放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「DingDong」と「ナガラヤ」、、、フィリピン菓子です

<<   作成日時 : 2017/02/08 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

会社のエラいヒトから、フィリピンみやげを貰いました。
以前、キョーレツな煙草を頂戴してミモダエましたが、、
今回は菓子なので、安心して食べられそうです。
でも、、中国産のキョーレツな菓子を貰い、やはりミモダエた事がありましたっけ。。
なので油断は出来ません。
画像

一つ目はコレ。「DingDong」というヤツです。(↑の写真)
日本でも見かけるような豆菓子でして、、、(↓の写真)
まあ、フツーにウマいです。
食べ始めると、ついつい手が止まらなくなるタイプでして、、
菓子の方向性は違いますが、そのあたりはカッパエビセン型ですね。
「DingDong」の意味は、ジャンジャンバリバリみたいな擬音らしいです。
そのあたりを意識してのネーミングだとしたら、、
とても実態にあっています。
画像

止らなくなるウマさならばアリガタいところなのですが、、、
シゴト中に食べ始めると、ホントに止まらなくなって困るんです。
なぜなら、、、一袋が大量すぎですって。
同じサイズの日本製品のサッポロポテト(小袋)と比べてみましょう。(↓の写真)
キモチだけ、サッポロポテトより小さく見えましょうが、、、
画像

サッポロポテトの内容量が24gなのに対し、、、(↓の写真)
画像

なんとDingDongは100g!!(↓の写真)
4倍以上の量が、パッツンパッツンに入っているんですよ。
ちなみに、、サッポロポテトは大袋でも85g。
そりゃ、食べ始めたら止まらない訳ですって。
国産菓子を4袋も連続で食べているのと同じですもの。
必要以上にデカい袋にユッタリと入れ、商品を多く見せよう、、、
そんなアゲゾコ根性は無い模様です。エラい!
画像

続いて、コチラは「ナガラヤ」と書かれた菓子。(↓の写真)
日本語表記? フイリピンの製品なのでしょうか?
ローマ字でも「NAGARAYA」とありますね。
「長良屋」と言えば、名古屋の和食屋さんみたいですが。
画像

中身は、これも豆菓子でした。(↓の写真)
やっぱりクセになりそうで、ついつい手が伸びますよ。
でもコチラはダイジョーブ。
内容量20gでユルユルです。
すぐに食べ切ってしまいます。
画像

ノーガキを見ると、、、
マチガイなく、メイドイン・フィリピンですな。(↓の写真)
ならば、なぜ日本語表記? なぜナガラヤ?
家電などで、いかにも日本語チックなネーミングの海外製品もありますが、
コレも、そういう狙いなのでしょうか。
イロイロ調べてみても語源は判りませんでしたが、、、、
コレは、フィリピンでは激しく有名な菓子で、、、
日本人にも大人気なんですって。
また、ハワイなどの海外にも広まっているみたいです。
あなどれませんね、フィリピン菓子。。
日本でもフツーに買えるのであれば、コレは試してみる価値がアリですぞよ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「DingDong」と「ナガラヤ」、、、フィリピン菓子です 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる