川場温泉センターいこいの湯、、、川場の冷えは川場で癒せ(群馬県川場村)

川場スキー場でオタノシミの後、、、
やはり、ひとっ風呂あびてカラダを解凍してから帰りたいものです。
ナビで近隣の立ち寄り温泉を探してみたところ、、
コチラ「川場温泉センターいこいの湯」がヒットしました。
殆ど通り道ですし、さっそく出向いてみると、、、
画像

ややコナレた、民家風の建物、、いい味出してますよ。(↑の写真)
大人430円ってのが凄いですね!
東京都の銭湯が460円ですので、それよりも安いとわ。。
スキー場からココまでの途中、別の立ち寄り温泉の前を通ったんです。
「ふじやまビレジ 桜川温泉せせらぎの湯」と言うのがソレですが、
ソチラの入浴料は1050円。。
半値以下ですね。
画像

通過した「せせらぎの湯」には渓流に面した露天風呂なんぞもある模様ですが、
コチラの湯船は、なかなかワビサビの世界です。(↑の写真)
キレイに維持されていて、コキタナくは無いですよ。
シャンプーやボディーソープ、、
そしてキチンと温度調節できるシャワーも完備です。
画像

源泉名は「川場温泉弘法の湯」。(↓の写真)
泉温は30.8℃とありますので、沸かしているのですね。
アルカリ性単純温泉ですので、カラダに優しいお湯だと言えましょう。
効能に「筋肉痛」「打身」「くじき」とありますので、
スノボの特訓の後には最適でしょう。(↓の写真)
マナムスメさん、だいぶコケましたもんね。
余計なお世話? さいですか。。
画像

おクツロギのスペースもありました。(↓の写真)
カラオケマシーンなんぞも装備され、そういう集いもやってそうですね。
この日は誰も利用していませんでしたが、
できれば、そういうのは貸し切りの時にお願いします。
中央にデーンと置かれたゴミ袋?
ココで着替えた、ワタクシのスキーウエアーです。
失礼しました。。
画像

ココでは食事も出来るのですね。
メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
カレーライス500円、ラーメン500円、チャーシューメンでも700円、、
なかなかリーズナブルですね。
スキー場のメシ屋の物価を見てきた後なだけに、いっそう割安感がありますよ。
画像

こんな感じで、味噌おでんも売ってました。(↓の写真)
3本で100円、、味噌ダレはホイールの下に用意され、セルフ式です。
素朴でイイですよね。
「せせらぎの湯」の「そば膳」「うどん膳」もウマそうではありますが、、
ソチラは4桁円でございますの。。
画像

湯上りのコーヒー牛乳を飲むマナムスメ。(↓の写真)
これは風物詩と言いますか、、オヤクソクと言いますか、
とにかく、定番ですよね。
もちろんワタクシもそうでした。
今では、黄金色で泡立った液体の方が確実に定番ですが。。
クルマですから、呑んじゃったら帰れなくなりますので、、、、
ジッとガマンのトォチャンなのでした。。
画像

川場スキー場でスノボ特訓【3】ゲレ食・ボスコのピザ編に戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック