らーめん影武者で油そば、、、絶妙マヨ攻め!(千代田区外神田)

当ブログ、夏休みの北海道旅行の記事が続いてますが、、、
実際には、もう帰ってきています。あしからず。。
昔っからそうなのですが、フシギなもので、、、
長期のキャンプツーリングから帰ってくると、
やたらアブラぎった、クドぉいモノが食べたくなるんですよ。
休み明けのヒルメシに、思わずコチラに飛び込んだ次第です。
画像

この店、昨年の夏は夏季限定・冷し油そばなるモノを出していたんです。
北海道帰りの身にとっては、涼しげな油モノがアリガタく、
ならばソレ! ってな感じだったのですが、、、
メニューには見当たりません。
どうやら今年は、やっていないみたいです。
画像

仕方ありません。
レギュラーの「油そば」750円でも食べましょうか。(↓の写真)
汁アリよりは、いくぶん涼しげでしょうし。
ワタクシ、もともと汁なし系は殆ど食べなかったのですが、
この夏は、けっこう食べてますね。
同じくJ系「MAZERU」のまぜそばとか、
「ごくまる」の熊本まぜそばとか、
「野郎ラーメン」の冷やし汁なし坦々麺とか。
それだけ、今年の夏は暑いのかもしれません。
画像

登場した「油そば」750円。(↓の写真)
ドンブリのスミでテンコ盛りになったマヨネーズを大いに意識しつつ、マゼマゼすると、、
くっ、、くっどぉ! クドすぎる!
コレをまっていたんですって、コレを!
オナジミの平打ち太麺も威力をまし、タマリません。
おっと、ニンニクを入れ忘れられている事に気がつきまして、
追っかけでソレを追加してもらったら、、、
グェェェェ!! 有り得ないほどにパワーアップしました。
思わずカヂリついた肉も、脂身がハイパー化していまして、
このドンブリ内には、もはや安らぎは存在しません。
いいのよいいのよ。
そういうモノが食べたかったんですもの。
この日ばかりは、優しいキモチでアブラに溺れるワタクシでした。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/24967.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最強油そば春日亭で「鶏豚油そば」(千代田区外神田)
Excerpt: コチラは都内に10店舗ほど展開する、油そばの専門店です。 ホントにイツワリの無い専門店でして、 メニューには、油そばしかありません。 なので、汁なし系を殆ど食べないワタクシには縁の無い店だったの..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-21 06:33