放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 水島、、、サンゴ礁モドキの無人島です(福井県敦賀市)

<<   作成日時 : 2016/11/13 09:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

若狭湾の中にある、敦賀湾に浮かぶ無人島、、、水島。
円弧状に細長く陸地が続き、、果てしなく青い海。。
まさに、見た目はサンゴの環礁(の一部)なんですよ。
そうそう、モルジブとか、そんな感じでしょうか。
島中が海水浴のメッカになっています。
ホントは珊瑚礁ではなく、砂州なんですけどね。。
画像

これが、本土側から眺めた水島です。(↓の写真)
右奥の大きな陸地ではありません。
ソレは敦賀湾を挟んだ反対側の本土。
その全然手前に、ポツンポツンと緑が連なっているのが水島です。
小さな島なんです。。
画像

海水浴シーズンには渡船が運行されます。
運行会社はオーミマリン。
竹生島などへの琵琶湖航路を運航しているカイシャですね。
ソレを待つ人々、、、すんごい人気ですよ。(↓の写真)
まるで、国外脱出を企てる難民の様相です。
でも、、、コレに並ばなければ水島へは渡れません。。
画像

島を目指す難民船、、、ではありません。渡船です。(↓の写真)
ピストン運行なので、案外とアッサリと乗船できました。
乗船時間は10分程度、、、
さあ、珊瑚礁(みたいな砂州)の島で、リゾートしましょうぞ。
画像

いざ上陸!
細長いサンゴ(みたいな砂州)の海岸を、隊列を組んで歩く海水浴客。
思い思いに泳ぐ場所、、、陣地を築く場所を目指しましょう。
対岸(本土側)を見なければ、モルジブ感はアリアリですね!
画像

我が家の陣地は、ブン投げ式の日避けタープです。(↓の写真)
島内には東屋とかは全くありませんから、
日陰は自分で作るしかありません。
ちなみに、、、トイレはあります。
仮設ですが。。
画像

食堂や売店もありません。
弁当などは持参するしかなく、、、
我が家は本土側の売店で購入しました。
船着き場の駐車場の周辺前に、コンビニ、水洗トイレ、シャワーがあります。
こういう所で食べれば、何だってウマいですよ。(↓の写真)
画像

かなり混んではいましたけれど、
それなりに、リゾート気分を味わう二人たち。(↓の写真)
若狭湾の無人島海水浴も、なかなかオツですって。
ワイルドさを味わうならば、御神島のほうをオススメいたします。
ただしソチラは、漁船をチャーターしなければなりません。
画像

水島の過去記事:
http://ogihima.at.webry.info/201208/article_12.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
御神島、、、無人島のプライベートビーチ(福井県若狭町)
若狭湾、常神半島の先っちょあたりに浮かぶ無人島、、御神島。 ソコに上陸すれば、、 ワイルド感アリアリのプライベートビーチが待っています。 同じく若狭湾の水島の、珊瑚礁チックな海水浴もイイですが、、 コチラは完全貸し切り状態。 ああ、なんてゼイタクなんでしょう。 人工のモノは、何もありません。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/11/19 06:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水島、、、サンゴ礁モドキの無人島です(福井県敦賀市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる