NASPAでリゾートマンション体験(ライオンズプラザ越後湯沢・新潟県湯沢町)

今月のアタマに、高級別荘で豊田組女子会がありまして、、
ソレが、いかにゴージャスだったかを語る、カミさんとマナムスメ。
悔しいですね。。
5年前に家族で泊まった越後湯沢のリゾートマンションと、
果たしてどっちが凄かったかを聞いてみたところ、、
「今回の別荘! アレ(湯沢)の何倍もすごい!」
んですって。
重ね重ね悔しいですね。。
画像

その湯沢のリゾートマンションってのは、
NASPAスキーガーデンのゲレンデフロントにある「ライオンズプラザ越後湯沢」というところでした。
当時、カミさんが勤めるカイシャが、そこの1室を保有していまして、
福利厚生の一環として社員に貸し出していたんです。
貸し賃は、タダ同然! すばらしい!
ただし、、人気がアリアリですので、、
かなり前からの予約&抽選は必須なんです。。
1度だけ、ソレを見事に勝ち抜き、オトモダチ家族と出向いたのでした。
ロビーなんぞ、豪華すぎちゃってタジロぐばかりでしたっけ。(↑の写真)
画像

部屋に入ってしまえば、そんな豪華ってな訳ではありませんでした。
観光ホテルの家族部屋和室、、、そんな感じでしょうか。(↓の写真)
オトモダチ家族と相部屋ですが、いまさらハジライあう関係ではないですよ。
殆どタダですし。。
画像

食器類も整っていました。(↓の写真)
自由に使えるのは嬉しいですね。
ただし、ぜぇんぶキレイに洗って返さねばなりません。
カイシャ関係の施設だけに、フトドキな事をするとバレバレですよ。
アタリマエの事です。善良な社会人なんですから。
画像

メシは自炊です。
キャンプ気分でニギニギしく頂きました。(↓の写真)
キチンと調理人が作ったモノが食べたければ、、
渡り廊下伝いに行き来できる「NASPAニューオータニ」のレストランもあるんです。
ソコに行くなら、相応にゼニがかかる覚悟は必要です。
だって、、、襟付きのシャツじゃないと入れない店なんですよ。
画像

ニューオータニにはゲーセンもありますが、、、
部屋で、ポケモンカードゲーム遊びをするコドモ達。(↓の写真)
キミタチはエラい! これならタダですもの。
コッチのほうが、修学旅行気分で楽しいのかもしれません。
画像

寝るのはザコ寝です。(↓の写真)
フトンは装備されていました。
シーツなどのクリーニング代は有償です。
大した金額ではありませんし、使い回されるよりは全然イイですよ。
山小屋とは違いますから。
画像

NASPAのゲレンデまでは徒歩です。
ああゼイタクゼイタク。。
ソッコーで滑るマナムスメ、、当時4歳。(↓の写真)
こんな時代もあったんですね、、、懐かしい姿ですよ。
もはや、トォチャンはマジ滑りでもついていけません。。
画像

滑り疲れたら、、、キッズルームで一休み。(↓の写真)
これはNASPA(ニューオータニ)の施設です。
スキー客は、無料で利用できるんです。
大浴場も、ニユーオータニのソレを利用できました。
コチラは有料、、、、1100円かかりました。。
でも、やっぱり大浴場のほうがキモチ良くてイイですって。
露天風呂もありましたし。
部屋のユニットバスを順繰りに使ってたらタイヘンですよ。
画像

残念ながら、、、
このマンション(の1室)、、、もう貸し出していないんですって。
カイシャは、まだ保有はしているそうですが。
管理とか、貸し借りの手続きとか、、、
そういうのがメンドクサくて止めたとのハナシだそうです。
要は、もともと財テクとして保有しただけで、
福利厚生に使ったのは、ついでだった訳ですな。
ああ勿体ない。。
な、ならば、、、
冬場だけ、管理人を引き受けてあげますよ!
無報酬でもOKです。
ダメに決まってる?
そうですよね。。
画像

NASPA 公式サイト:
http://www.naspa.co.jp/

このブログの、NASPA関連の過去記事:
リゾートマンション
http://ogihima.at.webry.info/201203/article_2.html
ちょっかりムスメ
http://ogihima.at.webry.info/201203/article_3.html
おっとりムスコ
http://ogihima.at.webry.info/201203/article_4.html
魔法の雪
http://ogihima.at.webry.info/201203/article_5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック