放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 早春の房総・勝浦〜館山【1】松の家と、遠見崎の雛人形(千葉県勝浦市)

<<   作成日時 : 2017/03/05 07:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

突発的な出張で、急遽、千葉県の勝浦市に出向く事になりました。
昨年秋の宮古出張のような、深夜移動の夜なべ仕事は勘弁ですが、、
今回は、前日から移動して宿泊りなのでラクチンですよ。
勝浦の美味も堪能しようぢゃないですか。
そんな余裕が出来るといいのですが。。
画像

この日の宿は、勝浦市街の「旅館 松の家」です。
同行の若手君がネット予約した宿なのですが、、
なんとも威厳に満ちた、古風な老舗旅館ぢゃないですか!(↓の写真)
昭和初期の建物で、国の登録有形文化財にも登録されているそうな。
わ、若手君! 宿代はダイジョーブなの?
素泊まりで6500円? 案外とフツーなのね。
ホッ。。。
画像

部屋はシックな和室です。(↓の写真)
趣のある調度品もチラホラと配置されていました。
ワタクシの部屋に置かれていた、思いっきりアンティークな行燈(あんどん)は、
「ごめんなさいねぇ」
などと言いながら、スタッフが持ち出してしまいました。
たぶん、お大尽な上客の部屋に運ばれたのでしょう。
画像

風呂は、各部屋にトイレと一体化したユニットバスがありました。
それとは別に、貸切制の古代檜風呂が2つ。
40分単位の先着順です。
ワタクシが入ったのは、別棟のほうの檜風呂。(↓の写真)
本館の檜風呂のほうが壮観みたいですので、
ぜひぜひソチラ指定でお試しを。
画像

本館の玄関先に、いくつもの雛人形が飾られていました。(↓の写真)
明治とか大正とか、かなりの年季モノもあるんです。
ううむ。これはお見事!
いいタイミングで泊まったものですよ。
画像

そしたら、、、すんごいポスターを発見しました。
長い石段に、ズラっと配置された雛人形!(↓の写真)
宿の近くにある遠見崎神社というところの石段だそうですが、ものすごく壮観ですよ。
これは「かつうらビッグひな祭り」という催しで、
60段の石段に1800体のお雛様が並んでいるんですって。
これは、ぜひぜひ実物を見てみたいぢゃないですか。
画像

バンメシを喰いに外に出て、、、
その帰りに、遠見崎神社に寄ってみました。
心配だったのは、、、、
実はこの日、宿に到着する直前まで雨が降っていたんです。
そんな天候の時、雛人形は出しっぱなしなのでしょうか。
片づけられていたら、何にもナシぢゃないですか。。
おおっ! コレですな!
闇の中に、ライトアップされた階段が浮かび上がってます。(↓の写真)
画像

いましたいました! 
お雛様の大軍がオワシマシますよ!
石段の真下から、見上げた光景がコチラ。(↓の写真)
大迫力です。まさに、雛人形の断崖絶壁!
一歩間違ったら、ソレの雪崩ですって。
画像

しかし、腑に落ちないのは、、、、
神社の入り口あたりにあった看板です。
ソコには
「本日は石段の飾りは中止」
などと書かれていすんですもの。(↓の写真)
ならば、コレは何でしょう。
お雛様のマボロシを見ているのでしょうか。
あるいは、お雛様のタマシイだったりとか。。
画像

若手くんが叫びました。
「アッ! これ、ちがう!!」
「えっ?」
「雛人形ぢゃないですよ!!」
よぉぉぉく見ると、、、、
なるほど、、、確かに、雛人形など一つも置かれていません。
たった今までソレだと思っていたのは、、、
なんと、階段の垂直部分に描かれた絵だったんです。(↓の写真)
暗がりなので、よく判りませんでした。
おのれぇ、雛人形、、影分身を使ったな!
いったい、何の為に!!
たぶん、、、、
雨などで中止になっても、そのフンイキだけでも伝える為の工夫なのでしょうか。
まんまと、その工夫にハマりましたよ、我々は。
何も無いよりは遥かにマシですから、
アナタガタのモクロミどおり、満足して帰る事にいたしましょう。
絵だと気がつかずに帰ったほうが、もっとシヤワセだったに違いありません。
画像

旅館 松の家 公式サイト:
http://katsuura-matsunoya.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
早春の房総・勝浦〜館山【2】佐良屋で勝浦タンタンメン(千葉県勝浦市)
突発出張で勝浦にやって来たワタクシ。 宿に荷物を置いたら、さっそくバンメシに繰り出さねばなりません。 まるで深夜のように静まりかえる、勝浦の商店街、、、 まだ20時過ぎなんですけどね。。 どうにか営業している店を見つけると、、 「勝浦タンタンメン」のノボリがハタメいていました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/03/06 06:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早春の房総・勝浦〜館山【1】松の家と、遠見崎の雛人形(千葉県勝浦市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる