放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷やし中華は遠距離恋愛の味。。

<<   作成日時 : 2016/09/07 12:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

休日のヒルメシ、、、例によって冷たい麺になりました。
だって、まだまだ暑いんですもの。
そのタグイのメニューのエース級といえば、、、
もちろん冷やし中華ですね。
仙台が発祥と言われるタベモノですが、、
仙台のヒト、、よくぞコレを考えてくれました。
画像

完成した冷し中華。(↓の写真)
市販のフクロものでして、、
今回は、、その製造元を確認していません。
ごくごくフツーの、醤油系のタレのヤツでした。
具材は、キューリ、トマト、玉子、ハム。
思いっきり王道路線ですね、コレは。
仙台の地で誕生した時も、こういう姿なのかと思ったら、、、、
少々ソレは違うみたいですね。。

今の形の冷やし中華は、1929年に発行された料理本の中で紹介されていたそうです。
「冷蕎麦(ひやしそば)」なる名称で、レシピは、まさに現代の冷し中華っぽい感じです。

# シナそばを茹で、酢、砂糖、氷をまぶし、
# その上に叉焼、キュウリ、ラッキョウ、タケノコを乗せ、
# 冷スープ、醤油、酢、コショウをかける。
(wikiからの引用)
ね、ね、ね、そんな感じでしょう?

仙台に冷し中華が登場したのは、その後の1937年。
「仙台支那ソバ同業組合」が、クソ暑い時期の客の減少に対処すべく、
そして仙台七夕祭りの目玉商品になる事を目指して発案したそうです。
ソチラは「ざるそば」を中華仕立てにアレンジしたものだそうで、
「湯がいたキャベツ・塩もみきゅうり・スライスしたニンジン・叉焼・トマトを上に乗せた」(wiki)
とあります。
さっするに、冷やしつけ麺みたいな感じだったのでしょうか。
仙台市錦町の「龍亭」という中華屋さんでは、近年までそのスタイルを貫いていたそうです。
画像

浴衣のカノジョと一緒に七夕祭りを眺め、冷やし中華を食べる、、、
なかなか味のあるシュチュエーションだと思いませんか?
実はワタクシ、、、過去にソレを経験しているんです。
だって、、昔むかしの若かりし頃、、、
仙台の女性と、3年ほど遠距離恋愛してた事があったんです。
祭りの時に冷やし中華を食べたかどうかはハッキリしないものの、、
まあ、状況的には1度くらいは食べているでしょうね。

実は、、、
カミさんも一時期、仙台のヒトと遠距離恋愛をしていたそうなんですよ。
ワタクシが現地での出会いだったのに対し、
カミさんは、恋愛の途中から遠距離になったんですって。
当時、ワタクシとカミさんはお互いの事を知りません。
もしかしたら七夕祭りの日に、それぞれのカップルどおして、
中央通りの七夕飾りの下でですれ違っていたりして。。
あるいは、どこぞの中華屋さんのカウンター席で、
たまたま並んで冷やし中華を食べていたかもしれません。
でも、、、ソレは有り得ないんです。時期が数年ほどズレてますから。
カミさんが心トキメカセて「やまびこ」に乗った頃には、
ワタクシにとって、すでに仙台は怨念の地になってましたもの。

でも、、、お互いにソレが昔話になったからこそ、今の暮らしがある訳で、、、
今では、仙台や冷やし中華には、なんら遺恨はございません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワテラスのイルミネーション(WATERRAS・千代田区神田淡路町)
カイシャの帰りに通りがかると、、、、 淡路町にある高層複合施設ワテラスが、妙に輝いていました。 比喩的な意味ではありません。ホントに光ってるんです。 いわゆる、イルミネーションでしょうかね。 特に、正面にある翼のようなモニュメントが見もので、 次々と色が変わっていくんです。 これはナニゴトでしょうか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/10/21 06:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冷やし中華は遠距離恋愛の味。。 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる