お山は晴天! 富士登山【2】目指せ!3000m越え(静岡県小山町)

須走口5合目から、富士山登頂を目指す我が家。
山梨県内で降っていた雨も上がり、、、
と言うか、このあたりは降った形跡もありません。
山の天気は油断が出来ませんので、
晴れているうちに、どんどん登ってしまいましょう。
画像

古御岳神社(↑の写真)までは整備された階段が続き、、
そこを過ぎると、荒れた溶岩のゴツゴツ道となりました。
樹林帯の中を進むのは、須走口の特徴の一つです。(↓の写真)
5合目の標高が低いからなのでしょうね。
カンカン照りの時などは、助かりましょう。
画像

次第に木々の背も低くなり、、、
富士山が顔を出してくれるようになりました。(↓の写真)
山頂は雲の中ですが、なんだか励みになりますよ。
歩けど歩けど近づいて来ない山頂に、キモチが負けちゃう人も居るそうですが。。
画像

やがて、、、
山頂が、ほぼ丸見えになりました。(↓の写真)
これから向かう六合目、本六合目、七合目、本七合目、八合目、、、
それぞれの山小屋が確認できますね。
ああ。。
とっとと登って、早く山小屋でビールが飲みたいよお。。
画像

山中湖が見えてるぢゃないですか!(↓の写真)
クジラの形の山中湖。。
須走口に向かう途中、その界隈は雨でしたから、、
これは天気が回復してきたキザシ、、、そう信じましょうぞ。
富士山の局地予報は、相変わらず見るたびに変わってますが。。
画像

6合目に到着!(↓の写真)
「新6合目」とも言われまして、標高は2450m。
ココにある山小屋は長田山荘です。
5合目から6合目までは殆ど水平移動だけの吉田口と違い、、
コチラ須走口のソレは、けっこうシンドかったです。。
まあ、この日の登り始めですからね。。
【時刻は9:44。5合目より1:14】
画像

もうひと汗かいて、、本6合目に到着。(↓の写真)
「新」とか「本」とか忙しいですね。。
新と本の標高差は250m程、、5合目からは700m登りました。
コチラの山小屋は瀬戸館。
標高は2700mとの事なので、、、、
我が家の二人たちは、人生で最も標高の高い地点に立った事になります。
ちなみに、これまでの最高地点は金峰山の2599mでした。
【時刻は10:28。6合目から0:44】
画像

山中湖も、ずいぶん小さくなりました。(↓の写真)
ソレを見下ろすベンチには、、、なぜかアヒルが。。
キッチリと固定されています。
訳が判りませんが、瀬戸館のキャラクターなのでしょうか。
画像

須走口の下山路が見えました。(↓の写真)
この区間は7合目から5合目まで下る「砂走り」で、
火山灰の砂の上を走り降りる事が出来るんです。
カミさんが須走口を選んだ理由の一つがコレなんですよ。
御殿場口の大砂走りほど走りやすくないとの情報もありますが。
下る人々の姿を見ると、、、
遠すぎて、走ってるのか歩いているのか判りません。
その奥にいる四角い物体は、荷揚げ用のブルトーザーです。
画像

おっといけません。
雨が降ってきました。
ソッコーでカッパを着込む我が家。(↓の写真)
樹林帯を出ちゃってますから、雨を遮るものはありません。
画像

カッパを着ると雨が止む、、、、、
定説通りになりました。。。
キマグレな雨雲のシワザだったんでしょうかね。
再び山頂も顔を出しましたし。(↓の写真)
メゲずに進みましょうぞ。
7合目の山小屋が見えています。
画像

河口湖が姿を現しました。(↓の写真)
うの島も見えますね。
位置的に、残る3湖は頂上から、、
と言う事になりましょうか。
画像

7合目に到着!(↓の写真)
山小屋は太陽館。標高は3090mで、ついに3000mラインを越えました。
カミさんも、これまでの記録の立山(大汝山)3015mを越え、自己最高ポイントを更新です。
ワタクシの記録は吉田口の8合目ですので、3250m位でしょうか。
そこまで登ったのに山頂まで行かなかった理由ですか?
実はソレ、中学校の林間学校だったんです。
ダウンした生徒を5合目、6合目、7合目で順次リタイヤさせる仕組みでしたが、
時間の都合で、8合目が最終ゴールでした。
当時は吉田口の下りにも砂走りがありまして、
登りよりもソッチのほうが面白かったですよ。
後に崩落事故が発生し、今では使えないコースですが。
【時刻は11:41。本6合目より0:57】
画像

続く本7合目、8合目、本8合目の山小屋が点々と見えますね。(↓の写真)
本7号目の見晴館までは、公式な標準タイムで30分。
よぉし、ひと頑張り、、、と言いたい所ですが、、、
実は、我が家は今日はココまで。
太陽館泊まりなんです。
ずいぶんユッタリした計画だですって?
あまりにもイッキに高度を稼ぐと、高山病のリスクが高まりますもの。
ホントは、トォチャンがバテるのを想定してココを予約した?
シーッ! シーッ!!
画像

【我が家のコースタイム】
須走口5合目→(1:14)→6合目→(0:44)→本6合目→(0:57)→7合目

【その1】高度順応はドンブリ攻めに戻る
【その3】須走り口7合目・太陽館に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

お山は晴天(のち雷天)! 富士登山【3】須走り口7合目・太陽館(静岡県小山町)
Excerpt: 富士山頂を目指し、須走り口7合目まで登ってきた我が家。 この日はココにある山小屋、太陽館泊まりです。 かなり余裕がある、、ありすぎる行程ですが、、 高山病になって下山するよりはマシだと考えました..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-18 06:13

お山は曇天! 富士登山【1】高度順応はドンブリ攻め(静岡県小山町)
Excerpt: 満を持しての富士登山。 今年こそソレにチャレンジしたいと決意したカミさん。 4月の房州・御殿山を皮切りに、徐々に歩行距離を伸ばし、、、 石尾根から雲取山、大倉尾根から塔ノ岳と訓練を重ねた上で、 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-18 06:16