放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 志賀高原2018【2】スポーツバーでゲレ食(奥志賀スキー場・長野県山ノ内町)

<<   作成日時 : 2018/02/14 07:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

奥志賀高原スキー場の食事処は、
ゴンドラ側のレストラン「ル・シャモア」と、
センターハウス側の「スポーツバー プラネットパウダー」。
他にも、ゲレンデフロントにレストランが数軒あります。
今回は、手頃にスポーツバーを選びました。
画像

コチラは、かつては大衆食堂風ゲレ食処だったのですが、
リニューアルしてオシャレっぽくなりました。
バーテンダー風の衣装をまとった外国人スタッフを並べ、、
なかなか小粋な風情なんです。(↓の写真)
よくよく見ると、、ハチマキ姿のオヂサンもいますが。。(↓の写真)
画像

メニューは、あまり小粋ではありません。
カレー、ラーメン、牛丼、、、そんな感じですもの。(↓の写真)
去年はオヤツに肉まんなんぞを食べましたっけ。
でも、モンクなんぞありませんですぞよ。
ゲレ食なんてそんなモノです。
ソレがイヤなら、、、
スポーツハイム奥志賀の中のサンクリストフとかに行きましょう。
超お大尽気分を味わうのならば、、、、
「ホテルグランフェニックス奥志賀」の中のイタリアンレストラン
ラ・ステナ・アルビーナなんぞいかがでしょうか。
画像

ワタクシの注文は「味噌ラーメン」850円。(↓の写真)
まあ、中身も値段もゲレ食としては相応なソレですが、、
オドロく事に、ラーメンは味噌の一本勝負。
メニューには醤油も塩もトンコツも存在しないんです。
味噌派のワタクシにとっては誇らしい事ですよ。
エッヘン! 
もちろんワタクシがエラい訳ではありません。。
どうしても醤油味が良ければ、かき揚そばかうどんをどうぞ。
画像

長男坊は「和風カツカレーライス」1300円。(一番↑の写真)
洋風和風の区別がイマイチ判らないものの、、、
デーンと構えたカツがステキです。
ボリューム感満点、、、パワフルにイキましょう。
ソレに対してマナムスメは、、、、
「焼きおにぎりセット」650円。(↓の写真)
ど、どうしちゃったの、足りないでしょう。
エッ? レディーはこんなモノ? オホホホホホ。
さいですか。。
画像

やややや!
カミさんも、そういう路線なのでしょうか。
フライドチキンと、、、(↓の写真)
画像

そしてフライドポテト。以上。。(↓の写真)
ホントにソレだけで足りましょうか?
レデーってのは辛いのですね。。
画像

いえいえ、カミさんに限って、そんなオシトヤカな訳がありません。
それらをツマミにして、こういうモノをタップリと。(↓の写真)
志賀高原ビールです。(↓の写真)
ワ、ワタクシにもオナサケをくださいませ。。
画像

キッチリと給油が完了したカミさんは絶好調。
怒涛のショートポールをビシバシと攻めていました。
あのぉ、、ムリなさらずに。ガス欠しますよぉ。
バンメシの時にもドォンと給油するからヘーキだそうです。。
画像

マナムスメとトォチャンは、ユルリとさせて頂きます。
ゴンドラ小屋の休憩所で、オヤツでも楽しもうぢゃないですか。(↓の写真)
今回の宿は、タンネの森の近く。
ソコに戻るには、ずいぶん滑らねばなりませんもの。
奥志賀から焼額山、一の瀬山の神、一の瀬ダイヤモンド、一の瀬ファミリー、、、
それらを渡り繋ぐ為のエネルギー温存&補給です。
メンドクサそう?
いやいや。
それが志賀高原のオタノシミですから。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/107818.html

【その1】醍醐味は渡り歩き(奥志賀〜サンバレー) に戻る
【その3】志賀の湯ホテルで鍋焼きうどん(サンバレースキー場) に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
志賀高原2018【3】志賀の湯ホテルで鍋焼きうどん(サンバレースキー場・長野県山ノ内町)
2日目のヒルメシはサンバレースキー場。 蓮池、丸池、そしてサンバレー、、、 この3つのゲレンデは、全く初めて立ち入ったエリアでして、 せっかくなので、ソコでヒルメシを食べる事にしたんです。 このエリアにはオフィシャルな食事処は存在しないらしく、、、 果たして、何が食べられましょうか。 ...続きを見る
放浪者の平日
2018/02/15 07:13
猿座カフェ、、、ココは海外リゾート?【2】「ラーメン猿座」編(地獄谷温泉・長野県山ノ内町)
野生の猿が浸かる露天風呂、地獄谷温泉は、 外国人観光客にとって必須の観光スポットみたいです。 なんと、9割以上がそういう方々ですよ。 その入り口に店を構え、大ニギワイの猿座カフェも 「お客に日本人はいませんでした いませんでした」 なんて状態ながら、、、 店のウリであるラーメンを頂いてきました。 ...続きを見る
放浪者の平日
2018/02/18 09:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志賀高原2018【2】スポーツバーでゲレ食(奥志賀スキー場・長野県山ノ内町)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる