなんぞ生まれる前の出来事でございます。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/09/18 19:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「神田須田町」というところ。(千代田区神田須田町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる