期間限定・辛みそ野菜らぁ麺(だるまのめ秋葉原店・千代田区外神田)

博多風の豚骨ラーメンがウリのコチラ。
期間限定の味噌ラーメン、、と言う事で、
ソレに釣られて入店してみました。
味噌ラーメンは西葛西店でも食べていますが、
それはずいぶん前、、9年も前なので、
果たして同じモノが出てくるのかどうか判りません。
そもそも、どんなのを食べたのか忘れちゃってますし。
新たなキモチで、豚骨屋の味噌を食べましょうぞ。
画像

ポスターを見ると、、、
味噌ラーメン780円をベースに、味噌野菜900円、
味噌バター野菜950円、辛味噌野菜930円などなど、、
全体的に、少々高めに思えます。
アキバの博多豚骨屋の味噌だと、じゃんがら680円、博多風龍680円ですもの。
その分、中身が上等なのだと信じましょう。
画像

博多系ですから、卓上グッズは充実しています。(↓の写真)
壷の中身は、紅生姜、高菜、おろしニンニク、、定番ですね。
特徴的なのはゴマでしょうか。
小さなスリコギとスリバチが用意されていまして、
自分でスリスリする仕組みなんです。
画像

ソレがコレ。(↓の写真)
配膳を待つヒマな時間帯、、、
スリスリしているには丁度イイですって。
やればやるほどラーメンがウマくなりそうな気もしますし。
スリスリ。
画像

登場した「辛みそ野菜らぁ麺」930円がコチラ。(↓の写真)
キャベツやモヤシ、ネギが山を為していまして、なかなか豪華です。
チャーシューはコマギレ。
このあたりは、西葛西の一杯とは違います。
博多風の細麺ではなく、平打ちの太麺が使われていまして、
これは味噌ラーメン用にわざわざ用意したのでしょうか。
ビビビっと辛いスープとの馴染みも良く、具合イイですよ。
替え玉前提の麺量ではないのも嬉しい限り。
フツーの豚骨ラーメンのヤツよりも、一回りデカいドンブリが使われていました。
用は、博多ラーメンの味噌、、、と言う感じではなく、
どちらかと言えばライトな家系の味噌ラーメンってなイメージですね。
ほどなくドドっと汗が噴出してきまして、、、
このあたり、キッチリと冬場の味噌ラーメンの役目を果たしてくれました。
ただ、、、900円越えの味噌ラーメンにしては、、、
その出費を痛く感じさせないほどの魅力は無かったと思います。
正直なところ。。。
画像

ワタクシにとっては替え玉ナシでも十分ながら、、
こういうミニ丼が、ついつい気になるオトシゴロ。。(↓の写真)
味玉バクダン飯、明太子飯、チャーシュー丼、チャマヨ丼、、、
ワタクシ的には、ミニかつ丼が一番ソソられました。
だって、、大好きなんですもの。。カツ丼が。。
でもガマン。。
マチガイなく食べ過ぎだし、、予算もオーバーです。
画像

どうしてもミニ丼を食べたくなったら、、、
8日に来る事にいたします。
その日は「だるまの日」と称し、、、
ラーメンが500円になるみたいですから。(↓の写真)
ソレならば730円! この味噌ラーメンよりも思いっきり安いですよ。
食べすぎには変わりなさそうですが。。
画像

この秋葉原店、、隣が壱角家 秋葉原店で、その2階が「すためし」。
コチラを含めて、全て同じ資本系列の店なんです。
すぐ近くの横浜家系ラーメン「横浜道」秋葉原店も同じです。
ちょっと離れますが元祖博多中州屋台ラーメン 一竜もそうなんです。
あの手この手で集客、、ってな感じでゴクローさまですが、、
まあ、ウマければ何だってイイです。
10でも20でもカンバンを並べてくださいませ。
あと、、安いヤツもお願いしますね。。。。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/1133.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

アキバに2軒の萬里。コチラは「地下の萬里」です(中華茶房 萬里・千代田区外神田)
Excerpt: 秋葉原には、「萬里」という中華屋さんが2軒あります。 1軒目は野郎ラーメンの隣りの中華食堂 萬里 本店。 バカデカな「萬里餃子」がウリの店です。 2軒目は、ヒジョーに目立たない地下の店。 それ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-09 06:13