おみやげ菓子、、どれがウマい?【4】(沼津・静岡・伊勢・八丈島・湯河原・フィリピン・韓国)

出張者が買ってくるオミヤゲ、、、
なんとも嬉しいオヤツですが、その第4弾です。
今回は、海外モノも加わりました。
まずは、いかにもご当地っぽいコチラ。
「漁師の味」という煎餅がありまして、
その中シリーズの中のひとつ、「いかの塩辛」です。(↓の写真)
他にも「うに」「小鯛」「えび」などがありました。
販売元は、わかふじ(沼津)です。
画像

引き続き静岡県。
静岡市・(株)ミホミの「こっこ」です。(↓の写真)
玉子ベースの無視ケーキで、キャッチフレーズは
「旅で出会った かわいい子」。
過ぎ去りし日のカミさんの事かしらん。。
どきどき。
画像

コチラは三重県の伊勢市。
播田屋(はりたや)の、絲印煎餅(いといんせんべい)です。(↓の写真)
左側がソレですね。
小さな煎餅、、直径4cmほどですが、
ソレが、紙包みの中に7枚ギッチリと詰まっています。
右の丸いヤツは、、、よく判りません。
やはり伊勢の、えびせんべいだと思われます。
確認する前に、食べてしまいました。。
画像

これは八丈島みやげ。
明日葉焼きまんじゅうです。(↓の写真)
いかにも伊豆諸島らしい土産物ですが、、、
実は、全く同じモノを大島、新島、式根島、神津島でも売ってます。
それぞれの島名のシールが張られ、自らの名産と謳ってますし。。
ホントの販売元は、八丈島の仲屋商店みたいですが、正解は判りません。。
出張先が八丈島だったので、ソコ土産であると信じましょう。
ちなみに、、、、
我が家は去年の11月、2日で2回も八丈島を訪問し、
2回とも上陸していません。
その異常行動のカラクリは、コチラをご覧くださいませ。
画像

これはご当地みやげっぽくないですが、
れっきとした湯河原名産。
ボンデリッシュ社のビーナスストーリーという菓子の詰め合わせで、
7種類21個入のパッケージになっているんです。
これは、その一員のミルクチョコフラワー。(↓の写真)
なんとなくゴージャス感がアリアリですね。
くどいですけれど、、、湯河原土産っぽくは無いですが。。
画像

ココから海外編。フィリピン土産です。
よく判りませんが、えびせんみたいなモノでした。
BP&B FOOD、、コレがメーカ名でしょうか。
口当たりは爽やかで、何気に和風です。
画像

続いて、コレもフィリピン。
MIGUELとありますが、ビールのサンミゲルを思い出しますね。(↓の写真)
でもソレとは無関係で、揚げ菓子です。
味わいは、やや柔らかいカリントウみたいです。
なかなかクセになりますよ。
フィリピンの菓子は、2年前に登場したDingDongが秀逸でしたが、
コレも、なかなかやりますね。
画像

最後は、韓国海苔。(↓の写真)
もうオナジミですよね、コレは。
本場の分だけ、いっそうウマいかもしれません。
これはオヤツとして食べずに、オウチに持ち帰りました。
画像

なぜなら、、、、
ノリチーにして、オツマミとして活躍してもらう事にしたんです。
我が家ではコレが定番。
スライスチーズを挟むだけ。(↓の写真)
簡単でしょ?
韓国海苔だけでなく、フツーの海苔でも楽しんでます。
画像

ただし、、、、
我が家の二人達、、、特にマナムスメがコレが大好きで、、、
気配を察知されると、ただちに食べつくされてしまうんです。
作れど作れど姿を消すアリサマで、、、、
手を伸ばすと、、、、ソコにはビニールの残骸があるばかり。
思わず、爪先を見つめるオトナたちでした。。。
画像

おみやげ菓子、、どれがウマい?【その3】に戻る
おみやげ菓子、、どれがウマい?【その5】に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

おみやげ菓子、、どれがウマい?【5】(銚子・沖縄・金沢・鳥取・神田・静岡・山形・佐世保・松山・高崎)
Excerpt: 出張者が買ってくるオミヤゲ、、その第5弾です。 みんな自費で買ってくる訳でして、、、、、 ある意味、ヨロシくない習慣なのかもしれません。 でも、シゴトの合間に食べるオヤツは嬉しいのも事実。。 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-25 07:12