放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS トロメカジキの照り焼き、、、ステーキ級(宮城県気仙沼市)

<<   作成日時 : 2018/06/25 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

気仙沼産のメカジキを頂戴してきました。
タダ、、、なんてウツクシい言葉なんでしょう。
それに感謝する為には、美味しく食べねばなりません。
で、、、どうやって?
ソコまで教えてもらえませんでしたが、、
料理上手でトコジョウズなカミさんにまかせましょう。
画像

これが貰ってきたメカジキです。(↓の写真)
デカいです。端から端までで15センチはありましょうか。
そしてブ厚いです。3センチは越えていましょう。
これ、買ったら果たしていくらになるのか、、、、、
なんだかオソロシくて聞けませんでした。
画像

キッチリとパッキングされた冷凍品でして、
そのフクロには「トロメカジキ(皮付)とあります。(↓の写真)
そういう名前のカジキが居る訳では無く、、
メカジキという魚で、部位がトロだと判断しました。
あってますよね?
ボンビーなもので、よく判っていないんです。
画像

それだけデカいかを示すべく、タバコと比べてみましょうか。
おっと! 
ワタクシ、、無期限禁煙中でした。
そのようなモノは我が家にはありません。。
もはや、受動喫煙防止法も気になりませんですし。
なので、計量カップと比較してみました。
サイズは200ccのヤツです。
画像

解凍されたトロメカジキ。(↓の写真)
年輪のようなスジかあり、、、
「始め人間ギャートルズ」に出てくる、肉の輪切りを想像しちゃいますね。
でもアレはマンモス。コレはトロメカジキ。
彼らはソレを生食。
コチラは、、、さてさて何になりましょうか。
照焼き? フライ?
わくわく。。
画像

結局、照焼きになりました。(↓の写真)
ブ厚すぎて、フライでは中まで火を通すのがタイヘンっぽかったからだそうです。
良いです良いです。
タレはカミさん自家製ですが、キチンと甘辛く仕上がってまして、
まるでステーキのような食べ応えもバッチリでした。
ホネが無いので、喜びまくるマナムスメ。(一番↑の写真)
骨付きの魚だってキレイに食べますが、メンドクサイんですって。
とにかく、ココロして食べなさいよ。
いつものサンマやサバとは訳が違うんだからね。
くれた人、、、ありがとうございました。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トロメカジキの照り焼き、、、ステーキ級(宮城県気仙沼市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる