焼売対決! 四五六菜館 VS ホットプレート蒸し焼売

カミさんが、焼売を貰って帰ってきました。
四五六菜館(しごろくさいかん)のソレです。
横浜中華街の老舗の焼売ですから、ウマくない訳が無く、、
キッチリと美味しく頂きましたですとも。
ああ、ビールがンマい!
画像

コレがソレ。(↓の写真)
「四五六シュウマイ」という名称です。
イヤラシくも、公式サイトで調べてみたら、、
12個入りで1620円、、、高級ですね。。
1個あたり、135円と言う事になります。。
画像

リッパな焼売と言えども、ソレだけではオカズとして寂しく、、、
付け合わせも用意せねばなりません。
こんなんでいかがでしょうか。(↓の写真)
レタスの上のブヨっとした物体は、、
マナムスメの遠足弁当おにぎらずに使ったコンビーフの残りです。。
なので、バッチそうに見えても、そうではありません。
画像

その焼売を、大いにンマい!激しくンマい!
などと食べたところ、、、、
カミさんのココロに火が付いた模様です。
数日の後、、、なんと焼売を作り始めました。
中身の具材をコネ回し、、、、
ソレを皮に包み、、、、
エッ? ホットプレート?
まさかコレ、餃子だったりするオチですか?
見た目は思いっきり焼売なんですけど。。(↓の写真)
画像

とにかく、焼いちゃうのでしょうか。
ちがうの。はなしをきいて!
ホットプレートにキャベツを敷き詰め、、
ソコに焼売を乗せ、野菜ごと蒸すのだそうです。(↓の写真)
雑誌か何かで見た手法なんですって。
余った具材を詰めたピーマンも同居しています。
画像

とにかく蒸します。
ひたすら蒸します。(↓の写真)
中の挽肉は生ですから、ソレが大往生するまで蒸さねばなりません。
画像

完成した蒸し焼売がコチラ。(↓の写真)
コレはウマい! ウマすぎる!
出来立てってだけでバイアスがかかるものです。
同時に蒸されたキャベツも甘々で、焼売と一緒に食べれば栄養満点!
マナムスメは「くさ」などと蔑みますが、野菜の摂取は大事です。
なかなかヤルぢゃないですか、カミさん!
四五六菜館の焼売よりもウマい! と言っておきましょう。
さすが料理上手のトコジョーズ。2児の母!
今度は小龍包も作ってね。
小龍包と焼売の違いですか?
スープ入りが小龍包だと思っていますが、正解でしょうか。

ついついガッついてしまい、食べているシーンの写真がありません。。。
画像

四五六菜館 公式サイト:
https://www.456saikan.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

母は焼売、父はジンギスカン、娘はジャーマンポテトらしきモノ。。。
Excerpt: カミさんの創作料理、、、 と言うよりも、たぶん何かで見てパクった料理ですが、 「ホットプレート蒸し焼売」というのがあるんです。 以前、四五六菜館の焼売と対決すべく登場しました。 3か月ぶりに、..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-10-08 04:46