「お台場キャンピングカーフェア2018」に行ってきました(江東区青海)

昨年、栂池高原の駐車場で車中泊デビューして以来、
すっかりソレにハマってしまったカミさん。
幾度となく経験を重ねた結果、、、
遂には、キャンピングカーへの道を歩み始めるのでしょうか。
お台場で10/20~21に開催される「キャンピングカーフェア」に繰り出す事になりました。
ま、まさか商談しに行く所存ですか?
とりあえず目の保養に行くだけ? 
ホッ。。。
画像

場所は、お台場の青海第二臨時駐車場に設けられた特設会場。
キャンピングカーの実物がズラっと展示されています。(↓の写真)
トレーラー型、フルコン、バンコン、軽キャンパーなどなど。
お一人様800円もの入場料を払ってますので、
キッチリと見ようぢゃないですか。
画像

早速ですが、、、
これが、我が家が一番気に入ったヤツです。
やはり4人家族で寝ようとすると、ポップアップの屋根上テントは必須ですよね。
フツーのワンボックスに4人で寝る辛さは、痛いほど経験ましたもの。。
画像

これが、屋根上テントの中身です。(↓の写真)
ココに2名が寝る訳ですが、
富士山の山小屋ならば4人分に近い広さですよ。
下では宴会、もう寝たい人は上のベッドへ、、、
それが両立できるのもイイですよ。
画像

車内側の就寝定員は2名。
ソファーを倒せば、真っ平らなベッドになります。(↓の写真)
ベースはデリカですので、走破性もバッチリ。4駈も用意されています。
我が家の希望は、、、、
本格的なコテコテでゴージャスなキャンピングカーではなく、
普段はフツーのクルマとして使える事が重要なんです。
メシなんぞ、外で作って食べればイイ訳ですし、
キッチンやトイレなんぞは持て余すばかりですよ。
キャンプ専用車を別に持てる財力があれば、ハナシは別ですが。。
画像

屋根上テントは、意外な盲点がありまして、、、、、
上で寝ている人が夜中にトイレに行く場合、
ヘタすると他の全員が起こされちゃうんですよ。
下に降りる為には床の一部を外さねばならず、
上で寝ている相方は、叩き起こされるのが必須。
寝たままムリに床をハズせば、相方が落下するかもしれません。
また、下の二人は、そのまま寝ているとアタマを踏んづけられちゃう恐れも。
前出のデリカは、そのあたりも考慮されていまして、
車体に設けられた外階段からも昇り降り出来るんです。
他のクルマの例ですが、こんな感じですね。(↓の写真)
これならば、上の人も心置きなくビールが飲めましょう。
画像

それにしても、、、
想像以上に、良く出来たクルマだらけですって。
これは、いわゆるバンコンですが、、
見てください、この広さ!(↓の写真)
ギチギチならば8人は眠れましょう。
ベロベロに酔っぱらってからベッドをセッティングするのはシンドそうですね。
画像

フルコンやセミコンは、さすがの居住性です。
真夏に車中泊しようとしたら、この手のタイプぢゃなきゃムツカシいでしょうね。
別バッテリーを搭載してエアコン付きなんてアタリマエみたいです。
我が家の車中泊の場合、虫にヤラレるか蒸されるかの選択になりますもの。。
でも、、、
目の保養にしかなりません。。
画像 画像

画像画像

極め付けはコチラ。
寝室がせり出してきていますよ。(↓の写真)
まるでトレーラーハウスみたいですね。
もちろん、このままでは走行出来ません。
画像

中を覗くと、、、トイレだけでなくシャワーも付いてました。(↓の写真)
この水周り、八重山あたりの安宿よりもリッパかもしれません。
画像

豪華なソファーの先には、大型テレビつき。(↓の写真)
クドいですけれど、まさに目の保養です。
でも、このクルマをタダでくれると言われても辞退しますよ。
走る事が出来る道は制限されましょうし、
駐車場選びもタイヘンですって。
左ハンドルってのもナニです。
画像

富士宮焼きそばなどの屋台も出ていまして、
会場内でヒルメシを食べる事も可能でした。
さっそく、オヤツを買うマナムスメ。(↓の写真)
出店は、いずれも移動販売車でして、、、
なんだか、それらもキャンピングカーに同化しちゃってます。
画像

買ったのは、のびーるアイス400円。(↓の写真)
見学に付き合ってくれたゴホービです。
トォチャンとカァチャンは、まだまだ見るからね。
飽きた? 
食べた以上は許されません。
画像

4人でキャンプなら屋根上テントは必須と考えましたが、、、
でも、そのうちコドモ達は遊んでくれなくなりましょう。
将来、ジジババだけでのキャンプを想定した場合、
カミさんが気に入ったのがコチラ。
軽ワンボックスのキャンピングカーです。(↓の写真)
もう屋根上テントへの昇り降りはキツくなるでしょうから、
平らになった車内で寝るのが良いですよ。
2人ならコレで十分ですし、
居住性快適グッズも満載です。
画像

後部に引っ張り出せるテーブルが設けられていまして、(↓の写真)
フトンはそのままの状態で、メシが食えるのがイイですね。
ハッチバックがそのまま屋根になります。
画像

テーブルの上面を外すと、、、
何と言う事でしょう。ココにも収納スペースが。(↓の写真)
食器や調味料など、十分に仕舞えます。
バァさんや、コレで全国を周ろうかいのう。
画像

会場では、ヒーローによるショーも行われていました。(↓の写真)
「ミヤマ☆仮面」というキャラクターで、昆虫ヒーローなのだそうです。
イマイチ盛り上がりに欠けていた、その理由は、、、
会場内に、コドモが少ないからでしょう。
ワタクシは全く存じ上げなかったのですが、、、
キャンピングカー乗りの人々は、お犬様が大好きなのですね。
会場内の至る所に犬連れの皆様!
ニンゲンの子供なんぞ少数派で、ネコに至っては皆無ですよ。
とにかく犬だらけ。
主催者側も、ソレは毎度の事だと認識しているのでしょう。
犬用のグッズや食べ物の店もワンサカ出展していました。
お犬様用に牛、豚、マグロなど各種ジャーキーを取り揃え、
ソレの試食なんぞもやってる店もありましたし。
ベビーカのようなモノに乗せられて目を細めているお犬様も少なからずいまして、、、
なんだかメマイがしそうです。自分で歩きなさいよ。
なるほど。、
ペット連れだと旅館に泊まるのが困難なので、
それでキャンピングカーに走るのでしょうか。
そんな一面もあるのかもしれませんね。
ちなみに、、、、
お犬様も、会場に入るには入場料が必要です。
100円です。
画像

見学を終えて駐車場に戻ると、、、
ソコもキャンピングカーだらけ。(↓の写真)
まだ会場にいるのかと錯覚しそうです。
果たして、、、、
我が家がキャンピングカーデビューする日は来るのでしょうか。
お札でケツを拭く程のムダなカネモチになったら、
バスコンやフルコンを色違いで買いそろえちゃう。
もちろん運転手つき。
ソレが理想なんですけどね。。。
画像

お台場キャンピングカーフェア2018 公式サイト
https://jrva-event.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック