さるびあ丸、、荒波を行け!(東京都神津島)

今年の夏も、我が家は北海道の離島を目指します。
船なので、天候次第で断念、、、なんて可能性もありますが。
ある意味、それは宿命ですね。
過去の例では、
大揺れで、船中2泊するハメになったおがさわら丸。。
長男坊が死ぬ思いをした、史上最強のゲロリ船還住丸。。
マナムスメが地獄を見たフェリーはてるま。。。
欠航し、我が家を三宅島に封じてくれた橘丸。。
さるびあ丸で神津島に向かった際も、ハラハラさせてもらいましたよ。
画像

それは2011年のGW。
出発の日は伊豆諸島方面の天候が宜しくなく、、
八丈島行の僚船・かめりあ丸は欠航。
我らがさるびあ丸は、「条件付き上陸」という形での出航となりました。
さるびあ丸は、大島・利島・新島・式根島・神津島と巡る航路でして、
それぞれの島には向かうものの、接岸できなかったら通過!
それが出航の条件なんです。
最悪のケースでは、どこにも入港できないまま東京港へお戻りですね。。
画像

2等は、相変わらずゴッタ返していました。(↑の写真)
東海汽船には「席無し」というチケットがありまして、、
要は、席が満員になった場合でも、、
廊下やロビーにゴザを敷いて寝るという前提で乗船を認めているんです。
幼児連れの我が家は、無難に1等和室をキープしました。(↓の写真)
ココだって雑魚寝といえばソレながら、、、
各人の区画はユッタリとキープされていますし、毛布もついています。
画像

ちなみに、コチラが2等船室です。(↓の写真)
イチオウは区切りが入っていますが、だいぶ狭いですね。
でも、これならば隣りのオッサンが攻めてくる事は無いでしょう。
そんなヤツはいない? それが、いたんです。
五島行きのフェリーなみじでの出来事で、
攻められたのはカミさんとどこかのオネーサンの二人。
結果的に、オッサンには天誅が下りました。
画像

レインボーブリッジの下をくぐる、さるびあ丸。(↓の写真)
このあたりまでは、極めてヘイワでした。
画像

マナムスメはカミさんと添い寝。(↓の写真)
スペース的に2等ではムリですね。
それでは、おやすみなさい。
画像

一夜明けてからがタイヘンでした。
何がって、、、波がですよ、波!(↓の写真)
船が接岸できなければ通過! という約束はダテではありません。
デカい防波堤がある大島は、難なく接岸できたものの、、、
港が一つしかない利島は、案の定接岸断念。。通過の運びになりました。
利島で降りる予定の人はどうなるのかですって?
このまま神津島まで乗れば、折り返しの東京行きになりますので、
その戻り便が利島に接岸する事に賭けるしかありません。
またもやダメだったら、、、東京にお戻りですね。
画像

続く新島は、、、、強行接岸!
タラップを支える係りのオジさん、、、
足元が波に洗われちゃって、思いっきりアブナそうですって。(↓の写真)
手伝いに来ていたオマワリさんもズブヌレになっていました。
画像

乗り降りする客も命がけですね。(↓の写真)
くわばらくわばら。。
この段階で、式根島の通過も決まり、、、
ソコに行く人は、この新島で下船していきました。
新島と式根島を結ぶ渡船にしきで、ピストン輸送されるそうです。
にしきは接岸できるのかしらん。。。
画像

利島や式根島に向かう人々を心配している場合ではありません。
次に向かう神津島で降りる予定の客、、、
我が家の運命は、まだ未決定なんです。
とはいえ、自分たちで出来る事は何もなく、、
海を見て、ただただ祈る事しかできません。(↓の写真)
お願い、我が家を助けて!神津のジュリア!
画像

結果、、、、上陸できました!(↓の写真)
1泊2日の大揺れ遊覧船として東京に戻るのは避けられました。
ありがとう。
さっそく会いに行くからね、ジュリア!
ソイツはナニモノかですって?
「ジュリアおたあ」という、誇り高き女性です。
画像

ほぼ殴り書きですが、神津島編はコチラです。
http://ogihima.at.webry.info/201205/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

碧落の御蔵島【1】東京愛らんどカフェで、嵐の前の宴(東京都港区)
Excerpt: 勤労感謝の3連休、御蔵島を目指す事になりました。 イルカと泳ぎに? いえいえ、今回の目的は登山です。 伊豆諸島では2番目の標高を誇る、御山(851m)への登頂を目指す訳ですね。 決して高山で..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-11-27 06:17