放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 南三陸・島巡り【1】絶景!大高森、、、宮戸島1(宮城県東松島市)

<<   作成日時 : 2017/05/10 06:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 0

東京から走りに走って、、、、
8時間がかりで宮戸島に上陸しました。
宮戸島は、日本三景・松島の隣りに位置しまして、
その界隈は奥松島とも呼ばれています。
「日本三景」とは別に「日本三大渓」ってのもあるらしく、
その一つ「嵯峨渓」というのが、宮戸島に存在するそうです。
ぢゃあ、ソレもキッチリと見てやろうぢゃないですか。
画像

宮戸島と本土の間には、松島のような小島が幾つも浮かんでいたそうです。
まさに、第二の松島チックな光景だったんでしょうね。
しかし、それらの島鳴瀬川や北上川が運んできた砂に埋もれ、
陸地に取り込まれてしまったそうです。
同様に、宮戸島自身も陸続きになったものの、、
後に運河が掘られて再び島に戻ったとの事です。
地図を見ても、かろうじて島ってな感じですもんね。(↓の写真)
すぐ隣の浦戸諸島(桂島野々島寒風沢島朴島)とクンずホグレつな位置関係ながら、、
宮戸島は、浦戸諸島に属しません。
それぞれが属する自治体(浦戸:塩釜市、宮戸:東松島市)も異なり、
双方を行き来する航路も橋もありません。
「浦戸諸島」とは、地形よりも行政が優先されたネーミングなんでしょうか。
画像

クルマで上陸して程なく、「あおみな」という施設が目に入りました。(↓の写真)
宮戸地区復興再生多目的施設という位置づけだそうでして、
オミヤゲの販売所や奥松島の遊覧船待合所を兼ねた、
この界隈の復興のシンボル的な施設なのだそうです。
画像

その施設で、我が家の目をクギヅケにしたのは、焼きそばのノボリ旗。
地域の方々が、模擬店を出していたんです。
ヒルメシを喰いっぱぐれていた我が家にとっては、まさに救いの神ですよ。
画像

ゲットできたのは、、、
焼きそば、肉巻き、アメリカンドッグ、フライドポテト、玉こんにゃく。。。(↓の写真)
ゴチソウですよ! ゴチソウ!
思いっきり、おいしく頂きましたですとも。
宮戸の復興のシンボル的な食堂だった「げんちゃんハウス」は3月で閉店してしまったそうですから、
ホントに助かりました。
画像

「あおみな」には、足湯もありました。(↓の写真)
もちろん無料です。すばらしい。
でも、、、
我が家は時間が無いのでソレはパス。。
全て、常磐道の渋滞の影響です。
画像

我が家が目指したのは、、、大高森。(↓の写真)
宮戸島の最高峰の山でして、標高は105.6 m。
頂上からの眺めは壮観で、、「松島四大観」の一つなのだそうです。
なんだか纏め上げるのが好きですね。。
「あおみな」の目の前が登山口でした。
画像

標高差100mなので、ひと汗かく程度で山頂へ。(↓の写真)
さしたる危険個所は無く、、、
我が家の足で、15分程でした。
画像

キチンと三角点もありました。(↓の写真)
例によって、ソレを踏みしめてヨロコぶマナムスメ。
登山の際の、我が家のオヤクソクごとなんです。。
ちなみに、2等三角点でした。
画像

眺望は、確かにバツグンでした。(↓の写真)
折り重なる浦戸諸島の島々と、ソレに挟まれた海。。
1年半前に歩き回った島々ですから、なんとも懐かしくもあります。
あの時の我が家の行動は、宮戸島から観察されていたのでしょうか。
まさか、そんな事はないでしょうね。
画像

反対側には、牡鹿半島が見えました。(↓の写真)
写真映りはキビシいですが、、金華山も映ってるんです。
ソチラには2日後に上陸予定です。
待っててね、金華山。
その前に、、、
この島のウリ、、嵯峨渓を押さえとかねばなりません。
画像

(つづく)

常磐道、北へ!に戻る
【その2】日本三大渓・嵯峨渓、、、宮戸島2に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南三陸・島巡り【2】日本三大渓・嵯峨渓、、、宮戸島2(宮城県東松島市)
宮戸島の名称地・大高森の眺めを堪能した後は、、、 日本三大渓に名を連ねる、嵯峨渓に向かいました。 不肖ワタクシ、、、 「日本三大渓」なるモノの存在は初耳でしたが、、 コギレイな風景を楽しめる場所には違いないでしょう。 さっそく、レッツゴー! ...続きを見る
放浪者の平日
2017/05/11 06:25
南三陸・島巡り【7】津波跡と不思議な廃墟、、、出島2(宮城県女川町)
牡鹿諸島・出島の寺間港に上陸し、 出島港まで島を横断してきた我が家。 島を離れる船の出航時刻までは、まだ3時間近くありまして、、、 ならば、港の周辺をじっくり探索する事に。 何か、シヤワセなモノがあればイイのですが。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/05/17 06:09
南三陸・島巡り【最終回】恐怖・みちびき地蔵に気をつけろ!、、、大島5(宮城県気仙沼市)
離島の浜は、ゴツゴツの石だらけ仕様の浜が多いように思えます。 やはり砂を供給してくれる川が無いと、砂浜が出来辛いからでしょうか。 しかし、気仙沼大島には、どちらも揃っているんです。 石だらけなのは、気仙沼大島キャンプ場の裏の石取浜。 砂のビーチは、十八鳴浜、小田の浜、田中浜。 その田中浜のハジッコあたりに、、ちょっとホラーなスポットがありました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/05/29 05:42
猊鼻渓(げいびけい)、、船に乗らなきゃ何も無し。。(岩手県一関市)
気仙沼大島から東京への帰路、、、 東北道・一ノ関ICを目指し、R284を西に進んでいた我が家。 道路標識に「猊鼻渓 〇〇Km」なんてのが見えてきました。 猊鼻渓(げいびけい)は、断崖絶壁を船から眺める景勝地で、、 日本三大渓ってのにも名を連ねているそうです。 通り道ならばと、少しだけ立ち寄ってみる事にしたのですが。。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/06/01 06:21
鶴巣PAで仙台グルメ(宮城県大和町)
南三陸の離島巡りからの帰り道。。 東北道を南下中、途中でヒルメシタイムが迫ってきました。 理想は、、仙台の街中に立ち寄り、、、 牛タンなんぞを食べたかったのです。 しかし、そんなノンビリしていられません。 GWの東北道、、行きは東京から松島まで8時間がかりですよ! 猊鼻渓なんぞに(不毛に)立ち寄り、時間も押してますし。 結局は、、サービスエリアでメシですな。。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/06/02 07:09
サービスエリアにトロリーバス登場!(那須高原SA・栃木県那須町)
GW、、南三陸の離島巡りからの帰り道。 休憩で立ち寄った、那須高原SAで、フシギなモノを発見しました。 サンフランシスコの路面ケーブルカーのようなモノが停まっているんです。 アナタはココで、何をやっているのですか? 線路も無いのに、どうやって来たんです。 また、どこに行こうとしているんです。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/06/05 05:32
並んでいます、、、秋葉原ガチャポン会館、その他(千代田区外神田)
アキバには、イロイロと変わった店がありますね。 コレも、その1つ。 「ガチャポン会館」と言いまして、、 いわゆるガチャガチャの専門店です。 コインを入れると何が出てくるか判らない、 オコチャマが喜ぶアレですよ。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/06/07 07:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南三陸・島巡り【1】絶景!大高森、、、宮戸島1(宮城県東松島市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる