放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災後の石巻【3】中華そば十五浜屋(宮城県石巻市)

<<   作成日時 : 2017/04/18 05:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

R398女川街道沿いのラーメン屋さんです。
創業は昭和38年の老舗で、
かつての屋号は「十五浜屋食堂」。
津波で被災、、、翌年に再開、、
道路整備の為に移転させられ、、
そして2015年5月に、やっと再開できたんんですって。
通りがかりでの入店ですが、
長年培ってきたラーメンを堪能させて頂きましょう。
画像

店の界隈は、再建できた家と更地とが入り交じった状態です。
この店も、グーグルマップで見ると更地でした。(2017年4月現在)
そんな環境の中で、ひときわ目立つ看板!(↓の写真)
屋号の「十五浜」の由来は判りません。
石巻市に合併された旧・雄勝町が、かつては「十五浜」と呼ばれたそうですので、
そのあたりに起因しているのかもしれません。
画像

真新しい店内は山小屋風で、(↓の写真)
ラーメン屋と言うよりは、小粋な喫茶といった感じでしょうか。
ワタクどもの入店時は、常連さんらが宴会中でしたので、
喫茶店よりも洋風居酒屋ってな雰囲気だったかもしれません。
画像

メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
中華そば500円、、、安いです。
チャーシューメン750円、、、これも然り。
みそラーメン700円、、、ソレがあるなら注文はキマリ!
タンメン700円、、肉うどん・そば600円、、
あとはカレーにチャーハンですね。
いかにも街場の食堂、、、といったラインナップだと言えましょう。
画像

同行の若手くんは、「中華そば」の大盛り、、、600円。(一番↑の写真)
かなりデカいドンブリで、、まさに洗面器サイズですよ。
その大きさは、、、ナルトのサイズで察してくださいませ。
ワタクシは「みそラーメン」700円。(↓の写真)
普通盛ですが、これまたデカい&スープがタップリですね。
口当たりの良い穏やかな味噌で、、
何気に漂う酸味は、あえて狙った味だと信じましょう。。。
麺に大いに特徴がありまして、、、
細くて激しく縮れ、それでいてコシがバツグンにあるんです。
これは、創業当時からのコダワリなんですって。
そのココロ、キチンと記憶にとどめておきましょう。
画像

石巻ならではのラーメン!! とか、、
唯一無二なオリジナリティー!! とか、、
一度食べると死ぬまで忘れない味! とか、、
このラーメンには、そういうモノはありません。
あくまでも、創業当時の味をキッチリと守り抜いてきたラーメンなのでしょうね。
おおっ! コレコレ!
的に、安心感を与えてくれる味わいなのですよ。きっと。
ワタクシも、しっかりと味あわせて頂きましたので、、
いずれ再訪するチャンスがあれば、
「そうそう、コレだ!」
などと、喜ばせて頂きますです。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/99372.html

【その2】津波の痕跡とナンダコリャ丸の悲劇に戻る
【おみやげ編】金華鯖と牛タンジャーキーに続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
震災後の石巻【おみやげ編】金華鯖と牛タンジャーキー(宮城県石巻市)
1泊2日の突発的な石巻出張、、、 ホントは3日の予定だったのですが、気合で縮めました。 当然ながら、オミヤゲを買って帰らねばなりません。 相変わらずの突発出張でしたし。。 えっと、、、 石巻ミヤゲって、何を買えばイイのでしょうか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/04/19 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

ボリュームたっぷりでいい感じの一杯ですね!
野菜の量も多そうです。
タンメン食べてみたいです(^^)
酒乱
2017/04/18 13:57
酒乱さん、コメントありがとうございます。

汁っ気がタップリすぎて目立ちませんが、
具も相応な量でした。
なので、タンメンもイケてそうですよ。
おぎひま
2017/04/19 06:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災後の石巻【3】中華そば十五浜屋(宮城県石巻市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる