放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 長男坊、、修学旅行は京都・奈良

<<   作成日時 : 2016/10/05 13:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

長男坊が、オタノシミの修学旅行に行ってきました。
行先は、京都奈良。
都内の中学校としては、定番中の定番ですね。
もちろんワタクシも、同じパターンでしたっけ。
東京駅を目指す長男坊の班も、
無事に待ち合わせ場所に集合しました。(↓の写真)
画像

ソレを見送るマナムスメ。(↓の写真)
保育園ではサマーキャンプというお泊り行事に2回ほど参加しています。
しかし、次は小5の日光林間学校までお泊り行事は無く、、
ウラヤマしくて仕方ない模様です。
日光は2年後、そして京都奈良は6年後、、、
ソレまで待つのだよ。
とにかく、いってらっしゃいませ。
画像

旅行中はカメラや携帯の持参は不可との事で、、、
道中の写真はありません。
カレのノーミソに刻まれた(ハズ)だけです。
とにかく楽しかった模様ながら、、、、
ワタクシの時代とは、ずいぶん違うのですね。
たとえば、、、
【自由行動の時間がタップリ】
2泊3日の中日は、ほぼ前日が自由行動。
あらかじめ班で計画表を作成して許可を得て、、ソレに従った班行動。
ただし、、計画を無視して勝手に出歩く事はムリ。
「京都散策愛好会」から派遣されたガイドさんが同行する仕組みの為。
ワタクシの時は、、、自由行動は皆無。。
宿は京都・奈良の境目の山の中だったので、、、
夜にコッソリ抜け出しても、動物に遭うだけ。。

【宿のレベルが良すぎ】
通常、1泊2食1万円超の宿。
朝メシ、晩メシは、なんと班ごとに部屋食!
ワタクシの時は、、、メシなんぞギチギチ大広間。
経費節減のジンギスカン風鉄板焼き料理。
コーフンしたアフォが食べすぎ、雑魚寝部屋でリバース。
確か「中心山荘」という宿で、、、今や廃業してる模様。
画像

そして、、、長男坊が買ってきたオミヤゲは、、、
まずは自分ミヤゲ。
「すんごい京都らしいモノを選んだ!」
などと自信満々に披露したのは、
「BOZU」と書かれた、BOSSのパクリTシャツ。(↑の写真)
コレって、京都らしいですか。。。
画像

家族へのオミヤゲは、、八ッ橋です。
コレは京都らしいですね。
まず、焼いてあるソレは、珈琲味とあり、、、(↑の写真)
た、確かに、コーヒーの味がしますよ。うんうん。
で、生八ッ橋はコチラ。(↓の写真)
くりのヤツを選んだのですね。
あえてフツーぢゃないモノばかり選ぶとは、
いったい誰に似たのでしょう。
トォチャン? さいですか。。

ちなみに、、
どちらの八ッ橋も、製造元は「聖護院」とありました。
調べてみると。ソコの会社は、、
泊まった宿、「聖護院 御殿荘」と同系列なんですって。
なるほど、、抱き合わせですかい。
ワタクシ的には「おたべ」のほうが良かったのに。。
画像

オヤツ系のオミヤゲが大好きなマナムスメでしたが、、、
案の定、八ッ橋はイマイチだった模様です。
あの独特なニッキの風味が苦手なんですって。
「なかみは おいしいんだけどね。。」
などと言いつつ、、申し訳なさそうに1つだけ食べました。(↓の写真)
あ〜あ。。
だから「おたべ」がイイと言ったのに。
ニッキ抜きのタイプも揃っているんです。
もっとも、、、
ワタクシは、ニッキ入りのほうがソレらしくてイイですが。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
記事をほのぼの眺めているとおぎひまさんの泊まられた中心山荘でへーとなりました。昔は山の中で平成元年以前は最寄り駅の大住駅はまだ電化されてなく道路も未整備な地域でしたね。
住宅開発で松井山手駅ができ道路も京都山手幹線があり昔の面影は全くなくなりました。と書いていますが駅広告や案内看板は見ているのですが中心山荘には私は行ったことが有りません。
アジア飯好きBK
2016/10/05 21:55
アジア飯好きBKさん、コメントありがとうございます。

そうですか、あの界隈は宅地化されましたか!
記憶はアイマイながら、、
バスが、不安になるほどの山中に登っていったイメージでした。
住宅地内の宿では、風情が無いですもんね。。
おぎひま
2016/10/06 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
長男坊、、修学旅行は京都・奈良 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる