放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪王将 末広町店、、、「餃子」ナシでも餃子あります(千代田区外神田)

<<   作成日時 : 2017/03/15 05:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

餃子、、、しかもラーメンつきでソレが食べたくなり、、、
ならばと、王将にイザナワれてみました。
有名専門店ですから、マチガイは無いでしょう。
屋号にもキッチリと、、、あれ?
ソレには、餃子の文字が全く無いのですね。。
画像

餃子がウリの王将は、2つの系統あるんです。
別名「京都王将」とも言われる「餃子の王将」が元祖です。
後に創業者一族が分派して独立したのが「大阪王将」。
双方はライバル会社となり、「王将」という商標権を争ったんですって。
裁判所を介した和解の結果、、、、
後発の「大阪王将」は、「王将」の使用権は確保できたものの、、
屋号に「餃子」をつけられない事になったそうです。
まあ、餃子がウマければイイんです。。
6個260円? イイでしょう。(↓の写真)
画像

で、ラーメンですが、、、
意外や意外、麺類+餃子のセットが存在しないのですね。
醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、とんこつラーメン、、、(↓の写真)
いずれも510円ですから、餃子と合わせて770円。
まあ、安い部類でしょうか。
大阪王将は系列でよってこやなるラーメン店も営んでますから、
ソコソコのモノは出てくると信じましょう。
画像

酢、醤油、ラー油の3点セット、、(↓の写真)
ワクワクしながらタレを作ろうぢゃないですか。
もっとも、このタレは日本独特の文化みたいです。
ちなみに中国では餃子は米や麺と同じく主食扱いで、
なのでチャーハンや白飯と合わるのは、
ダブル主食で違和感アリアリなんですって。
そもそも中国は水餃子のほうが主流ですし。
日本風の餃子は「日式餃子」と呼ばれて和食とみなされ、
和食の店で寿司なんぞと並べられてるそうです。
ソッチのほうが違和感アリアリですよ。
画像

登場した餃子。(↓の写真)
なんだか妙に形がよく、まるで工業製品のようです。
カヂってみると、もちろんウマいです。
ウマいですけれど、、、、、
あまりにも王道チックすぎて、面白味はありません。
王将だから王道でイイ?
さいですか。
画像

で、コレは「味噌ラーメン」。(↓の写真)
まあ、値段なりの仕上がり&物量ですね。
餃子と合わせれば物足りない事は無いですが。。
麺類は、京都王将のほうが充実しているように思えます。
例えば、瑞江店平井店、それぞれの味噌ラーメンと比べてみてくださいな。
コチラよりは100円くらい高いですけれど。。
大阪王将でも以前食べた大阪ちゃんぽん720円はゴージャス感がありましたね。
まあ、ソレも少々高かったですけれど。
要は値段と比例、、、オカネモチになりたいなぁ。。。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/71282.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪王将 末広町店、、、「餃子」ナシでも餃子あります(千代田区外神田) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる