川北温泉(知床・北海道)

北海道の秘境露天風呂シリーズ、知床編の最終回は川北温泉です。
知床半島の南側付け根の山中で、知床とは言いがたいかもしれません。

ダート道を登ること数キロで、何やら建物跡が見えてきます。
この温泉、かつては温泉旅館だったのです。
やがて旅館は廃業し、建物は取り壊され、浴室部分だけが残っていて、
ソコで入浴できる仕組みなのです。
屋根は無く、男女別の脱衣場や湯船がありますが、仕切りが低くてお互いに丸見えです。

この温泉、地元の有志の方々が維持管理しております。
どこの温泉でも同じですが、ヘンに汚す事無く大切に使いましょう。
ココの温泉の話ではありませんが、とある無人の露天風呂で、
ドンチャン騒ぎのあげくに酒瓶を割り、それを湯船に落としたまま帰っちゃったヤツがいると
地元の人から聞いたことがあります。
以降、ソコは夜間閉鎖になりました。
結局、そういう事になるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 恋魅

    はじめまして☆北海道の野湯が好きで川北温泉にも一度行きました。
    また今回北海道に行こうかと思っているのですが、川北温泉は入浴期間が決まっていた気がするのですが5月は入れなかった気がするのですが…
    2008年05月01日 01:26
  • おぎひま

    恋魅さん、はじめまして。

    川北温泉、イイ感じですよね。
    入浴期間は存じ上げませんでした。
    物理的に冬はムリでしょうね。

    北海道行き、ウラマヤしいです。
    ぜひとも楽しい温泉に巡り合えます様に。
    2008年05月01日 09:09
  • 恋魅

    ありがとうございます。
    色々調べた結果6月~11月が入浴可能なようです。
    前回行った時、前方から車が来てどうやってすれ違おうかとドキドキしたことを思いだします。
    せっかくの北海道、川北温泉は外せないし…時期を検討しなおそうかと考えています。
    2008年05月02日 11:05

この記事へのトラックバック