カップラーメン紀行【14】銀座デリーのカミシールカレー焼きそば、、と、巨大ペヤング

銀座デリーと言えば、創業50年のカレーの老舗。
自前でもレトルトカレーを通販しています。
そしたら、、カップのカレー焼きそばが登場したのですね。
コレは自社製品では無く、明星食品の製品の監修と言う形ですが。
カミさんが出かけた休日のヒル、、、、
マナムスメが焼きそばを食べたいと言い出したので、
この機会にデリーのソレを買ってみた次第です。
画像

「銀座デリー監修 カミシールカレー焼きそば」
と言うのがソレですが、、、スミッコに「極辛」の文字がありまして、、
長男坊は戦線離脱、、、
マナムスメに至っては、思いっきり寝返ってパンを選ぶ始末。。
ソレぢゃ意味ないぢゃん。
せっかく、ペヤング復活の際の焼きそばパーティーみたいに楽しめると思ったのに。。
ペヤングも、復活を期に激辛仕様とかも出しましたよね。
アレはホントに辛かったです。。
そしたら、、、、
おおっ! またまたペヤングの凄いヤツが!
その名も「超大盛り」。(↓の写真)
ならば、長男坊にソレを食べさせてみましょうか。
画像

コレが、その「超大盛り」。(↓の写真)
見るからに、フツーのヤツの2倍のサイズですって。
容器が四角いので、明らかにソレが判ります。
画像

フタを開けると、、、、
案の定、フツーの麺が2つ入っていました。(↓の写真)
かやくやスープの袋も2個ならオオウケながら、、、
そうではありません。大振りのヤツが1つづつ。
コレらは専用なのですな。
画像

かたや、カシミールカレー焼きそばの中身はコチラ。(↓の写真)
見た目は、何ら変哲も無いフツーのソレに見えます。
目だった具材らしきモノも見当たりません。
ホンモノは、ドデカ肉がゴロゴロってなイメージなのに。
まあ、カップ焼きそばですから、ソースで勝負な訳ですな。
画像

どちらも、調理時間はお湯を入れて3分間。
ソレを待たずして、、、
焼きそばから調理パンに改宗したマナムスメはイタダキマスです。(↓の写真)
ズルいヤツめ。。
食べおわった後に、1人でウラヤマシがりなさい。
画像

コレが、完成したカシミールカレー焼きそば。(↓の写真)
相変わらず、フツーそのものの見た目ながら、、、
食べてみると、、、、アラッ! カレだわ。
ただし、極辛って程の事は無いですよ。
と言いつつ、、、
この手のヤツは、安心させといて後からジワジワって事が多々ありますので、
油断しているとヤバイですって。
しかし、、、、そのまま終わってしまいました。。
まあ、ちょっと珍しい焼きそばを食べられたと思えば、
何のモンクもありません。
だって、、所詮はカップ焼きそばですもの。
ウッ!!! 来たぁ!!
ハヒハヒ。。
画像

そして、超大盛りペヤング。(↓の写真)
やっぱり倍盛りならではの物量。。。
きっと途中で食べ飽きるかと思ったら、、、
マナムスメにオネダリされて、少し分け与えていました。
その見返りに、マナムスメからパンを分けてもらったりし、、、
気がつけば、仲良し兄妹の焼きそばパンパーティーぢゃないですか。
そして、、1人でデリってるオトォチャン、、、、、
ああ寂しい寂しい寂しいよぉ。
画像

【その13】タイ「ガパオ焼きそば」、台湾「台湾まぜそば」編
【その15】幻の名店・広島中華そば すずめ 編へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

カップラーメン紀行【15】幻の名店・広島中華そば すずめ
Excerpt: 当ブログのカップラーメンシリーズ、、、 エラく久しぶりですね。 人気店の名前を名乗った(借りた)ラーメンを紹介してきましたが、 今回は初めてのケース、、、 閉店してしまった店のカップ麺なんです..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-06-21 05:55