北海道の山頂、大雪山・旭岳へ! 登頂編【2018北海道・6】(上川郡東川町)

今回の北海道旅行の立案者はカミさんですが、
一番の目的は、旭岳(2190m)への登山との事でした。
やはり、北海道の最高峰は極めておきたいと。
良いでしょう。
前日から山麓の旭岳キャンプ場に陣取り、気合を入れていたのですが、、
雨なんです。前日の夜から。。
ダイジョーブ! 登ってしまえば、たぶん雲海の上! 
前向き前向き。。
画像

6時のロープウェイ始発便に乗り、、、(↓の写真)
意気揚々と、標高1600mの姿見駅へ。
ソコに着くまでの間に、雲を突き抜けてくれればイイのですが。
ワタクシは旭岳は2回目になります。
その際は、すんごいガスりまして、、、
山頂では、その標識と地面しか見えませんでした。
登頂が目的にカミさんは、登頂すれば最低限の目標達成なのでしょうけれど、、
ワタクシは、連続ガス見物ではセツナいばかりです。
画像

果たして、姿見駅に登りついてみると、、、、
じゃじゃぁん!
雨です。霧です。 
姿見平のフチが、わずかに霞み見えるだけです。。(↓の写真)
前回の再現なのね。
いやいや、雨が降ってますから、前回よりもヨロシくないですよ。。
画像

とにかく、話はメシを喰ってからですって。
姿見駅内のテーブルで、ソレを頂きましょう。
前日、上富良野の街で買っておいたパンです。(↓の写真)
どれもこれも、気圧差のモンダイでパンパンに膨れ上がっています。
【登頂開始 7:00】
画像

雨の中、ダラダラと続く緩い登りをコナし、、、
姿見平のフチに辿り着きました。
旭岳石室あるところですね。
眼下の姿見の池のフチには、雪が残っていました。(↓の写真)
【時刻は7:13。姿見駅から0:13】 
画像

ココからが、本格的な登りになります。
霧の中の急坂、、、気合で乗り切りましょう。
地獄谷から吹き上がるいくつもの噴煙も霞んでます。(↓の写真)
その噴射音の勇ましさ、、、
ますますガスを濃くしている存在に思えますね。
いぢわる。
画像

姿見駅が5合目になりまして、、、
ややガレの急坂が続き、、、
6合目は見落とし、7合目に到着。(↓の写真)
標高は1930mとありまして、、
駅からは330mの高度を稼ぎ、山頂までは残り360mと言う事になります。
アリガタい事に雨が止みました。
【時刻は7:54。旭岳石室から0:41】
画像

同じような坂をジグザクにワッセワッセと登り、、、
8合目に到着。(↓の写真)
どうやら、やっと雲の上に出たらしく、、、
山頂も見え隠れするようになってきました。
一番↑の写真がソレでして、
山頂右側の四角い岩が、有名な金庫岩です。
【時刻は8:12。7合目から0:18】
画像

金庫岩あたりが9合目かと思ったら、、、
その、もうちょっと手前にソレはありました。(↓の写真)
すぐ目の前に、モンダイのニセ金庫岩が見えています。
標高は2190m。登りは残り100mですね。
【時刻は8:30。8合目から0:18】
画像

ニセ金庫岩の前に到着!(↓の写真)
「金庫岩を通り越したら、右側に降りるべし」
それに従おうとする下山者を何人も騙した岩がコレなんです。
霧の中、ホンモノの金庫岩を見落とすと、、
このニセをソレだと勘違いし、ズンズンと前進してしまうんですって。
そういう経緯で、何人も遭難者が出てまして、、、
倒木を並べたSOS事件も、まさにその典型だったそうです。
テープに録音された「たぁすぅけぇてぇくぅれぇ」の肉声も生々しかったですね。
ご冥福をお祈りします。
今は、、、前回の登頂時もそうでしたが、
間違って前進しないようにロープが張られていました。
【時刻は8:35。9合目から0:05】
画像

あえて、ニセ金庫岩に騙されたフリをしてみました。
これが、モンダイの下り。(↓の写真)
その先は奈落の底のガケ下りが相次ぎ、、
気がつけば登り直せなくなっているそうです。
出だしは、本物の下山路よりもなだらかで、快適な道に見えますが。。
この光景が見えたら、マチガイですよ。
キッチリと目に焼き付けてくださいませ。
画像

これがホンモノの金庫岩です。(↓の写真)
山頂側から見た眺めですよ。
登山路と若干離れていますので、
確かに、激しくガスれば見落とす可能性もありそうです。
いっそ金庫岩を目印にせず、、、、
ロープやペンキ印を頼りに降りたほうが良いかもですね。
画像

そして、、、旭岳に到着!(↓の写真)
まさに北海道の山頂ですよ、ココわ。
この「北海道の山頂」フレイズ、、、、、
長男坊が「北海道の最高峰」と言おうとして間違ったのですが、
なんだかカッコイイので、ソレを採用した次第です。
ワタクシ的には初めて見る、山頂からの眺望、、、、
ああウレシや! アリガタや!
朝、キャンプ場にいる段階で、登頂を断念しないで良かったですよ。ホントに。
その雄大な展望は、続編でお伝えします。
【時刻は8:49。ニセ金庫岩から0:14】
画像

昭文社の地図では、姿見駅から山頂まで2時間50分とありますが、(↓の写真)
我が家は休憩込で1時間50分で登った事になります。
決して健脚では無く、むしろ牛歩な我が家ですので、
これは地図のマチガイかと思われます。
同じ地図でご予定を立てられる方は、ご参考まで。

【我が家のコースタイム】
姿見駅→(0:13)→旭岳石室→(0:41)→7合目
→(0:18)→8合目→(0:18)→9合目
→(0:05)→ニセ金庫岩→(0:14)→旭岳山頂
画像

旭岳登頂 速報版
【その5】東川町旭岳青少年野営場、、、キャンプ場で車中泊。。に戻る
【その7】北海道の山頂、大雪山・旭岳へ! 眺望&下山編に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

北海道の山頂、大雪山・旭岳へ! 眺望&下山編【2018北海道・7】(上川郡東川町)
Excerpt: 北海道の最高峰、旭岳(2290m)に挑んだ我が家。 ロープウェイ姿見駅を降りた時には雨模様でした。 しかしソレは、山頂から見おろす雲海の下の出来事だった模様です。 キッチリと眺望にも恵まれ、、、..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-08-27 06:09

旭岳温泉・湧駒荘で温泉&びえい豚カレー【2018北海道・8】(上川郡東川町)
Excerpt: 大雪山・旭岳の山頂に、無事に登頂を果たした我が家。 下りリープウェイで山麓駅に降り立ったのが11:40。 せっかくですので、隣接する旭岳温泉でひとっ風呂浴び、 そしてヒルメシも食べてしまう事にし..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-08-28 07:33

清岳荘、、、斜里岳登山口の山小屋です【2018北海道・9】(斜里郡清里町)
Excerpt: 旭岳からの下山後、、 長躯280Kmを駆け抜け、斜里郡の清里町にやって来ました。 翌日の斜里岳登山に備え、山小屋に泊まる為です。 清岳荘(せいがくそう)は、清里町が営む山小屋で、 斜里岳の登山..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-08-29 06:11

200名山・帝釈山へ!【南会津2018 その2】(福島県南会津町・桧枝岐村)
Excerpt: 敬老の日3連休、南会津林道祭りの中日、、、 我が家は帝釈山・田代山の登山を決行しました。 帝釈山脈を構成する山々で、標高は2000m余り。 実は3回目のチャレンジでして、、、 1回目はマシント..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-25 06:10

2018総括【1】今年は、この山に登りました
Excerpt: 2018年、我が家は例年以上に登山をしました。 今年の目標である富士山登頂に備え、 訓練的に登山を繰り返した結果です。 ラスボス富士山を含めて全て無事に登頂できたのは、 子供たちが地道に成長し..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-12-29 04:46

千葉県最高峰・嶺岡愛宕山【2】これが禁断の山頂だ!(千葉県南房総市)
Excerpt: 千葉県の最高峰、愛宕山。標高408m。 47都道府県の中では、一番低い最高峰なのだそうです。 でも、その山頂には簡単に立つ事は出来ません。 なぜなら、、ソコは自衛隊の基地の中。 無断で立ち入れ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-04-11 05:53

西日本最高峰・石鎚山へ!、、、雨のクサリ場、さあどうする。。【令和元年GW・1】(愛媛県西条市)
Excerpt: 目が覚めると、、、令和でした。 場所は石鎚山温泉の駐車場、天気は雨。 石鎚山への登頂を目指してココに来た訳ですが、 雨の登頂は如何なものか。。。 天気予報では、翌々日が登山日和との事ですし。
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-05-22 05:59