放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙女駅から灰寄せ(はいよせ)へ【1】北陸新幹線で乙女駅(長野県小諸市)

<<   作成日時 : 2016/10/01 11:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

母方親族の葬儀の為、長野県の小諸市に出かけてきました。
今回の足はJRですので、佐久平までは新幹線。
「北陸新幹線」と名を変えてからは、初めての利用です。
久々に東京駅の新幹線ホームに立つと、、、
見慣れない車両がウジャウジャいるのですね。
コレは、郡山行きの「なすの号」。(↓の写真)
ずいぶんエラそうなツラガマエですな。
画像

2階建ての「MAXとき」が入線してきました。(↓の写真)
コレも、ワタクシが乗った当時とは、ずいぶん印象が違いますよ。
みぃんなハナ高々になっちゃって。。。
それぞれ、何系とかいう車両の番号がついているのでしょうけれど、
Eの何系だか、ヘの8番だか、ワタクシにはサッパリわかりません。
画像

我らが、北陸新幹線の車両が入ってきました。(↓の写真)
JR東日本の新幹線に最後に乗ったのは、、、
5年前、やはり法事で小諸に出向いた際の「あさま」だったんです。
北陸仕様なのか、明らかに当時の「あさま」とは別物ですね。
ワシっ鼻で、他の車両とは少々印象が違いますよ。
なんだかイヂワルそうな目つきは、どれも共通していますが。。。
画像

はくたか555号、、、お世話になります。(↓の写真)
いよいよ北陸新幹線の初乗車、、、
もっとも、これまでの長野新幹線の区間で降りちゃいますが。。
やややや! 車両に「JR WEST」の文字が!
上越妙高駅から先はJR西日本なので、ソレでイイのかもしれません。
なればこそ、関西圏の新快速みたいなカラーリングなのでしょうか。
画像 画像

やはり新幹線は圧倒的に速く、、、
わずか1時間15分で、佐久平駅に着いてしまいました。
しかし、、、葬儀の会場は小諸です。
ココから、ドローカル線の小海線に乗らねばなりません。
かつては佐久地方の中心駅だった小諸駅は、、
もはやソレのハジッコ。。。寂しいものです。
ワタクシは、葬儀場の最寄駅である、乙女駅で下車します。(↓の写真)
東京でキップを買う際、
「オトメ? どこすか?」
などと駅員に聞き返されてしまった、ドドドローカル駅ですよ。
駅名だけは、思いっきりメルヘンチックなんですけどね。
画像

新幹線改札口を出て、、、
小海線のホームを目指しました。
渡り廊下のイキドマリが、ソレの模様です。(↓の写真)
画像

あれ? ホームへの入り口のところに、、、
ローカル無人駅でオナジミの、キップ回収ボックスが!(↓の写真)
なるほど、、、、
フツーなら、新幹線の改札口を出ると在来線の駅構内で、
その駅で下車する場合は、続いて在来線の改札口も出ますよね。
ところがココは、新幹線の改札口を出ると、もう駅の外なんですよ。
要は、佐久平駅は、、、
新幹線の駅に、小海線の無人駅が繋がってるだけだと言う事が判明しました。
画像

小海線のホームに出ると、、、
意外にも、高架の上の駅でした。
そして、高架の下を走っているのが新幹線。(↓の写真)
なんだかアベコベみたいですが、コッチのほうが工事費が安かったのでしょうね。
単線だし。非電化だし。
小海線の佐久平駅は、新幹線の開業に合わせて設けられた新駅なんです。
画像

小諸行きディゼルカーがやってきました。(↓の写真)
ホームは1面。線路は1組。車両は1両。
すべて1で揃えられたシンプルさ。
マチガエようがありません。
いえいえ、逆に、、、上りと下りの列車をマチガエそうですね。
そしたらタイヘンですよ、、
戻るにも、列車の本数が少ないですから。
画像

車内は、こんな感じです。(↓の写真)
整理券や料金箱を備えていまして、なんだかバスみたいですね。
でも、、小海線をナメてはいけません。
JRの駅の標高ナンバー1(野辺山)からナンバー9までを全て抱える、
日本でも指折りの高原鉄道なんですよ。
別称の「八ヶ岳高原線」の名は、ダテではありません。
画像

20分ほどで、乙女駅に到着。(↓の写真)
ココからの乗客はゼロ、、、降りたのはワタクシ1人。
完全に独占ですね。
ココも単線・1面だけのホームで、、、
隣りを走っている線路は、かつての信越本線になるんです。
並列するも、駅があるのは小海線だけ。
そのチンケなホームを横目に見ながら、、、
長野方面に行き来する特急やら急行が、ビュンビュン走っていた訳ですよ。
新幹線の開業後は、第三セクターの「しなの鉄道」に降格し、、
今や、両者とも似たり寄ったりな運行状況になりました。。
画像

乙女チックなモノなど何もない無人駅ながら、、、
なんだか風情だけはありますね。(↓の写真)
ココから葬儀場までは、親に貰った2本の足を使うのみ。
バスもタクシーも、ココに近寄る気配すら無いんです。
ガンバリましょう!
ところで、、、、
タイトルの「灰寄せ」って何かですって?
そのあたりは、コチラをご覧くださいな。
2年半前に呼ばれた、ソレの記事でございます。
画像

【その2】灰寄せ編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宮古・釜石、0泊2日【3】銀河鉄道と新花巻駅(岩手県釜石市〜花巻市)
宮古での徹夜シゴトを終え、釜石経由での帰り道。 新花巻から新幹線でバビューンと帰るべく、 釜石線のドン行列車の車中のヒトとなりました。 この釜石線は「銀河ドリームライン釜石線」とも名乗っています。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデル、、、 ソレが釜石線(当時は岩手軽便鉄道)だったからなんですって。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/10/09 09:56
信濃の国でお葬式(長野県小諸市)
昨年の9月の葬儀に続き、、 また、母方実家の小諸の葬儀に参列する事になりました。 コドモの頃、夏休みは常に小諸で遊んだものですが、 当時のワタクシには、やがて葬儀で通う事になるなんて予想だにしませんでしたよ。 避ける事の出来ない人の世の常ですね。 早朝の北陸新幹線に乗って、いざ小諸へ。 (↓の写真は、雪をかぶった浅間山。車窓からの眺めです) ...続きを見る
放浪者の平日
2017/02/05 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまです。ひょっとして葬儀は前月28日、O 家でしたか?歩いてきたと話題になっていた方でしょうか?
小諸の風
2016/10/01 22:59
小諸の風さん、コメントありがとうございます。

もしかしたら、ソレがワタクシかもしれませんよ。
乙女駅を利用する乗降客は少なそうですもんね。
それでも、1日当たり150人は利用している模様です。
おぎひま
2016/10/02 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
乙女駅から灰寄せ(はいよせ)へ【1】北陸新幹線で乙女駅(長野県小諸市)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる