放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 南三陸・島巡り【15】「島おとめ」と「浜料理 桜田」、、大島4(宮城県気仙沼市)

<<   作成日時 : 2017/05/28 08:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

気仙沼大島には、商店や食堂、宿が存在するんです。
アタリマエだと怒られそうですが、、、
離島の旅は、そういうモノが全く無いケースも多いです。
今回の場合は江島出島がソレですし、、
同じ宮城の浦戸諸島に至っては、4島まとめても食堂ゼロだったりしましたもの。
とにかく、あるモノは活用しなければ損ですから、、
ステキな店で、ウマいヒルメシでも食べましょうか。
画像

ところで。。。
気仙沼市にはホヤぼーやなるユルキャラが存在しますが、、
大島は大島で、独自のソレが居るんです。
その名も「木春(こはる)」ちゃんと「柚花(ゆずは)」ちゃん。(↓の写真)
島の名産の椿と柚子に絡めた、ちょっとムリヤリなオジョーチャン達なんですよ。
椿の字を分解して木春ちゃん、、、
なぜかアタマにウミネコが乗っちゃってる柚花ちゃん、、
思いっきり女児が書いたような絵柄なのは、応募作品なのでしょうか。。。
ホヤぼーやとのカラミは、、、想像もできません。
画像

この2人は、「島おとめ」というチームなのだそうです。
しかししかし、、、そこのアナタ!
アナタも島おとめになれるんですよ。(たぶん男性不可)
気仙沼大島観光協会に足を運ぶとスタンプが貰えまして、、
ソレが3つ溜まると、アナタも島おとめ認定。
スタンプは1日1回なので、3日間は島に滞在する必要があります。
島おとめに認定されると、、、
気仙沼大島の観光特使として、島のPR活動への参加要請があるみたいですよ。
実際、島のオフシャルのカレンダーを見ると、、
何人もの島おとめがモデルとして映っていますもの。
それをキッカケに、アイドルになれるかも。。
さあ、気仙沼大島観光協会にレッツゴー!!
今のところ、プレハブ仮設のタタズマイですが。。(↓の写真)
画像

驚くべき事に、、、、
観光協会の建物の脇に、、
木春ちゃんと柚花ちゃんがオワシマシました。(↓の写真)
ううむ。。。
女児画チックなタッチを、見事3D化してしまったのですね。
なかなかタイヘンだったと思います。
柚花ちゃんのドタマには、キチンとウミネコが乗ってますし。
恐るべし、気仙沼観光協会、、、お見事でした。
画像

で、ヒルメシですが、、、
観光協会のスタッフがイチオシの店「桜田」にやって来ました。(↓の写真)
「食事処 浜料理」を冠し、これは期待しようぢゃないですか。
ただし、紹介してくれたスタッフによれば
「フイに休んじゃったりするので、、、ねぇ。。」
との事ですが。
画像

メニューはこんな感じです。(↓の写真)
刺身、とんかつ、エビフライ、天ぷら、カキフライ、鳥唐、、
それぞれの定食で、いずれも1000円程度です。
なかなかスッキリとしたメニューですが、、
夜に来ると、イロイロと一品料理が選べるのだと思います。
画像

カミさんは「刺身定食」1000円をチョイス。(↓の写真)
これは予想通りです。テッパンです。
ご当地モノ、海鮮モノが大好きなカミさん、、、
やっぱり浜料理といえばコレでしょう。
ご飯と味噌汁がついてきます。
味噌汁は、出汁感がアリアリのアラ汁でした。
画像

長男坊とワタクシは「カキフライ定食」1000円。(↓の写真)
コレもご当地系ですよね。宮城県ですもの。
カキは3匹で、数量的には寂しげながら、、、
1個が大き目なので、モンダイはありません。
ああ、ビールが欲しいなぁ。。
早く長男坊が免許取ってくんないかなぁ。
あと2年。。。
画像

マナムスメは、空気を読まずに「とんかつ定食」1000円。(↓の写真)
エッ? 気仙沼大島と言ったらトンカツ?
ホントかよ。。。まあイイでしょう。
もし、メニューに炒飯があったら、、
マチガイなくソレを注文するクセに。。
画像

ヒルメシを堪能したら、、、、
晩飯の買い出しですね。だってキャンプですもの。
そこで、島のスーパー「コックス」に出向きました。(↓の写真)
島の中央の高台にあり、、
震災直後でも営業していた、タクマシき店だそうです。
画像

鮮魚コーナーに出向くと、、
我が家の地元・江戸川区のスーパーでは見かけないモノだらけ。。
ワタクシ的には初耳のモノも、ウヨウヨあるんです。
例えばコレ。(↓の写真)
「メカのハーモニカ」
ナニモノでしょう。。
画像

続いてコレ。
「なめた」とあります。(↓の写真)
コレも未知の魚、、、、
形状はカレイみたいですね。
画像

「このしろ」と「ネウ」。。(↓の写真)
アイナメとカッコ書きされていますが、
ソレが無かったら、またまた未知の魚ですって。
画像

「ヒいか」とあります。(↓の写真)
見りゃ、イカだってのは判るものの、、、
何語でしょうか。。。
そして、ナニモノでしょうか。。
画像

「ソイ」。。。(↓の写真)
カッコ書きの「未」は、どういう意味ですか?
まだオボコな魚なのかしらん。
でも、そんなの判りませんよね。
画像

「たなご」、、、、(↓の写真)
コレは判りますが、、、
こんなにデカいサカナでしたっけ?
確か淡水魚のハズですが、気仙沼港産なのはナゼ?
もしかして、全然違う魚なのかしらん。。
そんな訳で、、、おそるべし気仙沼大島。
未知の魚のオンパレード。。
東京海洋大学客員准教授・さかなクンに、同席頂きたいところです。
そうそう、彼って“渚の駅”たてやま名誉駅長でもあるんですってね。
しりませんでした。。
画像

【その14】十八鳴浜と龍舞崎、、、大島3に戻る
【最終回】恐怖・みちびき地蔵に気をつけろ!、、、大島5に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南三陸・島巡り【最終回】恐怖・みちびき地蔵に気をつけろ!、、、大島5(宮城県気仙沼市)
離島の浜は、ゴツゴツの石だらけ仕様の浜が多いように思えます。 やはり砂を供給してくれる川が無いと、砂浜が出来辛いからでしょうか。 しかし、気仙沼大島には、どちらも揃っているんです。 石だらけなのは、気仙沼大島キャンプ場の裏の石取浜。 砂のビーチは、十八鳴浜、小田の浜、田中浜。 その田中浜のハジッコあたりに、、ちょっとホラーなスポットがありました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/05/29 05:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

東京では「なめた」じゃ通じないんですね!
その通りいわゆるカレイです。
正式には「なめたカレイ」ですが東北じゃ「なめた」って呼ぶのが一般的なんです(^^)
酒乱
2017/05/28 16:22
酒乱さん、コメントありがとうございます。

なるほど、やっぱりカレイですか。
しかも、ソチラではアタリマエの呼び名なのですね。
そうそう!ソチラで有名なメヒカリですが、
伊豆では、同じモノを「トロボッチ」と呼んでました。
おぎひま
2017/05/28 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
南三陸・島巡り【15】「島おとめ」と「浜料理 桜田」、、大島4(宮城県気仙沼市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる